Nintentic Galaxy

ポケモンなどのさまざまなゲームの最新情報や攻略法、日常的な日記を載せています。ポケモン以外にもマリオやスマブラやリヴリーなどの最新情報やプレイ日記も載せたりします。任天堂のゲームが中心です。

Minecraft MOD紹介「Botania」 マナ生成編

今回はBotaniaのマナを生成する花についてまとめました。チュートリアルはコチラ
一部の花には「Mana Powder」や「ルーン(Rune)」が必要になります。Mana Powderはマナがたまったマナプールに火薬や砂糖などを投げ込むことで作れるのでさほど苦労しないのですが、ルーンを作るには「魔法の祭壇(Runic Alter)」という装置が必要になる上に様々な素材が必要となるので少し大変です。
エルフの知識をLexica Botaniaに書き込むと新しく4種類の花が追加されます。追加される花はコストが高い分、性能もいいものばかりです。
デイブルーム(Daybloom)
Daybloom.png
日中かつ晴天の時のみマナを生成し、枯渇資源なしで使えるのが強み。その代わり時間毎の生成量は少なめ。
材料にMana Petalもルーンも要求しないので最初に作っておくべき花の1つ。
材料は黄色の花びら×2+空色の花びら×1+橙色の花びら×1+種。

ナイトシェイド(Nightshade)
NightShade.png
デイブルームの夜版で、夜中のみマナを生成します。案の定、時間毎の生成量は少ない。
こちらも材料が普通の花びらだけなので、簡単に作ることができます。
材料は黒色の花びら×2+灰色の花びら×1+紫色の花びら×1+種。

ハイドロエンゲス(Hydroangeas)
Hydroangeas.png
周囲の3×3の水源をマナに変換します。こちらも非枯渇資源を元にマナを作ることができますが生成量は少ない。雨の日は生成量が上がるという特徴も持っています。
注意点として、水源の位置はハイドロエンゲスと同じ高さにないとダメみたいです。
材料はMana Powder×1+水色の花びら×2+青色の花びら×2+種。

エンドフレイム(Endoflame)
Endoflame.png
石炭や木炭など、かまどでの燃料源となるアイテムを燃やしてマナを生成します。
燃焼に時間がかかるためマナの生成も時間がかかりますが、コスパ面で見ると結構便利。
材料はMana Powder×1+赤色の花びら×1+茶色の花びら×2+薄灰色の花びら×1+種。

ローザ・アルカナ(Rosa Arcana)
RosaArcana.png
プレイヤーの経験値を吸い取ってマナを生成する花です。16レベルでマナスチール1個分のマナができる。
トラップタワーでも作ってない限りは微妙。ルーンも必要なので無理して作らなくてもいいかも。
材料はLune of Mana×1(Manasteel Ingot×5+Mana ParlMana Parl×1)+桃色の花びら×2+紫色の花びら×2+黄緑色の花びら×1+種。

マンチデュー(Munchdew)
Munchdew.png
葉っぱブロックをマナに変換する花。木の下に植えるだけでもマナを生成できる。
ただし変換レートは低め。マナスチール1つを作るのに200個近くの葉っぱブロックを要求される。
材料はLune of Gulattony×1(Mana Diamond×2+Lune of Fire×1+Lune of Winter×1)+赤色の花びら×2+黄緑色の花びら×2+緑色の花びら×1+種。

エントロピニュム(Entropinnyumu)
Entropinnyumu.png
TNTの爆発をマナに変換する花。この花の近くで爆発させても地形は壊れませんが、マナの容量がいっぱいの時に爆発させてしまうと吹っ飛ぶので注意。
作成時のコストが高くTNTを作るコストはもかりますが、1回分の生成量も多いのでオススメ。
材料はLune of Fire×1(Manasteel Ingot×1+Mana Powder×1+ネザーウォート×1+火薬×1+ネザーレンガ×1)+Lune of Wrath×1(Mana Diamond×2+Rune of Winter×1+Rune of Earth×1)+赤色の花びら×2+白色の花びら×2+灰色の花びら×2

ガーマリリス(Gourmaryllis)
Gourmaryllis.png
パン、ステーキ、ジャガイモ、ニンジンなど食べられるアイテムをマナに変換する花。
プレイヤーが食べた時に満腹になりやすいものほど生成量が多いらしい。マナがいっぱいの状態でも与えてしまうと消費されてしまうので注意。
材料はLune of Fire×1(Manasteel Ingot×1+Mana Powder×1+ネザーウォート×1+火薬×1+ネザーレンガ×1)+Lune of Summer×1(砂ブロック×2+スイカ×1+スライムボール×1+Rune of Air×1+Rune of Earth×1)+赤色の花びら×1+黄色の花びら×2+灰色の花びら×2+種。

サーマリリー(Thermalily)
Thermalily.png
ハイドロエンゲスの溶岩版。枯渇資源を使う分、マナ生成量は多くなっています。
工業MODを入れていると溶岩の用途が多いのであまり出番がないが、そうでない場合は優先的に溶岩をこの花に使ってしまおう。
材料はLune of Fire×1(Manasteel Ingot×1+Mana Powder×1+ネザーウォート×1+火薬×1+ネザーレンガ×1)+Lune of Earth×1(Manasteel Ingot×1+Mana Powder×1+石ブロック×1+石炭ブロック×1+キノコ×1)+赤色の花びら×1+橙色の花びら×2+種。

ナーサリマス(Narslimmus)
Narslimmus.png
スライムをマナに変換する花。スライムチャンクの特定が大変ですが、湧き層を作れば活用できるかも。
大きいスライムほど多くのマナが生成されるようです。
材料はLune of Water×1(Manasteel Ingot×1+Mana Powder×1+釣竿×1+骨粉×1+サトウキビ×1)+Lune of Summer×1(砂ブロック×2+スイカ×1+スライムボール×1+Rune of Air×1+Rune of Earth×1)+黄緑色の花びら×2+緑色の花びら×2+黒色の花びら×1+種。
エルフの知識を書き込んだ後に作れるようになる花
ダンテライフェオン(Dandelifeon)
Dandelifeon.png
ライフゲームの結果によりマナを生成する花。細胞ブロックをダンテライフェオンの周囲25×25ブロックの範囲に同じ高さに配置し、レッドストーン信号を送ることでゲームが始まる。
ルールが複雑なので詳しいルールは非公式Wikiで確認してください。用意が面倒な分、マナ生成量は多い。
材料はLune of Fire×1+Lune of Earth×1×+Rune of Air×1+Rune of Water×1+Gaia Sprit×1+紫色の花びら×1+黄緑色の花びら×1+緑色の花びら×1+種。

ケキムラス(Kekimuras)
Kekimuras.png
周囲にケーキブロックを配置するとそれを消費してマナを生成する。
ガーマリリスのケーキ版といえる花。ケーキしか食べてくれない分、マナ生産量は多い。
材料はRune of Gulattony×1+Pixie Dust×1+白色の花びら×2+橙色の花びら×2+茶色の花びら×2+種。

ラフロージア(Rafflowsia)
Rafflowsia.png
周囲にマナを生成する花を配置するとそれを消費してマナを生成する。
同じ花ばかり与えていると生成量が落ちる。それさえ気を付ければ生産効率自体は良い。
材料はRune of Earth×1+Rune of Pride×1+Pixie Dust×1+紫色の花びら×2+緑色の花びら×2+黒色の花びら×1+種。

スペクトロラス(Spectrolus)
Spectrolus.png
染色された羊毛ブロックを決まった順番に投げ込むことでマナを生成する。順番を間違えるとその羊毛は消滅してしまうので注意。
順番は白色→橙色→赤紫色→空色→黄色→黄緑色→桃色→灰色→薄灰色→水色→紫色→青色→茶色→緑色→赤色→黒色→白色…で固定。
材料はRune of Air×1+Rune of Winter×1+Pixie Dust×1+赤色の花びら×2+緑色の花びら×2+青色の花びら×1+白色の花びら×2+種。

テーマ:minecraft - ジャンル:ゲーム

PCゲーム・スマホアプリ | コメント:0 | トラックバック:0 |

Minecraft MOD紹介「Botania」 チュートリアル編

最近、MinecraftのMOD探しにはまっています。今日は「Botania」というMODの紹介です。
結構有名な魔術MODですが、ThaumcraftやArsMagicaに比べるとマイナー?一応魔術MODに分類されることの多い本MODですが、作者曰く「工業MOD」でもあるみたいです。
自動化要素もあるので魔術メインでやりたくて工業は入れたくない、という方に重宝するかもしれません。

まずは「Lexica Botania」というアイテムを作ります。本MODにおけるThaumcraftのソーモノミコンに当たるアイテムです。
木の苗木(種類不問)と本をクラフトすることで作成できます(不定形レシピ)。
LexciaBotania1.png
本の内容はチュートリアルやアイテムの使い方など。一部のみ日本語化されていますが、未翻訳の部分の方が多いので辞書が必要になるかもしれません。
LexciaBotania2.png


Lexica Botania作成後は自然生成される「神秘の花(Mystical Flower)」集め。全16色あります。
botania_Mysticflower.png
種類が多くすぐにインベントリが埋まってしまうのが難点ですが、神秘の花専用のバックパック「Flower Pouch」があるので作っておくといいです。
Flowerpouch.png
神秘の花の単体クラフトで「Mystical Petal」(花びら?)になります。この花びらが結構重要なアイテムになってきますので、神秘の花はできるだけ多く集めていた方がいいです。
MysticalPetal.png
もし、神秘の花を探し回るのがめんどいなら、「Floral Fertilizer」というアイテムを使うことで草ブロックに咲かせることもできます。
木材ブロック+棒+ボウルで作れる「Pestle an Mortar」とMystical Petalをクラフトすることで「Floral Powder」ができ、さらにFloral Powder×4と骨粉をクラフトすることで作成可能です。
Moner.pngFloralpowder.png
FloralFartilizer.png


もう一つ重要なアイテムとして「花びらの調合所(Petal Apothecary)」があります。これに水を入れて花びらを投入することでアイテムが作成できます。
花の調合所2
花の調合所


次に「ピュアデイジー(Pure Daisy)」について。この花は花びらの調合所で作成でき、白い花びら×4+種で作ることができます。
ピュアデイジーの周囲に原木や石を配置すると、数分後に原木が「リビングウッド(Living Wood)」、石ブロックが「リビングロック(Living Rock)」に変化します。
Puredaisy.png
Puredaisy2.png

リビングウッドは「Wand of Forest」「マナ送信機(Mana Sprender)」、リビングロックは「マナプール(Mana Pool)」という重要アイテムを作るのに必要となる素材です。
Wand of Forestはマナ供給の接続先を設定するアイテムで、シフトを押しながら接続したいアイテム同士をクリックすることでつながります。また、Wand of Forestを持っているとマナの流れが可視化されます。
Wandofforest1.pngWandofforest2.png

マナ送信機は生成されたマナを集め、マナプールに送るための装置です。Wand of Forestによってマナ送信機とマナプールを接続する必要があります。
マナ送信機

マナプールはマナを貯めるバッテリーみたいなものです。ある程度マナがたまっているマナプールに水のようなものが溜まっていきますがそれが可視化されたマナです。
Manapool.png

マナは花びらの調合所で作成できる花から生成されます。花の種類によってマナの生成される条件が異なるので注意。
簡単に配置するとこんな感じ。花もマナ送信機に接続する必要があるので忘れずに。
Manaset.png
マナはルーンがクラフトができる装置「魔法の祭壇(Runic Alter)」とアイテムを相互変換させる装置「錬金術の触媒(Alchemy Catalyst)」に必要になる他、マナプールに特定のアイテムを投入することで変換できるアイテムもあります。
その他、マナを消費することで何らかの現象を起こす花というものもあり、その現象もこのMOD特有のものが多く、面白いものもたくさんあります。
マナを生成する花については別の記事にまとめておきます。

テーマ:minecraft - ジャンル:ゲーム

PCゲーム・スマホアプリ | コメント:0 | トラックバック:0 |

Minecraft MOD紹介「Applied Energistics2」「Extra Cells2」「Thaumic Energistics」

今回はMinecraftのMOD紹介です。
やり込んでいる人だと、入手したアイテムに対してチェストのキャパシティが足らず大量に置かなければならなくなったり、大容量チェストを追加するMODを入れてもどこに何を入れたか忘れて探し回らなければいけなくなった、という経験がある人がいると思います。
特に工業MODや魔術MODを入れるとバニラチェストのみだと物足りないし、追加される鉱石や素材も多く、さらにはアイテムの大量生産や完全自動化ができるので、管理が大変になりやすいです。
そこで今回紹介するのはApplied Energistics2(以下AE2)のアドオンであるExtra Cells2(以下EC2)、Thaumic Energistics(以下TE)というMODです。
Applied Energistics2
配布ページ⇒https://minecraft.curseforge.com/projects/applied-energistics-2
AE2は有名な工業系MODの一つでMinecraft Japan Wiki様のAE2解説ページがありますので、追加されるアイテムの細かい情報やチュートリアルについてはそちらを参照してもらえると嬉しいです。
簡単に説明すると、ネットワーク上でアイテムを管理できるようになるというMODです。データ化されたアイテムはMEストレージセル(ME Storage Cell)というアイテムの中にまとめて保存されており、一つの装置で膨大な量のアイテムを管理することが可能です。

ちょっとした解説と配置例。
AE2.png
下段の箱がはまっているようなデザインのブロックはMEストレージセルを入れることができる装置で、左側のMEチェスト(ME Chest)と右側のMEドライブ(ME Drive)の2種類があります。MEチェストは入れられるストレージセルの数が1つのみですがMEドライブは最大10個入れることができます。そのため、チェストの上位互換がドライブと思ってOK。
MEストレージセルにも容量によって種類があり、小さい順から1K、4K、16K、64Kがありますが、いずれも入れられるブロックの種類の数は63種類までなので注意。
真ん中の線が光っているブロックはMEコントローラ(ME Controller)というネットワークのコアになるブロックです。これがないとネットワークは稼働しないので必須となるブロックになります。
バニラチェストのような内部インベントリを持つブロックもネットワークに組み込むことができ、その場合はMEストレージバス(ME Storage Bus)とケーブル(MEガラスケーブルなど)を使って装置に接続することで組み込めます。
BuildCraftのパイプなど他の輸送系MODによる自動搬入も可能で、その場合はMEインターフェース(ME Interface)というブロックとパイプなどを接続して使います。
ネットワークから他の内部インベントリを持つブロックにアイテムを輸送したい時はケーブルとME出力バス(ME Export Bus)で繋ぎ、出力バスに輸送したいブロックを登録することで自動で搬出してくれます(画像ではMEインターフェースにつないでいますがなくても問題なく輸送できました。)
MEコントローラの上にあるパネルはMEターミナル(ME Terminal)というブロックで、ネットワーク内にあるアイテムを目視で確認できる他直接引き出すこともできます。
パネルには他にもMEクラフトターミナル(ME Craft Terminal、ネットワーク内にあるアイテムでクラフトができる)やMEストレージモニター(ME Storage Moniter、1種類のアイテムを登録できネットワーク内にあるそのアイテムの数を表示する)、MEパターンターミナル(ME Patarn Terminal、自動クラフトに必要なパターンを書き込む装置)、装飾用のモニターなど数多くの種類があります。
基本的にMEコントローラに隣接したブロックには自動的にAEが供給されますが、配置によってはケーブルでつなぐ必要があります。この例ではモニターは裏にケーブルを配置しています。

自動クラフトについても少しだけ。さっきの装置の裏に自動クラフト装置を置いてみました。
AE2_Autocraft.png
中空のブロックが分子組立機(Molecular Assembler)というブロックで、これにエンコード済みパターンを入れ配管することで自動クラフトが可能になります。搬入は出力バス、搬出は入力バスにそれぞれ素材とクラフト後のアイテムを登録することで可能になります。
エンコード済みパターンはMEパターンターミナルでブランクパターンにレシピを登録することで作成できます。分子組立機一つにつき1種類のみレシピの登録が可能です。

AE2の装置のほとんどがAEというエネルギーを必要としており、この発電装置も必要になります。2からこのMOD単体でも振動チャンバー(Vibration Chamber)によるエネルギー生成が可能になりましたが、MEコントローラやエネルギーアクセプタ(Energy Acceptor)と互換性のある他MODの発電機を接続することで他のエネルギーをAEに変換して使用することもできます。
(BuildCraft・industrialCraft・ThermalExpansion・Mechanism・RotaryCraftのエネルギーと互換性アリ)
他にも無線からネットワークにアクセスしてアイテムを管理したり、空間そのものを保存したりもできます。
大きな利点としては動作が軽くなるという点です。他の輸送系MODだとアイテムの移動やらチェストの大量設置などでかなり重くなるのですが、このMODだと移動が目に見えない分軽くなっていると思われます。
難点はMEストレージセルという一つのアイテムにデータを保存するため、これをロストすると多くのアイテムが無に帰してしまう点。ストレージセルを移動させる際は死んでロストしたり放り投げてどっかいったりしないように気を付けましょう。
Extra Cells2
配布ページ⇒https://minecraft.curseforge.com/projects/extracells2
このアドオンはAEネットワークで液体を管理できるようにしたり、より大容量のストレージセルを追加するものです。
このアドオンで管理できるようになる液体は「バケツに入れることができる」もしくは「ポンプで吸い上げることができる」もの全てが対象です。水や溶岩はもちろん、牛乳や他MODで追加されるような液体も自動で対応してくれます。

EC2.png
液体の管理に使用する装置も専用のものが追加されています。MEコントローラやMEドライブまたはMEチェストはAE2のものと同じものを使いますが、液体の管理をするときはドライブかチェストにME液体ストレージセル(ME Luqid Strage Cell)を入れて使用します。液体ストレージセルは1つで5種類の液体を同時に管理することができます。
液体をネットワークに搬入するにはタンクに液体を入れME液体搬入バス(ME Luqid Inport Bus)とME液体インターフェース(ME Luqid Interface)を繋ぐか、他MODのパイプを使用して液体インターフェースから搬入するか、ME液体ターミナル(ME Luqid Terminal)からバケツを使って直接搬入する方法があります。
搬出時はME液体出力バス(ME Luqid Export Bus)とタンクを繋ぎ、出力バスに輸送したい液体を登録することで自動で搬出してくれる他、ターミナルから液体入りバケツとして取り出すこともできます。
液体管理要素の他にはより大きなストレージセル(256K、1024K、4096K、液体バージョンもあり)を追加します。ただし同時に入れられるアイテムの種類の数は変わらず63種類(液体セルなら5種類)までなので注意。
Thaumic Energistics
配布ページ⇒https://minecraft.curseforge.com/projects/thaumic-energistics
こちらのアドオンはThaumcraft4のエッセンシアをAEネットワークで管理できるようにするというものです。
Thaumcraft自身にもエッセンシア管による配管や保存するための保護瓶などがありますが、大規模な抽出装置を作成すると動作が重くなりがちです。そこでこのアドオンが役立ちます。

TE2.png
EC2同様、MEコントローラとMEチェストorMEドライブは共通のものを使用しますが、エッセンシアの管理にはチェストやドライブにEssentia Storage Cellを入れる必要があります。
エッセンシアの搬入には神秘の蘭引またはエッセンシア入り保護瓶とエッセンシア管、Essentia Providerを接続するか、Essentia Terminalにエッセンシア瓶や保護瓶を入れることでも可能です。管理されているエッセンシアはEssentia Terminalで確認できます。
搬出時はEssentia Tarminalに薬瓶や保護瓶を入れて取り出すか、Essentia Providerにエッセンシア管、Essentia Import Busと保護瓶を接続し、Essentia Import Busに搬出したいエッセンシアを登録することで可能です。
この他にも、エッセンシアやVisが必要なクラフトも自動化することが可能です。ただしAE2の分子組立機やブランクパターンとは別のArcane Assembler(分子組立機のTE版)やKnowledge Inscription(パターンターミナルのTE版)、Knowledge Core(ブランクパターンのTE版)が必要になります。
Thaumcraft4のアドオンでもあるため、これらのアイテムはThaumcraftの研究を進めていかないと解禁できません。

テーマ:minecraft - ジャンル:ゲーム

PCゲーム・スマホアプリ | コメント:0 | トラックバック:0 |

PC版Minecraft 1.12.0アップデート内容

PC版Minecraftが1.12.0にアップデート!!
1.9~1.11の間はMODを主に触っていたので、あまり新要素について触れていませんでした。
1.12.0は!ドット絵や建設がはかどる要素が追加されました。
ただ、今回のアップデートはそこまで大きいものではなく、バイオームやゲームモードの追加といった要素はありません。

新Mobの追加
オウム(Parrot)
MC1_12 up1
小型の友好Mobでジャングルバイオームにのみ出現します。
水色黄緑の5種類。種で飼いならすことができる他、クッキーをあげると死にます
ジュークボックスで音楽を鳴らすと踊り、飼いならしたオウムに右クリックを押し続けると肩に乗せることができます。
MC1_12 up2

イリュージョナー(Illusioner)
MC1_12 up7
敵対Mob。非常に厄介な敵で、盲目を20秒間付与した後に弓で撃ってくる他、 自身の分身を召喚するだけでなく本体は不可視化するため倒すのが面倒。
クリエイティブではスポーンエッグが存在しないため、コマンドで/summon illusion_illagerと入力しないと出てこない。
新ブロック

コンクリートパウダー(Concrete Powder)&コンクリートブロック(Concrete block)
MC1_12 up3
コンクリートパウダー(上段)は砂利×4と砂×4と染料×1をクラフトすることで作れます(不定形レシピ)。
パウダーというだけあって、砂や砂利のように自然落下するブロックです。
このブロックが水源や水流に触れるとコンクリートブロック(下段)に変化して自由落下しなくなります。

・彩釉テラコッタ(Glazed terracotta)
MC1_12 up4
色付き粘土(現:テラコッタ)をかまどで精錬することで入手できる奇麗なブロック。
色ごとに模様が異なるほか、置く方向によって向きが変わります。

・色付きベッド
MC1_12 up5
ベットのクラフト時に色付き羊毛を使うことで色が反映されるようになりました。
また、今回のアプデで落下ダメージを軽減できるようになりました。
新しい要素

・レシピの追加
MC1_12 up8
作業台のUIに本のマークが追加され、そこから解禁されたレシピをいつでも見れるようになりました。
レシピはアイテムの入手などで順次解禁されていく仕様(原木→木材のクラフトで木の棒やドアなど)。

・進歩(Adbancement)の追加
MC1_12 up9
今までの実績に置き換わる形で追加されました。Lでいつでも開くことができます。
条件をクリアしていくことで解禁し、レシピや経験値を得ることができるようになりました。

・ツールバー保存機能の追加
MC1_12 up6
クリエイティブモードでC+1~9を押すことで、現在のツールバーを保存できるようになりました。
呼び出すときはX+1~9、最大9種類まで保存可能。
コマンドの追加や仕様変更

・指定したプレイヤーの進歩を解禁済または未解禁状態にする「/advancement」の追加
使用例:/advancement <プレイヤー名> <進捗> [条件]
修飾子: 「everything」(すべての進歩を選択)、「from」(次の進歩を選択)、「until」(前の進歩を選択)、「through」(fromとuntilの両方を選択)、「only」(指定した進歩のみを選択)

・指定したプレイヤーのレシピを解禁済または未解禁状態にする「/recipe」の追加
使用例:/recipe [プレイヤー名] <名前|*(すべてのレシピを選択する)>

・実行されたエンティティを対象とする「@s」の追加

・ディスクから進捗とドロップ表を再読み込みする「/reload」の追加

・/functionに引数が追加
・if <対象>:指定された対象が見つかった時に機能を実行する
・unless <対象>:指定された対象が見つからなかった時に機能を実行する
その他の細かい変更点
ブロック関連

・羊毛の色とテクスチャが変更され、より鮮やかな印象になった。

・旗やシェルカーボックス(紫色以外)の色が変更された。

・マグマブロックがネザーラックと同じように半永久的に燃え続けるようになった。

・音符ブロックに新しい音色が追加された。
(骨ブロック:シロフォン、金ブロック:ベル、粘土:フルート、氷塊:チャイム、羊毛:ギター)

・絵画は壁に合わせたサイズのみが張られるようになった。
(例:1×1の壁であれば、1×1の絵画のみが張られるようになった)

・ジャック・オ・ランタンの側面に松明・レッドストーントーチ・ボタン・レバー・トリックワイヤーフックが設置できるようになった。

・固焼き粘土や旗などの色などが地図上でも反映されるようになった。

・フェンス、丸石の壁、鉄格子、板ガラスが階段の側面と裏面に接続できるようになった。

・敵対していないゾンビピッグマンの近くでも眠ることができるようになった。

・固焼き粘土の日本語名がテラコッタに変更された。

・ビーコンに名前を付けると、カーソルを合わせたときに名前が表示されるようになった。


Mob関連
・羊の色とテクスチャが変更され、より鮮やかな印象になった。

・シュルカーの色(紫色以外)が変更された。


システム関連
・Snapshotで要求されるjavaのバージョンが8になった

・タイトルのフレーバーテキストが追加された

・後方へ移動する時に、プレイヤーの体が完全に正面に向くようになった

・作業台などを使用した後、UIにアイテムが残っていてもばらまかずにインベントリに移動するようになった

・実績が削除された

・クリエイティブインベントリの検索機能やチャンクの読み込みが最適化された

・サウンドが追加された

テーマ:minecraft - ジャンル:ゲーム

PCゲーム・スマホアプリ | コメント:0 | トラックバック:0 |

Minecraft 各エディションの特徴まとめ

今回はMinecraftのエディションによる違いをまとめてみました。
内容についてはパソコン版、スマートフォン版(Poket Edition、Windows 10 Edition)、コンソール版(Xbox 360 Edition、Xbox One Edition、PlayStation3 Edition、PlayStation Vita Edition、PlayStation4 Edition、Wii U Edition)の3種類に大まかに分けられますが、機種によって様々な特徴があります。
どれを買おうか悩んでいる方の役に立てれば幸いです。一部の機種は持っておらずネット上の情報からまとめていますので、間違いがあれば指摘してもらえると嬉しいです。
Minecraft JE Edition
minecraft main
公式:https://minecraft.net/ja/?ref=m
・発売日:‎2009年5月17日(クラシック版)、2011年11月18日(正式版)
・値段:3000円
・使用可能なコントローラ:キーボードなど
・マルチ可能な最大人数:最大128人?
・ワールド保存可能数:PCの空き容量次第
・ワールドの大きさ:30000000×30000000×256
・MODの導入:
・コマンドブロックの使用:
・スキン変更:
・テクスチャ変更:
メインと言えるパソコン専用エディション。いつの間にかに無印をPE版に取られていた。
コマンドブロックが使用できるほかMODの導入も可能であるため遊び方の幅は非常に広く、配布ワールドで遊んだり、MODで追加要素を数多く導入することもできる。
とりあえずプレイするならこれが一番ベスト。バニラでもある程度パソコンのスペックが必要になるので、体験版で動作確認してから購入すること。
問題点はクレジットカードを使えない場合の購入方法がやや複雑であること。基本的にクレジットカードのみの決済となってはいるが、クレカをもっていない人でもVプリカを使用するなど抜け道はあるため、よく調べる必要がある。
Minecraft
screen520x924.jpg
公式(iOS):https://itunes.apple.com/jp/app/minecraft-pocket-edition/id479516143?mt=8
公式(Android):https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mojang.minecraftpe&hl=j
公式(Kindle Fire):https://www.amazon.co.jp/Mojang-Minecraft-–-Pocket-Edition/dp/B00992CF6W/
公式(Windws Phone):https://www.microsoft.com/ja-jp/store/p/minecraft-pocket-edition/9wzdncrdzsbb
・値段:840円(iOS版・Kindle Fire版)、700円(Android版・Windows Phone版)
・必要データ容量:157MB(iOS版)、105MB(Android版)、‎71MB(Kindle Fire版)、62.92 MB(Windows Phone版)
・使用可能なコントローラ:タッチ操作など
・マルチ可能な最大人数:ローカル8人、オンラインは無限?
・ワールド保存可能数:端末の空き容量による
・ワールドの大きさ:30000000×30000000×128
・MODの導入:△(iOSでは脱獄必須、別のアプリが必要になる)
・コマンドブロックの使用:×(コマンド自体は0.16.0で追加予定)
・スキン変更:
・テクスチャ変更:△(公式が販売しているもの以外は導入が複雑)
スマートフォン専用のエディション。いつの間にかにこっちが無印になっていた。
タッチ操作でプレイできるほか、一部の要素はPC版にないものがあり、PEの要素がPCに逆輸入されることがしばしばある。
スキンも自由に変えられるほか、ワールドサイズもPC版と同様にほぼ無限。ただし、村人との取引やジ・エンド関連の要素は未実装。海底神殿やウィザーは0.16.0で追加予定。
近くのプレイヤー同士でのマルチプレイは同じWi-Fiに接続している状態であれば端末の種類は関係なく可能。遠く離れたプレイヤー同士でのマルチプレイには他の補助アプリもしくはMicrosoftアカウントが必要になる。
Poket Edition内の要素やMODの導入などの詳しい情報はMinecraft PE Wikiで。
Minecraft:Windows10 Edition
minecraft-windows-10-edition-plus-rcm992x557.png
公式:http://www.xbox.com/ja-JP/games/minecraft-xbox-one-edition
・発売日:‎2015年‎7‎月‎29‎日‎
・値段:1000円(税込、PC版Minecraft購入者は無料でDLできるコードが入手可能)
・必要データ容量:
‎128.1MB
・使用可能なコントローラ:キーボードなど
・マルチ可能な最大人数:5人
・ワールド保存可能数:無限?
・ワールドの大きさ:30000000×30000000×128
・MODの導入:×
・コマンドブロックの使用:×
・スキン変更:
・テクスチャ変更△(DLCにて無料もしくは有料でDLできるもののみ)
Windows StoreからDLできるWindows10専用エディション。通常のMinecraftとは異なりスマホ版のPoket Editonが元になっているが、一部独自のUIを持っている。
マルチプレイは同じWi-Fiに接続しているパソコンのWindows 10 EditionとスマホのPoket Edition同士で可能であるが、遠く離れたプレイヤー同士ではWindows 10 Edition同士でしか通信できない。
PC版Minecraftを購入済みである場合、https://account.mojang.com/loginからMojang Accountにログインし、マイページからシリアルコードを無料で入手できる。
Minecraft:Minecraft Xbox 360 Edition
MinecraftXbox360.png
公式:http://marketplace.xbox.com/ja-JP/Product/Minecraft-Xbox-360-Edition/66acd000-77fe-1000-9115-d802584111f7?nosplash=1
・発売日:‎2012年‎5月‎9‎日‎、2013年6月6日(パッケージ版)
・値段:2592円(税込、DL版)、2138円(税込、パッケージ版)
・必要データ容量:‎113.12MB
・使用可能なコントローラ:Xbox 360コントローラー
・マルチ可能な最大人数:オフライン4人、オンライン8人
・ワールド保存可能数:無限?
・ワールドの大きさ:オーバーワールドは864×864×256、ネザーは288×288
・MODの導入:×
・コマンドブロックの使用:×
・スキン変更:△(DLCにて無料もしくは有料でDLできるもののみ)
・テクスチャ変更:△(DLCにて無料もしくは有料でDLできるもののみ)
Console Editionで最も早く発売されたエディションであるが、現在もなお更新が続いているため他のConsole Editionとほとんど変わらない仕様でプレイできる。
Xbox 360 Editionのワールドや購入したDLCはXbox One Editionに引き継ぐことができる。ただし、Xbox One Editionとのマルチプレイは不可。
2016年9月17日現在、実装されている要素はPC版の1.8とほぼ同様。ただし、ハードコアモードとスペクテクターモード、アンプリファイド、難易度固定機能は未実装。
オンラインでのマルチプレイを遊ぶ場合はXbox Live ゴールドメンバーシップ(月819円)に登録する必要がある。
Minecraft:Xbox One Edition
minecraft xbox
公式:http://www.xbox.com/ja-JP/games/minecraft-xbox-one-edition
・発売日:‎2014‎年‎9‎月‎5‎日‎
・値段:2592円(税込、Xbox 360 Editonを購入しているアカウントは540円)、2160円(パッケージ版)
・必要データ容量:‎842.86MB
・使用可能なコントローラ:Xbox Oneコントローラー
・マルチ可能な最大人数:オフライン4人、オンライン8人
・ワールド保存可能数:無限?
・ワールドの大きさ:オーバーワールドは5184×5184×256、ネザーは1728×1728
・MODの導入:×
・コマンドブロックの使用:×
・スキン変更:△(DLCにて無料もしくは有料でDLできるもののみ)
・テクスチャ変更:△(DLCにて無料もしくは有料でDLできるもののみ)
基本的な要素はほとんどXbox 360 Editionと同様だが、生成可能なワールドの最大サイズが大きくなり、描写距離も長くなっている。
Xbox 360 Editionのデータがある場合はワールドや購入したDLCを引き継ぐことができる。ただし、Xbox 360 Editionとのマルチプレイは不可。
2016年9月17日現在、実装されている要素はPC版の1.8とほぼ同様。ただし、ハードコアモードとスペクテクターモード、アンプリファイド、難易度固定機能は未実装。
オンラインでのマルチプレイを遊ぶ場合はXbox Live ゴールドメンバーシップ(月819円)に登録する必要がある。。
Minecraft:PlayStation 3 Edition
minecraftps3.png
公式:http://www.jp.playstation.com/software/minecraft/
・発売日:‎2014‎年‎6月‎24‎日‎
・値段:2592円(PS Vita Editionを購入済みの場合はクロスバイ機能で無料)
・必要データ容量:‎698MB以上
・使用可能なコントローラ:PS3コントローラー、PS4コントローラー
・マルチ可能な最大人数:オフライン4人、オンライン8人
・ワールド保存可能数:無限?
・ワールドの大きさ:オーバーワールドは864×864×256、ネザーは288×288
・MODの導入:×
・コマンドブロックの使用:×
・スキン変更:△(DLCにて無料もしくは有料でDLできるもののみ)
・テクスチャ変更:△(DLCにて無料もしくは有料でDLできるもののみ)
PS版のMinecraft。PS3・PS Vita・PS4 Editionにはチュートリアルワールドというワールドがある他、Xbox 360・Xbox One・Wii U Editionとの日本語訳に違いがある。
特徴としてPS Vita Editionとのクロスセーブ・クロスグッズ機能があり、購入したDLCを共有できるほか、ワールドデータも共有することができる。ただし、PS3とPS Vita間でのマルチプレイは不可。
また、Console Editionでは珍しくUSBメモリを使用することで配布ワールドを入れることができる。詳しくはコチラのサイト様でチェック。
2016年9月17日現在、実装されている要素はPC版の1.8とほぼ同様。ただし、ハードコアモードとスペクテクターモード、アンプリファイド、難易度固定機能は未実装。
オンラインでのマルチプレイを遊ぶ場合はお互いにフレンド認証する必要がある(無料)。
Minecraft:PlayStation Vita Edition
minecraft vita
公式:http://www.jp.playstation.com/software/minecraft/
・発売日:2014年10月29日(DL版)、2015年3月19日(パッケージ版)
・値段:2592円(税込、PS3 Editionを購入済みの場合はクロスバイ機能で無料)
・必要データ容量:‎762MB以上
・マルチ可能な最大人数:アドホック4人、オンライン8人
・ワールド保存可能数:無限?
・ワールドの大きさ:オーバーワールドは864×864×256、ネザーは288×288
・MODの導入:×
・コマンドブロックの使用:×
・スキン変更:△(DLCにて無料もしくは有料でDLできるもののみ)
・テクスチャ変更:△(DLCにて無料もしくは有料でDLできるもののみ)
唯一携帯機でのMinecraft。基本的にはPS3 Editionと変わらない仕様であるが、携帯機ということでボタン操作以外にタッチ操作もでき、いつでもどこでも遊べるという利点がある。
特徴としてPS3 Editionとのクロスセーブ・クロスグッズ機能があり、購入したDLCを共有できるほか、ワールドデータも共有することができる。ただし、PS3とPS Vita間でのマルチプレイは不可。
2016年9月17日現在、実装されている要素はPC版の1.8とほぼ同様。ただし、ハードコアモードとスペクテクターモード、アンプリファイド、難易度固定機能は未実装。
オンラインでのマルチプレイを遊ぶ場合はお互いにフレンド認証する必要がある。PS Vitaを複数台持ち寄れば、4人までアドホックによるマルチプレイも可能(無料)。
Minecraft:PlayStation 4 Edition
minecraftps4.jpg
公式:http://www.jp.playstation.com/software/minecraft/
・発売日:2015年12月3日(DL版)、2015年12月25日(パッケージ版)
・値段:2592円(税込)、3888円(ファンフェイバリットパック、DL専用)
・必要データ容量:897MB以上
・使用可能なコントローラ:PS3コントローラー、PS4コントローラー
・マルチ・マルチ可能な最大人数:オフライン4人、オンライン8人
・ワールド保存可能数:無限?
・ワールドの大きさ:オーバーワールドは5184×5184、ネザーは1728×1728
・MODの導入:×
・コマンドブロックの使用:×
・スキン変更:△(DLCにて無料もしくは有料でDLできるもののみ)
・テクスチャ変更:△(DLCにて無料もしくは有料でDLできるもののみ)
基本的な要素はほとんどPS3 Editionと同様だが、生成可能なワールドの最大サイズが大きくなり、描写距離も長くなっている。
PS3 Editionのデータがある場合はワールドや購入したDLCを引き継ぐことができる。ワールドを引き継ぐことによってPS3 Editionの配布ワールドをPS4 Editionでも遊ぶことができる。ただしPS3 EditionおよびPS Vita Editionとのマルチプレイは不可。
2016年9月17日現在、実装されている要素はPC版の1.8とほぼ同様。ただし、ハードコアモードとスペクテクターモード、アンプリファイド、難易度固定機能は未実装。
オンラインでのマルチプレイを遊ぶ場合はPlayStation Plus(月514円)に登録する必要がある。
Minecraft:Wii U Edition
90a6dfda8011da8276a7de7e4a06247a82a8487b34f3befedf4d1f11690ef556.jpg
公式:https://www.nintendo.co.jp/titles/20010000020451
・発売日:2015年12月17日(DL版)、2016年6月23日(パッケージ版)
・値段:2000円(税込、DL版)、2079円(税込、パッケージ版)
・必要容量:1093.9MB(DL版)、512MB(パッケージ版)
・使用可能なコントローラ:WiiU GamePad、WiiU PROコントローラー、クラシックコントローラ(PRO)
・使用可能な周辺機器:USBキーボード、ヘッドセット
・マルチ可能な最大人数:オフラインで4人、オンラインで8人
・ワールド保存可能数:20
・ワールドの大きさ:オーバーワールドは864×864×256、ネザーは288×288
・MODの導入:×
・コマンドブロックの使用:×
・スキン変更:△(DLCにて無料もしくは有料でDLできるもののみ)
・テクスチャ変更:△(DLCにて無料もしくは有料でDLできるもののみ)
ゲーム画面をGamePadに出力することができ、GamePadによるタッチ操作にも対応しているため、据え置き器でありながらも携帯機に近い感覚での操作が可能。
2016年9月17日現在、実装されている要素はPC版の1.8とほぼ同様。ただし、ハードコアモードとスペクテクターモード、アンプリファイド、難易度固定機能は未実装。
オンラインでのマルチプレイを遊ぶ場合はお互いにフレンド認証する必要がある(無料)。

テーマ:minecraft - ジャンル:ゲーム

PCゲーム・スマホアプリ | コメント:0 | トラックバック:0 |

Minecraft mod紹介「Pixelmon」

今回はMinecraftのMOD「Pixelmon」を紹介します。
20160812224003e24.png
このMODを入れるとなんとMinecraftの世界でポケモントレーナーになれます。ポケモンはマインクラフト風の四角い姿ではなく、原作とほぼ同じ姿で登場します。
現在、最新版の1.10.2版まで出ていますので、マイクラの新要素に触りながらのプレイも可能です。一部未翻訳の要素もありますが、ある程度は日本語訳されているので遊びやすいです。
導入方法は、Minecraft Forgeの1.10.2版を導入し(Forgeの導入方法はコチラから)、作者様のサイトからPixelmonをダウンロードし、他のMODと同様に.minecraftファイル内のmodsファイルに入れるだけ。
追加されるアイテムが多いので、できることなら同時にクラフトガイドMODも導入することをお勧めします。
このMODを導入するとスポーンブロックによるスポーン以外ではポケモン以外のmobが沸かなくなってしまいます。mobの追加がある他のMODを同時に導入する際は注意。
Pixelmonを導入したあと、ワールドに初めて入る時に最初のポケモンを選ぶことになります。最初のポケモンは第一世代~第五世代の御三家の中から自由に選べます。
pixelmon1.png
今回は私お気に入りのポッチャマを選んで遊んでみることにします。

地形が生成されると、そこには野生のポケモンの姿があちらこちらに確認できます。スポーンするポケモンはバイオームや時間帯に合わせて変化するようです。
20160812223957c24.png

2016081222395897c.png

20160812223959493.png
実装されているポケモンの一覧はPixelmon Wikiから確認できます。↓
http://pixelmonmod.com/wiki/index.php?title=Pixelmon
カントーとジョウトのポケモンは全種そろっていますが、それ以降の世代のポケモンは未実装のポケモンが多数います。アップデートで順次追加されていくらしいので楽しみ

最初はポケモンを捕まえるためのモンスターボールをクラフトする必要があります。各種モンスターボールはぼんぐり(Apricorn)から作成でき、ぼんぐりの色の組み合わせによって作れるボールも変わります。
ぼんぐりの木は自然に生成されるので、まずはぼんぐりの木を探し、ぼんぐりを手に入れます。
20160812224001fb2.png
ぼんぐりにはの6種類あり、かまどで焼くことで焼きぼんぐり(Cooked Apricorn)になり、焼きぼんぐりを3つ組み合わせてモンスターボールのディスク(Ball Disk)を作ります。
pixelmon2.png
pixelmon3_20160812163921c81.pngpixelmon3b.pngpixelmon3c.png
これだけではボールの上半分しかないので、鉄インゴットもしくはこのMODで追加されるアルミニウムインゴット(Aluminum Ingot)3つをクラフトして鉄のディスク(Iron Disk)もしくはアルミニウムのディスク(Aluminum Disk)を作ります。
pixelmon3a.png
次の作業は専用の金床(Anvil)とハンマー(Hummar)が必要になりますのでそれをクラフトします。
pixelmon4.pngpixelmon5.png
金床を設置し、ディスクを持った状態でクリックするとディスクを金床に置けるので、それをハンマーを持った状態で照準を合わせて長押しでガンガン叩くと、ボールのふた(Ball Lid)・鉄のベース(Iron Base)・アルミニウムのベース(Aluminum Base)が手に入ります。
また、アルミニウムインゴットを金床に置き、ハンマーでガンガンするとアルミニウムプレート(Aluminum Plate)に加工できます。
pixelmon6.png
最後にボールのふたとボタンとベースをクラフトすることで、ようやくボールの完成です。
pixelmon7a.pngpixelmon7b.pngpixelmon7c.png
かなり手順が多く面倒ですが、自分でクラフトする他にも導入で追加される通貨を使ってフレンドリーショップで購入することもできます。一部のボールは自分でクラフトすることでしか手に入らないものもあります。
また、金床での加工を燃料を消費して自動で行ってくれる自動金床(Mechanical Anvil)もあるので、ぼんぐり集め以外は他MODの要素と組み合わせることで自動化できなくもないかも。
ボールの種類は非常に多く、原作で存在するボールはほぼ実装されています。
pixelmon8.png
中にはクラフトでは作ることができず、拾うことでしか入手できないレアものもあります。
pixelmon9.png

手持ちのポケモンはRで出し入れできます。野生のポケモンの近くに手持ちのポケモンを出すとバトルになる他、近くに好戦的な野生のポケモンがいると自動的にバトルになります。
2016081223012494b.png
バトルの方法は原作と同じターン制で、たたかう・バッグ・ポケモン・にげるから選び、ポケモンを捕まえる方法も相手の体力を減らしてボールを投げることで捕まえられます。
欲しいポケモンがいる場合はWiki等で出現するバイオームと時間帯を調べておくことをお勧めします。同じバイオームでも時間帯によって出てくるポケモンが全然違います。
ゲットしたポケモンは手持ち(6枠)が空いているときは手持ちにそのまま入り、手持ちが一杯の時はパソコンに送られます。パソコンに送られたポケモンを引き出すにはパソコン(PC)をクラフトする必要があります。
20160812230907ffc.png
2016081223085181e.png
パソコンはポケモンを預けることができる道具で、最大480匹まで預けることができます。
ちなみに、野生のポケモン以外にもmobとしてのポケモントレーナーやボスポケモン(野生で出現するがレベルが100以上のもいる)ともバトルでき、それらのポケモンは捕まえられない代わりに倒すことで通貨やアイテムを入手できます。
バトルでダメージを受けたポケモンはきずぐすりで回復できる他、ポケモンセンターや回復装置(Heal Machine)をクラフトし設置してクリックすることでも回復できます。
手持ちのポケモンが全滅した場合はバトルは強制終了しますが、目の前が真っ暗になってリスポーンするということはありません。ただし、手持ちのポケモンをひんしから回復させるまでバトルができなくなります。
ポケモンを倒すと経験値が得られるのも原作と同じです。もちろん、進化システムもあり、規定のレベルで進化するポケモンは原作と同じレベルで進化します。アイテムで進化するポケモンについては後に紹介する鉱石やクラフトで作れるアイテムを使用することによって好きなタイミングで進化させることができます。

次に追加される鉱石について。進化の石の欠片やポケモンの化石、ボーキサイト鉱石、アメジストなどの鉱石が数多く追加されます。
20160812231642bc5.png
ほのおのいし(Fire Stone)・かみなりのいし(Thunder Stone)・みずのいし(Water Stone)・リーフのいし(Leaf Stone)・たいようのいし(Sun Stone)・やみのいし(Dusk Stone)・めざめいし(Dawn Stone)は自然に生成される鉱石から欠片(Shard)が入手でき、それを9つクラフトすることで進化の石になります。
やみのいし・めざめいしは同じ鉱石からランダムに入手でき、つきのいし(Moon Stone)・ひかりのいし(Shiny Stone)は鉱石は生成されず、野生ポケモンからのドロップや報酬からでしか入手できないようです。進化の石はツールや防具の材料にもなります。
ルビー(Ruby)・サファイア(Sapphire)・アメジスト(Amethyst)・クリスタル(Crystal)鉱石からは各宝石を入手できます。これらの鉱石はポケモンに対しては使用できませんが、9つ集めてクラフトすることでブロックにできる他、進化の石同様、ツールや防具の材料として使用できます。
シリコン鉱石(Silicon Ore)はかまどで精錬することでシリコン(Silicon)になり、シリコン防具やポリゴン系の進化に必要なアップグレード(UP-Grade)、あやしいパッチ(Dubious Disk)の材料になります。
ボーキサイト鉱石(Bauxite Ore)はかまどで精錬することでアルミニウムインゴットになり、ボールの材料や機械などの材料として必要になります。
化石(Fossil)からはポケモンの化石が入手でき、ポケモンの化石を化石洗浄機(Fossil Cleaner)に入れて綺麗にし、化石復元機(Fossil Mechine)に入れることでポケモンが入手できます。
20160812233656784.png201608122336504ae.png
20160812233652f5a.png20160812233653978.png
20160812233655034.png20160812233758b8e.png
2016081223380160c.png
2016081223380022f.png
最初に化石洗浄機と化石復元機を作る必要があり面倒ですが、化石を復元することでしか入手できないポケモンが手に入ります。

最後に追加される建造物について。村にはポケモンセンター(赤い屋根の建物)とフレンドリーショップ(青い屋根の建物)が生成されるようになります。
20160812234925fca.png
ポケモンセンターではポケモンの体力を回復させることができ、フレンドリーショップではモンスターボールやきずぐすりなどのアイテムを購入できます。
村によってはジムが生成されることもあるようです。内部には仕掛けがあり、奥にいるジムリーダーに勝つことで通貨とアイテムを入手できます。
20160812234924b8a.png

伝説のポケモンや幻のポケモンも登場するようですが、伝説のポケモンの出現率はかなり低く1/15000とのこと。そのため、ポケモンのコンプリートは現状では非常に厳しい仕様。
色違いも出現するらしいのですが、伝説の色違いは原作(デフォルトで約1/8000もしくは約1/4000、特定のアイテムによって30%ほど確率が上がる仕様)で狙う以上に厳しいかと。
Pixelmon独自の仕様も多いですが、原作に近い仕様も多いので、Minecraftを持っていてポケモンに興味はあるけどやったことがない人はポケモン入門として遊んでみることをオススメします。

テーマ:minecraft - ジャンル:ゲーム

PCゲーム・スマホアプリ | コメント:0 | トラックバック:0 |

PC版Minecraft Ver.1.8.0 アップデート情報

Minecraftが1.8.0にアップデート!!
1.7.2から約10ヶ月ぶりの大型アプデで、今回は新たな建造物・新ブロック・新Mob・旗の追加・赤石回路関係の追加要素など多くの要素が追加されました。
今まで何もないと言っても過言では無かった海洋バイオームに追加要素がきたのは大きいです。

新たな建造物の追加
・海底神殿
minecraft180001.png
主に海晶ブロック(新ブロック)でできた海洋バイオームに自然生成される建造物です。
内部にはガーディアン(新Mob)やエルダーガーディアン(新Mob)3体がいます。
海晶ブロック以外にもスポンジブロック(新ブロック)や海のランタン(新ブロック)・金ブロックも生成。
海底神殿に近寄るとエルダーガーディアンの呪いで採掘速度低下IIIを付与されてしまいます。
海中なので水中呼吸や水中移動のエンチャントがあると便利。

新Mobの追加
ウサギ(Rabbit)
minecraft180004.png
小型の友好Mobで幾つかの模様(黒・白・まだら・クリーム)のものがいます。
飼いならすことはできませんが、ニンジンor金のニンジンorタンポポで増やせます。
倒すことで生の兎肉(焼くと焼き兎肉)、ウサギの足(新ポーション材料)、ウサギの皮(4つクラフトで普通の皮に)をドロップ。
焼き兎肉をニンジン・ベイクドポテト・赤キノコ・木のボウルとクラフトするとウサギシチューになります。
また、ウサギの足を材料に奇妙なポーションと蒸留すると「跳躍のポーション」ができます。

キラーラビット(Killer Rabbit)
minecraft180019.png
敵対Mob。1000/1という非常に低い確率でしか出現しない。
攻撃力が非常に高くイージーでも危険。最初から名前が付けられている。
元ネタは映画の「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」。

ガーディアン(Guradian)
minectraft 180005
敵対Mob。水中にしか出現しない。目から放つビームによって攻撃してくる。
素手で叩くと体についた棘によって逆にダメージを食らう。
倒すと「海結晶」「暗海晶の破片」をドロップする。

エルダーガーディアン(Elder Guardian)
海底神殿のみにスポーン。一つの海底神殿に3体のエルダーガーディアンがいる。
ガーディアンの強化版でもちろん素手で叩くと反射ダメージがある。
体力も非常に多く、水中での戦いになるのでかなり手強い。

エンダーマイト(Ender Maite)
minecraft180006.png
エンダーマンのワープ、プレイヤーがエンダーパールを利用してのワープ時に一定確率で出現。
さしずめシルバーフィッシュの亜種。エンダーマンはエンダーマイトを見かけると勝手に攻撃して倒す。
新ブロック

海底神殿を構成するブロック
minecraft180002.png
・海晶ブロック(Plesmarine Block)

ガーディアンのドロップである海結晶を4つクラフトすることで作れる。
・暗海晶ブロック(Dark Plesmarine Block)
イカスミを海結晶で十字に囲むことで作成できる。
・海晶レンガブロック(Plesmarine Bricks)
海結晶を9つクラフトするとできる。
・海のランタン(Marine Lantern)
光源ブロック。海結晶を十字に、暗海晶をの破片を4隅に置くことでクラフトできる。
・スポンジブロック(Sponge)/濡れたスポンジブロック(Wet Sponge)
海底神殿からの回収でのみ入手できる。濡れたスポンジブロックをかまどで精錬するとスポンジブロックになる。
スポンジブロックは水中におくことによって周囲の水を吸い取って消すことができる。また、水を吸ったスポンジブロックは濡れたスポンジブロックになる。

自然生成されるブロック
・花崗岩(Granite)・閃緑岩(Diorite)・安山岩(Andesite)・草の生えない土(Coarse Dart)

minecraft180003.png
花崗岩・閃緑岩・安山岩はいずれもフィールドに生成されるブロックで、今まで地中を構成するブロックが土、砂利、岩が中心だったのに対し、新しく追加されたブロックです。
クラフトすることで磨かれた花崗岩・磨かれた閃緑岩・磨かれた安山岩になります。
荒れた土(Coarse Dart)は今までの草の生えない土(Glassless Dart)と変わって耕すことで普通の土に戻るようになりました。

・赤砂岩(Redsand Stone)
minecraft180007.png
赤砂(Redsand)で普通の砂のように「赤砂岩」が作れるようになりました。
赤砂岩ブロック/滑らかな赤砂岩ブロック/模様入り赤砂岩ブロック/赤砂岩の階段/赤砂岩半ブロックの5種類。
模様入り赤砂岩ブロックは模様入り砂岩ブロックと模様が違ったりします。

インテリア系のブロック
・木材別のドア/ゲート/柵

minecraft180008.png
今まではどの木材を使用してもオークの物になっていましたが、1.8よりそれぞれの木材でデザインが違うようになりました。
ドアなどは本当に特徴があっていいと思います。建築の幅がまた広がった。

・旗(Banner)
minecraft180010.png
全16色、角度を変えれる他壁にも貼り付けることができます。
大きな特徴は「クラフトによって模様をつけられる」ということで、染料の並べ方やアイテムとクラフトすることで最大6回重ねがけで模様をつけれます。
また水をいれた大鍋で染料を落とし真っ新な状態にも戻せます。
ただ、模様付けで染料の以外のアイテムが必要な模様は一部コストが非常に高く(クリーパーの頭(入手難度が高い理由は後記)、上位の金りんご)、なかなか大変かもしれません。
Minecraft Banner Generatorというサイト様で模様のシミュレーション・クラフト順序・並べ方をチェックできます。

・防具立て(Armer Stand)
minecraft180011.png
防具をインテリアとして飾れるようになりました。
飾る時は防具を手に持ったまま防具立てをクリックすることで自動的に飾られます。

・モブの頭(Mob Head)
minecraft180013.png
今まではクリエイティブ専用でしたが、サバイバルでも入手できるようになりました。
ただし入手難度が非常に高く、「帯電クリーパーの爆発に巻き込まれて死んだモブが落とす」というものであり、まず見かけないであろう帯電クリーパー&1.8からの仕様で「他のMobがクリーパーの爆破の構えに対して逃げる」という仕様のせいで入手難度は最も高いかもしれません。
特にクリーパーの頭は旗の模様付けにも使用できる(というより無いとある模様が付けれない)ので、改善してもらいたいですね


赤石回路関連の新ブロック
・スライムブロック(Slime Block)
minecraft180014.png
スライムボールを9個クラフトすることでできるブロック。上に乗るとソウルサンド同様移動が遅くなり、ジャンプすると跳ねます。また、高いところからこのブロックの上に落ちてもダメージはありません。
このブロックの大きな特徴としてこのブロックをピストンで押すと、「接しているブロックも動く」という特徴があります。
ある程度動かせる塊には限度がありますが、赤石回路の可能性が広がりました。

・月照センサー
minecraft180015.png
日照センサーをクリックすることで月照センサーに変わるようになりました。
名の通り、夜になるとRS信号を出すブロックで、日照センサー同様時間によってRS信号の強さが変わるようです。もちろん屋根のある暗室においても効果はない。

・鉄のトラップドア(Iton Trapdoor)
minecraft180016.png
鋼鉄製のトラップドア。鉄のドア同様、RS信号でのみ開閉する。


クリエイティブモード専用のブロック
・バリアブロック(Barrier)

このブロックは手にバリアブロックを持っている時だけ設置したものも見えるはず…なのですが、1.8.0現在バグなのか見えない状態です;^_^A
このブロックはクリエイティブモード以外では破壊することができません。
新しいワールド設定・モード
・ワールドモード:カスタマイズ

minecraft180012.png
※画像のワールドは作成時に鉱石類の高度と出現率をMAXにして、その他のブロックの出現率を最低にしています。
自分でどのような世界で遊びたいかを決めれるモード。鉱石類だらけの世界、鉄や石炭すらレアな世界、水がほとんどない世界、洞窟だらけの世界と設定で自由に決めれます。
公式で設定されたプリセットとして「水世界」「島の世界」「洞窟探検家の喜び」「山狂い」「日照り」「混沌の洞窟」「グッドラック」の7種類からも選ぶことができます。

・スペクテイターモード
minecraft180018.png
※画像はクリーパー視点の視界です。
クリエイティブでコマンド「/gamemode 3」と打つとこのモードになれます。
スペクテイターモードではアイテムを設置したり壊すことはできませんが、空を素早く飛んだり、ブロックをすり抜けて移動することが可能です。
また、スペクテイターモードでMobをクリックすると、そのMobの視点から世界を見ることができます。
Mobによっては色が全部緑(クリーパー)だったり、ネガになっていたり(エンダーマン)、視界がいくつもあったり(スパイダー)、変わった視点から世界を見ることができます。
ただしMobの操作ができるようになるわけではないので注意。

デバッグモード
minecraft180009.png
ワールド作成時に「ワールドタイプ」をSiftキーを押しながら変更すると出る。
フィールド一面にすべてのブロックがバリアブロックの上に置かれているワールドです。
主にテクスチャ作成用?のモードだと思われます。
エンチャントの仕様変更
エンチャントの仕様が大きく変わり、「ラピスラズリ」を使用するようになりました。
まずエンチャントテーブルをクリックすると、このようなGUIが出現します。
minecraft180017.png
選択肢の左側にある緑の玉の近くに書いてある数字は「実際に使用するレベル量」、右側の数字が「エンチャントするのに必要なレベル量」です。
つまり右側に30と書いてあればプレイヤーが30Lv以上である必要がありますが、実際に使われるLv量は左側の数字ということです。
また、選択枝にカーソルを合わせた時に必ずつくエンチャントが一つ表示されます。
ちなみにカーソルを合わせた時にでるエンチャントは、1回はエンチャントしないと変わらないので、道具置き直しのリロードはできません。
また、ラピスラズリも実際に使用されるレベル量と同じだけ必要です。
・新しいエンチャントとして足防具に「水中移動(Depth Strider)」が追加されました。
村人と取引の仕様変更
・新しくゾンビ肉とエメラルドなどを交換してくれる「聖職者」が追加
・各村人の職業がGUIに表示されるようになった
・村人が成長した作物を収穫するようになった
・雷に打たれた村人は魔女になってしまうようになった
・一人ごとに最低でも1回は取引しないと、村人が増える条件を満たしていても繁殖しなくなった
・村の砂利道のしたに丸石が敷かれ、道が凸凹にならなくなった
新しい実績
・圧倒的な力(Overpawered)

上位の金りんごをクラフトすることで解除。先に「アップグレード」を解除している必要がある。
りんごの周りに金ブロックを8個置くことで作成できる。金インゴット72個分。
ちなみに上位金りんごは旗の模様付けに使用できる。
追加されたコマンドや仕様の変更
・コマンドでIDNo.が使用不可になり、名前のみ受け付けるように
使用例:/give @a minecraft:cobblestone

1.7.10まではIDと呼ばれる数字を入力することでブロックやアイテムなどをコマンドで出すことができましたが、1.8.0より名前のみでしか出すことができなくなりました。
英語名でしか受け付けない上、コピペができないので、コマンドブロック等コマンドでしか出せない物を出すのが面倒になってしまいました。
1.8.0よりIDNoは廃止されました。

・/○○ @e
使用例:/give @e <渡すアイテム>等

プレイヤー名のところに@eと入力することで、エンティティ全体を対象にアイテム・状態異常などを付加できるようになりました。

・/replaseitem
使用例:/replaseitem <プレイヤー名orエンティティ名> <スロット名> <アイテム名>

プレイヤーやゾンビの防具を指定した物に変更する。

・/particle
使用例:/particle <パーティクル名> [x] [y] [z] [秒数]

指定したパーティクルを範囲内に発生させる。
利用できるパーティクル名:
hugeexplosion, largeexplode, fireworksSpark, bubble, suspended, depthsuspend, townaura, crit, magicCrit, smoke, mobSpell, mobSpellAmbient, spell, instantSpell, witchMagic, note, portal, enchantmenttable, explode, flame, lava, footstep, splash, wake, largesmoke, cloud, reddust, snowballpoof, dripWater, dripLava, snowshovel, slime, heart, angryVillager, happyVillager, iconcrack_(ID), tilecrack_(ID)

・/worldborder
使用例:/worldborder center [x] [z] の後、/worldborder set <数値>

世界の壁を自由に設定できるコマンド。

・/clone
使用例:/clone [x1] [y1] [z1] [x2] [y2] [z2] <操作の種類(replase、masked、filtered>

指定した範囲にあるブロックの塊を他の指定した位置にも置くコマンド。

・/fill
使用例:/fill [x1] [y1] [z1] [x2] [y2] [z2] <ブロック名>

指定した範囲を指定したブロックで満たすコマンド。

・/titel
使用例:/title @a title {text:"文字列"}、/title @a subtitle {text:"文字列"}

特定のプレイヤーの画面に入力した文字列を表示する。
その他の細かい変更点
アイテムやフィールド関連

・ドアの制作数が一度で3個になりスタック可能に、フェンスのレシピが変わりコストがやや上がった。

・苔石や苔石レンガ、ひび割れた石レンガ、模様入り石レンガがクラフトできるようになった。

・大きなキノコをシルクタッチ付きのピッケルで破壊すると、部位に対応したブロックを落とすようになった。

・松明とレッドストーントーチを壁に貼った時、ちゃんと傾くようになった。

・ブレイズロッドを手に持ったサイズが大きくなった。

・ニンジンやベイクドポテトの満腹度が下がった。

・ビーコンの光の色を色付きガラスで変えれるようになった。
minecraft180021.png

・ディスペンサーでスノーゴーレム/ゴーレム/ウィザーを召喚できるようになった。

・額縁にアイテムを飾りそのアイテムの方向を変えると、額縁をつけたブロックにRS入力が入った時にアイテムの向きで伝えるRS動力を変える。

・石のボタン/ボタンがブロックの上下の面にも置けるようになった。
minecraft180020.png

・金床で道具を修理する場合の経験値量のコストが減り、2~5の間になった(修理の回数が増えるごとに必要な経験値量も増加します)。

・かまどで燃料が尽きた際に長時間放棄すると、矢印のバーが減るようになった。

・動力トロッコの他のトロッコを押す距離が上がった。

・本をクラフトでコピーした際に、コピーしたことがステータスで確認できるようになった。

・メサや砂漠の地上に自然洞窟の入り口が生成されるようになった。

・砂漠の遺跡の羊毛ブロックがすべて色付き堅焼き粘土に変更された。

・設置した枯れ木が燃えるようになった。

・スポーンエッグを持ったままスポナーブロックを叩くと、そのエッグの対応するMobのスポナーブロックに変化する。クリーパーやエンダーマンのにも変化する。

・Y=1付近の黒いもやが無くなった。

・ワールドの3000万ブロックの端に光る壁ができるようになった。


Mob関連
・羊のドロップが追加、「生の羊肉」を落とすようになった。
焼くと「ジンギスカン」になります。

・動物の子供に小麦を与えることによって成長させれるようになった。

・オオカミがスケルトン/ウィザースケルトンを攻撃するようになった。また、スケルトンもオオカミを避けるようになった。

・スライム/マグマキューブが水に溺れて死ぬことがなくなり、行動ルーチンも変化した。

・クリーパーが爆破の構えを見せた時、他のMobが逃げるようになった。


システム関連
・F3で見れる情報が増え、RS信号の方向を確かめられたり、Mobの視線がわかるようになった。

・難易度をロックできるようになった。

・描画距離を32チャンクまで広く出来るようになった。ただし64bit版Javaと設定でMinecraftに割り当てるメモリ量を2GB以上にする必要がある。

・アドベンチャーモードの仕様が変わり、壊せないブロックにはカーソルが出なくなった。

・3Dのリソースパックが使えるようになった。
DL⇒http://forum.minecraftuser.jp/viewtopic.php?f=36&t=2100&start=20#p153212

・スキンの仕様変更、装飾が増え、左右非対称になった。
また、設定からマントや帽子などの表示設定もできるように。

・ワールドを配布する際、リソースパックを同梱できるようになった。

テーマ:minecraft - ジャンル:ゲーム

PCゲーム・スマホアプリ | コメント:0 | トラックバック:0 |

Minecraft非公式ランチャー「Feel The Beast」紹介

今回はMinecraftの「FTB(Feel The Beast)」というランチャーを紹介します。
このランチャーは特定の配布ワールド+そのワールドに必要なMODを自動的に競合無しで導入してくれるという非公式のランチャーです。
遊べるワールドの数は20個程度ですが、それぞれかなりやりごたえがあります。
FTB1.png
日本語には対応しておらず、言語は英語のみのようです
各ボタンの説明は以下の通りです。
1.NEWS:FTBの更新内容、対応ワールドについての情報
2.OPTIONS:インストールするフォルダの選択・メモリ割り当て率の変更・言語選択(英語のみ)
3.MODPACKS:今の画面。導入するワールドパックを選択する
4.MAPS:MODを使わないワールドの選択をする
5.TEXTUREPACKS:FTBで配布しているリソースパックを選択できる(他のパックも使用可)
6:PROFILE:WhiteMarthと書いているとこ。Minecraftにログインするためのメールアドレス・パスワード・プレイヤー名を登録しないと起動しない。Editで追加・編集できる
7.Launch:Minecraftを起動しゲームスタート。起動にはやや時間がかかる。特に初回
あと、バックグラウンドでコマンドログみたいなのが動いていますが仕様です。
私がこのランチャーを知るきっかけとなったのはとあるニコニコの実況者様の動画です。

この方が遊んでいるワールドは「AgrarianSkys:HardcoreQuest」というFTBのワールドです。
AgrarianSkysはクエスト開放型のワールドで、クラフトやMOD追加アイテムで指定のアイテムを作っていくという形式のワールド。
その他にもいくつかの配布ワールドがあり、MODの導入もしなくていいので楽です。
説明はすべて英語で日本語にはできないのが少し大変ですが…。
FTBの導入方法
1.まずはこちらのサイトからランチャー本体をダウンロードしてきます。
2.ダウンロードしたら.exeファイルを起動します。
※ワールドデータやリソースパックのファイルはFTBランチャーがあるファイルに作られますので、起動前にFTB専用のファイルを作ってexe.ファイルを移動しておくことをオススメします。
3.起動したらまずは右下のPROFILEの「Edit」でMinecraft本体のメルアド・パスワード・ユーザーネームを入力して「Save」ボタンを押します。
4.MODPACKSで遊びたいワールドパックを選択して右下の「Launch」ボタンを押す。
5.必要なMODとワールドのダウンロードが始まる(初回時のみ)
6.Minecraftが起動、しばらくするとメニューに移動するのでワールドを選択する。

7.ワールドが起動すればあとは普通に遊べば問題ありません。

Q.ワールドを選択後に「Out of Memory」とエラーが出て遊べない
A.OPTIONでメモリの割り当てを増やしましょう。2GB以上にする場合は64bit版のJavaが必要になりますのでDL。
PCのスペックに合わせて調節しないと今度はOSが落ちます。
4GBなら1~2GB程度、8GBなら2.5~3.5GBぐらいでゆるゆる動きます。

Q.Minecraftの起動後、Langaegeで日本語を選ぶと落ちるんだけど?
A.仕様です(ぇ)。おそらくEnglish以外の言語を選ぶと落ちてしまいます。

Q.お気に入りのリソースパックで遊びたいです。
A.Minecraft起動後にOptionのリソースパックから通常と同じように導入可能です。

テーマ:minecraft - ジャンル:ゲーム

PCゲーム・スマホアプリ | コメント:0 | トラックバック:0 |

Minecraft1.6.4 近況報告

Minecraft(PC版)近況報告です。ようやく1.6.4に移行しました。
1.6.2では工業メインですが、1.6.4では魔術メインでやっています。
ただし追加鉱石が多いのでBuildCraftは導入していますが。
minecraft164 ScreenShot1
スキンは雪ミクスキン、かぶっているのは「Biomes O` Prenty」の花冠です。
拠点は「StarMiner」というMODの「重力核」というアイテムを利用して製作しました。
球状の建造物を制作する時にも使えるので便利です。また、重力の概念を追加してマリオギャラクシーごっこなり色々できて面白いMODです。
星一つ一つに施設を作ったのですが、テレポストーンがないと渡れないのでやや不便。
1.7は対応しているMODが少なくてなかなか移行できないのが現状。メイドも未対応ですし。
Modの導入は自己責任です。動作を保証することはできません。
前提ModはForgeです。導入方法はコチラ。入れてしまえば、後は簡単です。
導入しているMODはすべて.jarやら.zipやらをmodsフォルダに突っ込むだけの簡単仕様。
一部ID競合のあるMODがありますが、configファイルを弄れば問題ないです。リンクはフォーラムや公式ページへ繋がっています。
日本非公式フォーラム様のはそのまま同ページでDL、英語のものは殆どがAby.flyというサイトに繋がっています。
英語フォーラムのページではダウンロードという文字が多く書いてあり、紛らわしいです。大抵、大きく表示されているものは広告ですので注意。
Aby.flyは5秒後に右上に表示される「Please」が表示されたらそこをクリック。アンチウイルスソフトの警告みたいな広告は無視で。詐欺ソフトです。
Minecraft 1.6.4 導入mod
前提Mod:Minecraft forge

工業系mod
・BuildCraft

∟露天掘り機や自動建築機などエンジンの「動力」で動く機械を多く追加する。
・Railcraft
∟トロッコ・レールの種類を大幅追加、ボイラーなどの蒸気機関を追加する。
他工業mod連携あり。チャンクローダー機能もあるよ。
・Ender IO
∟パイプや機械を追加する、1.6.4版TEのようなMOD。テレポパイプ代わりになる「Dimensional Tranceiver」もあり、遠距離の搬入・輸送が楽に。

魔術系
・Thaumcraft4
∟アイテムを研究して入手できる「相」を元に、新しい魔法アイテムを研究して解禁するMOD。
・Thaumcraft Extras
∟Thaumcraft4追加アドオン。魔術研究の幅が増え、多くの魔法アイテムを追加する。
・ArsMagica2
∟TC4とは別路線の魔術MODで主に呪文・マナの概念を追加する。飛行系や攻撃系等呪文は様々。
・Runic Dust Mod
∟ルーンダストという粉で魔方陣を描き、魔法を発動させるMOD。
・Soul Shards 2
∟敵モブを専用の武器で倒すことで魂を集められ、集めた魂からスポーンブロックを制作可能になる。

ディメンション・ダンジョン追加系mod
・DungeonPack

∟ワールド中に建物・ダンジョンが自然生成されるようになる。
・The Twilight Forest
∟数多くのダンジョンがあり、夕暮れ時のまま時が止まった次元「黄昏の森」を追加する。
・Mystcraft
∟シンボルを集めて時代の書を制作し、自分好みの次元を追加する。詰み要素ありなので注意。
・Chocolate quest(旧Better Dungeons)
∟様々な建造物・ダンジョン、Mobを追加する。
・BattleTowersMod
∟ワールドにバトルタワーと呼ばれる搭状の建造物、ボスのゴーレムを追加する。バイオームごとにバトルタワーの構成ブロックが変わる。

バイオーム追加系Mod
・Biomes O' Plenty

∟100以上ものバイオームを追加し、新ディメンションの追加もある大型MOD。
・Coral Reef Mod
∟水中に珊瑚礁が生成されるようになるMod。これで海洋バイオームが色とりどりになる。
・EntityModeSugerBiome
∟砂糖ブロック(追加)に覆われた砂糖バイオームを追加する。メイドにも砂糖キビ回収機能を追加する。
前提modに同サイトでDLできる「YMTLib」が必要。

Mob追加系Mod
・Gurimoire of Gaia2(グリモア)

∟可愛い女の子型Mobを大量に追加。ただしその強さはかなり鬼畜。武器追加系Modがあると楽に。
・littlemaidmob(別作者版)
∟ケーキで契約できるメイドさんを追加する。色々と仕事をこなしてくれる。可愛い。
前提modに同サイトでDLできる「MMMLib-1.6.4-Kai-2.zip」が必要。
・DragonMounts
∟エンダードラゴンを卵から孵し、懐かせることができる。極稀に野生ドラゴンがスポーンする。

アイテム追加系mod
・Drat Craft

∟フォースで武器などを強化、多くのアイテムを追加する。工業系と連携あり。別名ゼルダクラフト。
前提MODに「NotEnoughItems(NEI)」が必要。
・Pam's Hervest Craft
∟多くの作物・料理を追加する。料理は簡単なものから複雑なものまで様々。
・竹mod
∟筍・竹・桜などの植物、畳や温泉など、多くの和風要素を追加する。
・AppleMilktea
∟お茶の木・ティーメーカー・多くの飲み物・リンゴ飴・作物袋などのアイテムを追加する。
・五つの難題mod+
∟「東方Project」に登場するキャラの持つ武器やスペルカード、敵Mobの妖精を追加する。
・MusicCraft
∟ピアノやドラムなど多くの楽器を追加する。楽器は実際に演奏可能。
・Pumpkin Patch(かぼちゃMOD)
∟パンプキンツールやかぼちゃ料理、パンプキンMobなど、かぼちゃの要素を大きく追加する。
・StarMiner
∟ブロックを中心にプレイヤーのみに影響する重力を発生させるブロック等を追加する。無重力ディメンションも追加。
また、ワールドの空中に球状の星(重力が中心に向かって発生している)も自然生成されるようになる。
・bibliocraft
∟アイテムを飾れるチェスト、インベントリに紙を置くと本が置かれるテーブルと本棚などを追加する。
・Magical Crop
∟鉱石が採れる作物を追加する。ただし追加される鉱石を多く集めないとダイヤなどは作れない。
・Wireless Redstone
∟遠隔操作で周波数ごとにRS信号をon/offできる「Wireless Reciver」と「Wireless Transmitter」を追加する。
・Zelda Sword Skills+
∟「ゼルダの伝説」に出てくる武器やアイテム、ダンジョンの仕掛け、魔法を追加する。
・Teleport stone
∟エンダーパールを1つ消費することによって、設定した座標にワープできる石を追加する。
・Book of Captive
∟「牢獄頁」というアイテムを持ってモブをクリックするとそのモブを閉じ込めることができる。
元々は本家メイドMODの作者が1.6.4を経由して1.7.x(肝心のメイドMODがまだだが)環境にメイドを維持したまま移動できるように制作したMOD。
前提MODに「MMMLib(本家)」が必要。

便利系mod
・CutAll
∟木こりmod。葉まで一括伐採してくれるので非常に便利。
・MineAll
∟CutAllの鉱石版。繋がった同じ鉱石を一括で採掘。特に石炭採掘はこれがあると便利。
・CraftGaide
∟レシピが複雑なアイテムやModで追加されるレシピをアイテム毎に確認できる。
・Not Enough Items(NEI)
∟インベントリの右側にアイテム一覧を表示するようになる。クラフトガイド機能があるが、アイテムを1スタック取り出すチートが利用可能になるため楽したくない人にはオススメしない。
「Dart Craft」前提MODでもある。
・IronChests
∟大きなインベントリを持つアイアンチェスト、その上位種を追加する。アップグレードは中身を維持したまま可能なのでいちいち移し替える必要がなく便利。
・StorageBox
∟一つのアイテムを無尽蔵に収納できるチェストを追加する。耐久のある道具などには利用不可。
・Hats
∟稀にモブが帽子をかぶった状態でスポーンするようになり、倒すと帽子を入手できる。
・Rei’s Mini Map
∟右上に小さなマップを表示させる。場所の登録もできて非常に便利。
・Damege Indicators
∟モブにカーソルを合わせることで、左上にそのモブの残り体力・名前を表示する。
・Nihongo MOD(日本語Mod)
看板・チャットログ・名付け等に日本語を入力可能にするMOD。色つけなどのタグも使用可能に。
・SpawnChecker
∟モンスターが湧くブロックやスライムチャンクを表示する。
・IDFix
∟MODのIDが競合した時に、新しく追加した方のMODのアイテムIDを自動でずらしてくれる。
一応IDFixのおかげでかなり楽に導入できました。勝手にID整理してくれるのは楽。
ですが、なぜかメイドがアイテムを拾うとワールドに入れなくなってしまいます。
キビ農家モードも発動しないし…何かのMODが競合しているのは間違いないです。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

PCゲーム・スマホアプリ | コメント:0 | トラックバック:0 |

Minecraft 1.7.2 アップデート内容

少し遅いですが、Minecraftが1.7.2にアップデートしました!!
今回は「世界を変える」アップデートのようで、バイオームの追加や植物の追加が大きいです。
結構細かいところも変更されていうようで、かなりの大型アップデートです。
どうせなので新しくワールドを作り直すにはいい環境かもしれません。
ちなみに1.6以前のワールドを1.7に引き継ぎたい場合は、一旦1.6.4でワールドに入ってから1.7にしないとワールドがバグります。気を付けてください。

新たなバイオームの追加
・Mesa(メサ)
赤砂と堅焼き粘土で構成された赤茶けた荒野。堅焼き粘土が地層状に積み重なっている。
・Savannah(サバンナ)
かなり高い高度にも形成される、黄色い草が広がる草原のバイオーム。
・Sunflower Plains(ひまわり平原)
新植物のひまわりが多く咲いている平坦な草原。
・Flower Forest(お花畑)
チューリップやボタンなど、花が多く咲いている平坦な草原。
・Roofed Forest(覆い被さる森)
非常に大きく育った木が特徴の森。高いものは15ブロック以上にもなる。
・Birch Forest(白樺の森)
あたり一面が白樺の木だらけの森。
・Taiga(タイガ)
広がる針葉樹(マツ)が茂る森林バイオーム。雪は降らない。
・Mega Taiga(メガ-タイガ)
前途のタイガとほぼ同じだが、規模がとても大きい。
・Extreme Hills+(山岳+)
非常に高い高度に形成される丘。
・Ice Plains Spikes(樹氷のある凍った平原)
「流氷」に覆われた木が特徴の寒冷なバイオーム。
・Deep Ocean(深海)
見た目は海洋バイオームだが深度がとても深い。

テクニカルバイオームの追加
M(「希に生成される」バイオーム)
名称にMのついたバイオームは、他のバイオームに比べ、生成されにくくなっている。
Extreme Hills M
山岳バイオームのように地形に起伏を持つようになる。
Desert M
普通の砂漠とは異なり、小さな湖が生成される。
Birch forest M
通常の白樺の木よりも大きな白樺が自生している。
Savanna M
草の生えない土ブロック(Glassless Dirt)を形成、雲を越す y=220 の高さまで山が生成される。
Plateau(台地)
山岳テクニカルバイオームに似ているが、頂上が平坦な形になっている。
Mesa Plateau M
「メサ台地」「サバンナ台地」などがあり、いずれも頂上は平坦な形になっている。
Mesa (Bryce) (メサ (ブライス))
針のように尖った粘土の塊が生成される。非常に稀なバイオーム。
Hills(山岳)
多くの種類のバイオームがあり、「Birch Forest Hills」「Cold Taiga Hills」などが生成される。
Beach (海岸)
海洋バイオームや川とは別の独立したバイオーム。砂や石が中心に生成されている。
Stone Beach
主に石で構成されるバイオーム。山岳バイオームと海洋バイオームの境目に生成される。
Cold Beach
砂ブロックの上に雪が積もるバイオーム。水も少し凍っている。

気温/生成の仕様の変更
バイオームの気候が主に4つに分けられ「雪に覆われた / 寒い / 普通 / 乾いているor暖かい」にカテゴライズされた。
これにより、あまりにもかけ離れた気候のバイオーム(ジャングルの横にツンドラなど)がなくなり、ある程度気候が似たバイオームが生成されるようになった。
また、温度が高度により変化するようになり、この温度は高さy=30ごとに0.05ずつ下がっていく。温度はバイオームのカテゴリの影響を受ける。
0.15以下だと雨の代わりに雪が降るようになり、温度が1.5以上だと雨が全く降らなくなる。
そのため、高い山では現実のように高度によって雨か雪か変わるようになった。

新たなワールドタイプの追加
AMPLIFIED(アンプリファイド)
スクリーンショット (110)
y=250に迫る高山、y=0まで貫いている渓谷など起伏が恐ろしく激しい。
足場も狭く転落死の危険が高い、上級者向けのワールドタイプ。
また生成時にすごく重くなるので、高スペック推奨。
次はアップデートにより追加されたブロックやアイテムについてです。
新たな木材や植物、色付きガラスなど建設の夢がひろがりんぐ。

新たに追加される自然ブロック
スクリーンショット (102)
・Packed Ice(流氷)
主に樹氷バイオームで形成される不透明で水を出さない氷ブロック。溶けない。
・Red Sand(赤砂)
メサバイオームに形成される。精錬でガラス、重力落下するなど砂(Sand)とほぼ変わらない。
・Podzol(ポドゾル性土壌)
メガタイガバイオームで形成される土ブロックの亜種。
・Grassless Dirt(草の生えない土)
サバンナMバイオームで形成される草の生えない土ブロック。
・Acacia Wood(アカシヤの原木)
「アカシヤの木」から取れる新種の原木。
・アカシアの木材(階段/半ブロック)
「アカシアの原木」をクラフトすることでできる木材ブロック。赤っぽい。
・Dark Oak Wood(ダークオークの原木)
「ダークオークの木」から取れる新種の原木。
・ダークオークの木材(階段/半ブロック)
「ダークオークの原木」をクラフトすることでできる木材ブロック。黒っぽい。

色付きガラスブロック
色付きガラス(Stened Glass)はガラス(Glass)を染料の周りに配置することでクラフトできます。
また、6つの色付きガラスをクラフトすることで板ガラスにもできます。・白色の色付きガラス(ガラス8個+骨粉)
craft1.pngcraft2.png

スクリーンショット (106)
・薄灰色の色付きガラス(ガラス8個+薄灰色の染料)
・灰色の色付きガラス(ガラス8個+灰色の染料)
・黒色の色付きガラス(ガラス8個+イカスミ)
・赤色の色付きガラス(ガラス8個+赤色の染料)
・橙色の色付きガラス(ガラス8個+橙色の染料)
・黄色の色付きガラス(ガラス8個+黄色の染料)
・黄緑色の色付きガラス(ガラス8個+黄緑色の染料)
・緑色の色付きガラス(ガラス8個+緑色の染料)
・薄青色の色付きガラス(ガラス8個+空色の染料)
・水色の色付きガラス(ガラス8個+水色の染料)
・青色の色付きガラス(ガラス8個+ラピスラズリ)
・紫色の色付きガラス(ガラス8個+紫色の染料)
・赤紫色の色付きガラス(ガラス8個+赤紫色の染料)
・桃色の色付きガラス(ガラス8個+桃色の染料)
・茶色の色付きガラス(ガラス8個+ココア)


新たに追加される花
花は自生している他、草ブロックに骨粉をかけることで生えることがあります。
クラフトすることで染料の材料にもなります。
スクリーンショット (103)
・バラの茂み(クラフトで赤色の染料)
・ポピー(クラフトで赤色の染料)
・赤色のチューリップ(クラフトで赤色の染料)

・橙色のチューリップ(クラフトで橙色の染料)
・ひまわり(クラフトで黄色の染料)
・タンポポ(クラフトで黄色の染料)

・ヒスイラン(クラフトで水色の染料)
・アリウム(クラフトで紫色の染料)
・ライラック(クラフトで紫色の染料)

・桃色のチューリップ(クラフトで桃色の染料)
・ボタン(クラフトで桃色の染料)

・フランスギク(クラフトで薄灰色の染料)
・白色のチューリップ(クラフトで薄灰色の染料)
・ヒナソウ(クラフトで薄灰色の染料)

・大きなシダ、背の高い草(写真には無し、シダor草に骨粉)
・アカシヤの木の苗(写真には無し)
・ダークオークの木の苗(写真には無し、2×2で配置しないと成長しない)


新たなポーション
・水中呼吸ポーション

後記のフグを蒸留することで入手できるポーション。
しばらく水の中での活動ができるようになる。

そのほか追加されるアイテムやブロック
・ひび割れた石レンガスポーンエッグ
・苔むした石レンガスポーンエッグ
・模様付き石レンガスポーンエッグ
・コマンドブロック付きトロッコ(Minecart with Command Block)
魚釣りの大きな変更点
釣竿にエンチャントできるようになり、魚以外のアイテムもつれるようになりました。
スクリーンショット (111)
・釣竿に固有エンチャント追加
・擬餌針:魚がえさに食いつく時間が長くなる。
・海幸彦:ゴミアイテムの釣れる確率が低くなり、レアアイテムの釣れる確率が高くなる。

・魚の種類の追加
・Pufferfish(フグ)
食べると満腹度を0.5回復し、毒IVを1分、空腹IIIと吐き気IIがそれぞれ15秒間付与。
また、水中呼吸ポーションの材料にもなる
・Salmon(生鮭)
生のまま食べると満腹度を1回復する。
かまどで精錬することができ、精錬した鮭を食べると満腹度を3回復する。
・Clownfish(カクレクマノミ)
食べると満腹度を0.5回復する。
特に食べるか猫にあげる以外の特殊な効果はない模様。
新たな実績の追加
・Repopulation(種の繁栄)
2頭の牛に小麦を与え、繁殖させることで解除できる。
事前に「牛転がし」の実績を解除必須。
・Diamonds to you!(ダイヤモンドをあなたに!)
他のプレイヤー(シングルならアイテムを拾うことができるゾンビなど)にダイヤモンドを投げつけることで解除できる。
事前に「ダイヤモンド!」の実績を解除必須。
・Adventuring Time(冒険の時間)
すべてのバイオームを踏破することで解除できる。
事前に「おしまい?」の実績を解除必須。
・The Beginning?(はじまり?)
ウィザーを召喚することで解除できる。
事前に「おしまい。」の実績を解除必須。
・The Beginning.(はじまり。)
ウィザーを倒すことで解除できる。
事前に「The Beginning?」の実績を解除必須。
・Beaconator(ビーコナー)
ビーコンをクラフトすることで解除できる。
事前に「The Beginning.」の実績を解除必須。

新たな統計の追加
・Distance by Horse(馬で移動した距離数)
・Mobs statistics(Mob別の実績)
・Junk Fished(ゴミを釣り上げた回数)
・Treasure Fished(宝物を釣り上げた回数)
追加されたコマンド
/setidletimeout
使用例:/setidletimeout <キックするまでの時間>

しばらくすると長時間動いていないプレイヤーをキックする。
マルチプレイかつ、サーバー管理者のみ使える。
/tellraw
使用例:tellraw <プレイヤー名> <メッセージ>

チャットで.jsonによって書かれた「ボタン」を作ることができるコマンド。
/summon
使用例:/summon <エンティティの名前> [x] [y] [z] [datatag]

プレイヤーがジャイアントやエンダードラゴンなどを召喚するために使うことができるコマンド。
/achievement
使用例:/achievement give <実績や統計の名前> [プレイヤー名]

プレイヤーの実績や統計を解除するために使うことができるコマンド。
/setblock
使用例:/setblock [x] [y] [z] <ブロックID> [データ値] [method] [datatag]

ブロックを消去・置き換えることができるコマンド。
・/testforblock
使用例:/testforblock [x] [y] [z] [datavalue] [datatag]

指定した場所にあるブロックを調べるコマンド。
/tellraw
使用例:
 /tellraw @p {text:"Daytime? ",color:"green",extra:
 [{text:"Click here!",color:"blue",clickEvent:{action:"run_command",
 value:"/time set day"}},{text:" Nighttime? "},{text:"Click here!",color:"blue",
 clickEvent:{action:"run_command",value:"/time set night"}},{text:" Have fun!"}]}

カスタム可能なメッセージをプレイヤーに送信する。

仕様変更されたコマンド
/give
使用例:/give [quantity] [damage value] [tag]

アイテムに名前、説明文、エンチャント効果を付与したものをプレイヤーに与えることができるようになった。
/time set day
時間を0の代わりに1000に設定するようになった。
/time set night
時間を12000の代わりに13000に設定するようになった。
・NBTのカスタムデータを、コマンドを介して追加することができるようになった
/give、/summonで追加
使用例:
/give @p 1 1 0 {display:{lore:["hi,","how are you?"],name:"nice stone block"},ench:[{id:1,lvl:10}]}
/summon pig ~ ~ ~ {saddle:1, customname:"babe", customnamevisible:1}
/give @p 397 1 3 {skullowner:mhf_pig}

パーティクルエフェクトの追加

・高所からの落下
スクリーンショット (117)
高いところから落ちたとき、その高さによって大きさが変わるパーティクルが出るようになった。

・魚の泡
スクリーンショット (116)
魚釣りをしているとき、水に浸かっている浮きに魚が向かって行くような泡が出るように。
その他の細かい変更点
・死亡画面で「タイトルに戻る」を選択すると
 再度「タイトルに戻る」か「リスポーンする」かを尋ねてくるようになった。
・スポーン地点から x,z共に3000万ブロックまでが個体ブロックとして生成されるように。
 プレイヤーは3000万ブロックから先には行くことができない。
・コマンドなどで、ブロック/アイテムIDの代わりに名前を使うことができるように。
 将来的にはアイテムIDが使えなくなる可能性がある。
・ボートの操作方法が1.6までのWASD式に戻った。

スクリーンショット (113)
・ポータルを4x5から23x23まで任意に選択して作成することができるようになった。
これにより、ネザーから通常の世界へとガストを連れて来れるように。

既存のアイテムの変更
・額縁
額縁を攻撃すると、アイテムが飾ってある場合はそのアイテムをドロップしアイテムが飾っていなければ額縁がアイテム化する。
また、飾ってあるアイテムに名前がついていた場合、カーソルを額縁に合わせるとそのアイテムについている名前を表示する。

・何かを書き込んだ本
本と羽ペンをクラフトグリッドに置くことで、地図のように複製することができるように。
また、複製した何かを書き込んだ本はスタックすることができる。

・地図
額縁に飾った時の見た目が変わった。

・火打石と打ち金
鉄インゴット/火打石をクラフトガイドのどの場所に置いてもクラフトできるように。
また、クリーパーに使うことで強制的に爆発させることができるようになった。

・防具、弓、釣竿、剣
エンチャントメントテーブルで「Unbreaking(耐久力)」が付与されるようになった。

・サトウキビ
色や影のつき方がバイオーム依存になった。

・枯れ木
堅焼き粘土の上にも設置できるようになった。

・重量感圧板
重量感圧板は上に乗っているアイテム・エンティティの量に応じたRS信号を出力するようにもなった。
金の重量感圧板はエンティティ1つごとに強さが1増加していく信号を、鉄の重量感圧板はエンティティ1つで1の強さを持つ信号を出力しエンティティ10個ごとに強さが1増加していく信号を出力する。

・コマンドブロック
以前入力していたコマンドを表示するようになった。
また、コマンドの字数制限が撤廃された。

Mobに関する変更
・クリーパー
火打石と打ち金で強制的に爆発させることができるようになった。

・ウィッチ
1.6.4までは沼地に生成される魔女の小屋からのみスポーン、1.7からはゾンビやスケルトンと同様、暗い場所ならどこでもスポーンするようになった。
確率はエンダーマンと同じ程度。

・アイアンゴーレム
バラの代わりにポピーをドロップするようになった。

設定の仕様変更
・リソースパック
リソースパックを複数選択できるようになり、テクスチャのみのパックと音声のみのパックなどが一緒に使えるようになった。また50MBまでのパックが使えるようになった。

・光源
光源バグが修正された。

・ビデオ設定
描画距離が2~16チャンクまでの中から選択できるように、空は4チャンクまで描画。
フレームレートも10fps~250fpsまでの中から選択できるようになり、細かく設定できるように。

・音量設定
ジュークボックス、音ブロック、敵対モブ、友好モブ、プレーヤー、天気、ブロック、環境音、およびマスターボリュームなどの音量は、すべて別々に変更することができるように。

・言語設定
「フォースユニコードフォント設定」が追加された。

・オプション
オプションメニューが一新された。
新たにスーパーシークレット設定が追加され、何種類かあるうちの一つのシェーダー効果がゲームに反映される。
キー設定のメニューも新しくなり、ファンクションキーのキー割り当てが可能に。
左Ctrlキーを一度押すことで、プレイヤーが走る。

・クリエイティブインベントリ
装飾タブのアイテムがバラから牡丹に変更された。

・サーバーリスト
F5キーを押すことで再読み込みすることができるようになり、サーバーのアイコンが追加された。

テーマ:ゲームプレイ日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

PCゲーム・スマホアプリ | コメント:0 | トラックバック:0 |

どうぶつの森 Minecraftマイデザイン QRコード配布

結構前(2月くらいから)まで貯めていて、カテゴリ迷子で出せなかったMinecraftのブロックのマイデザインをここで配布します。
ただ砂利ブロックのモデルがPE版(旧デザイン)なので、そのうち最新版を配布します。
また、少しずつ数を増やして行きたいと思いますので今後も記事を更新します。
マイクラのデフォルトテクスチャは16×16、マイデザは32×32のドットなので、1ドットのサイズを4倍にすればマイデザインが完成しますが…色制限に引っかかる…。
特に暖色系が少なく、ネザーラック/レンガの制作が厳しく、通常レンガも少し色が変です。
中間色と寒色系、無彩色が豊富なだけに少し悔やまれます。次回作では改善願いたい。
おまけで追記にMinecraft側のプレイヤースキンもあります。GUMI(デフォとマトリョシカ)/初音ミク(千本桜/コンフリクト/マトリョシカ)、メイドモデル(ミクマトリョとGUMIデフォ)です。ミクのデフォは…有名なところにあるのでそこで。
なお、メイドモデルも配布中です。zip形式で配布しています。
地形ブロック
HNI_0056.jpgHNI_0050.jpg
IMG_2486.jpgIMG_2487.jpg
IMG_1565.jpgHNI_0051.jpg
HNI_0053.jpgHNI_0057_20130907013144576.jpg

鉱石系
HNI_0049.jpgIMG_2484.jpg
IMG_1566.jpgIMG_2485.jpg
HNI_0048.jpgIMG_1567.jpg


装飾系
IMG_2490.jpg
IMG_2489.jpg

HNI_0060.jpgHNI_0059.jpg


クリーパーカー ※マイデザインPro(帽子/服)




エンダーマンの絵(リクエスト品)
HNI_0036.jpg
HNI_0037.jpgHNI_0038.jpg
HNI_0039_20140502030011ba4.jpgHNI_0040.jpg
続きを読む

テーマ:とびだせ どうぶつの森 - ジャンル:ゲーム

どう森 マイデザイン配布 | コメント:21 | トラックバック:0 |

Minecraft 1.6.2購入しました

PC買ったのでMinecraftパソコン版購入しました。
VプリカはPayPalに交換しないと購入できない…と聞きましたが、Vプリカで問題なく購入できました。運が良かったのかな。
テスクチャは初期のままですが、いつか変えるかも。スキンは自作の初音ミク(マトリョシカモデル)です。
ちなみに配布ページにて自作スキンとメイドモデル配布中です。

家はガラス豆腐です。なんか温室みたくなっています。
Modも入れました。1.6.2対応版があるものが意外と少なく、探すのが大変でした。
Modの導入は自己責任です。動作を保証することはできません。
前提ModはForgeです。導入方法はコチラ。入れてしまえば、後は簡単です。
導入しているModはすべて.jarやら.zipやらをmodsフォルダに突っ込むだけの簡単仕様。
一部ID競合のあるModがありますが、configファイルを弄れば問題ないです。リンクはフォーラムや公式ページへ繋がっています。
日本非公式フォーラム様のはそのまま同ページでDL、英語のものは殆どがAby.flyというサイトに繋がっています。
英語フォーラムのページではダウンロードという文字が多く書いてあり、紛らわしいです。大抵、大きく表示されているものは広告ですので注意。
Aby.flyは5秒後に右上に表示される「Please」が表示されたらそこをクリック。アンチウイルスソフトの警告みたいな広告は無視で。詐欺ソフトです。
Minecraft 1.6.2 導入mod
前提Mod:Minecraft forge

工業系mod
・BuildCraft

∟露天掘り機や自動建築機などエンジンの「動力」で動く機械を多く追加する。
・AdvancedFiller
∟BulidCraftのフィラー(採掘機)に追加機能を搭載するMod。
・ExtraTanks
∟大容量のタンク5種を追加する。
・IndastrealCraft2
∟火力発電など多種の発電機を使って得た「電力」で動く機械を多く追加する。
・Advanced Machine
∟IC2追加アドオン。粉砕機などの上位互換機を追加する。
・Advanced Solar Panels

∟IC2追加アドオン。ソーラーパネルの上位種など太陽光発電の強化。
・GregTech-Addons
∟レシピ複雑化など難易度を上げる反面、便利な機械を多く追加する上級者向けmod。
・Forestry for Minecraft
∟上記のModと組み合わせて農業自動化、バイオ燃料や発酵槽、養蜂を追加する。
・Railcraft
∟トロッコ・レールの種類を大幅追加、ボイラーなどの蒸気機関を追加する。
他工業mod連携あり。チャンクローダー機能もあるよ。
・Applied Energistics
∟アイテムをデータ化して管理・保管できる機械を追加する。
・ComputerCraft
∟プログラムを組み立て、コンピュータやロボットを自在に動かせるようになる。
・EnderStrage
∟色別に個別のインベントリを持つ「EnderChest」と「EnderTank」を追加する。
前提modに同サイトでDLできる「CodeChikcenCore」が必要。

ディメンション・ダンジョン追加系mod
・DungeonPack

∟ワールド中に建物・ダンジョンが自然生成されるようになる。
・The Twilight Forest
∟数多くのダンジョンがあり、夕暮れ時のまま時が止まった次元「黄昏の森」を追加する。
・Mystcraft
∟シンボルを集めて時代の書を制作し、自分好みの次元を追加する。詰み要素ありなので注意。
・Glacia
∟氷に覆われた極寒の次元「Glacia」を追加する。

バイオーム追加系Mod
・ExtraBiomeXL

∟バニラにあるバイオームがさらに細かく分別される。かなりリアル。
・EntityModeSugerBiome
∟砂糖ブロック(追加)に覆われた砂糖バイオームを追加する。メイドにも砂糖キビ回収機能を追加する。
前提modに同サイトでDLできる「YMTLib」が必要。

Mob追加系Mod
・littlemaidmob

∟ケーキで契約できるメイドさんを追加する。色々と仕事をこなしてくれる。可愛い。
前提modに同サイトでDLできる「MMMLib」が必要。
・DragonMounts
∟エンダードラゴンを卵から孵し、懐かせることができる。極稀に野生ドラゴンがスポーンする。
・どらごんメイドさん
∟上記の「DoragonMounts」で懐かせたドラゴンに砂糖を与えるとメイドの姿に変身するようになる。
前提Modに同サイトでDLできる「YMTLib」と「DragonMounts」が必要。

アイテム追加系mod
・Pam's Hervest Craft

∟多くの作物・料理を追加する。料理は簡単なものから複雑なものまで様々。
・ApplePlus
∟りんごに関するアイテムやツール、金りんご以外の特殊効果持ちのりんごを追加する。
・竹mod
∟筍・竹・桜などの植物、畳や温泉など、多くの和風要素を追加する。
・MapleTree(モミジMOD)
∟シロップが取れるモミジの木の他、多くのアイテムを追加する。
・豆腐クラフト
∟多くの種類の豆腐が作れるようになる。他にも大豆を使用した料理など多くのアイテムを追加する。
・五つの難題mod+
∟「東方Project」に登場するキャラの持つ武器やスペルカード、敵Mobの妖精を追加する。
・座布団mod
∟メイドさんなどモブを座らせる座布団を追加する。
前提modに同サイトでDLできる「MMMLib」が必要。
・Figure
∟Minecraftに出てくるMobのフィギュアが作れるようになる。mod追加Mobにも対応。
前提modに同サイトでDLできる「MMMLib」が必要。
・bibliocraft
∟アイテムを飾れるチェスト、インベントリに紙を置くと本が置かれるテーブルと本棚などを追加する。
・MrCrayfish's Furniture Mod
∟ソファーやテーブル、冷蔵庫・オーブンなど生活用品を追加する。
・Haribote Air Craft
∟建造物に装着することで自由自在に操作できるようになる「羅針盤」を追加する。
前提modに同サイトでDLできる「YMTLib」が必要。
UgoCraft
∟RS入力により働くブロックを追加する。回転させる、動かす(斜めOK)、吹っ飛ばすの3要素。
・フックショックMod
∟某漫画の立体機動装置を追加する。操作は難しいが、慣れると飛び回れる?

便利系mod
・CutAll
∟木こりmod。葉まで一括伐採してくれるので非常に便利。
・MineAll
∟CutAllの鉱石版。繋がった同じ鉱石を一括で採掘。特に石炭採掘はこれがあると便利。
・CraftGaide
∟レシピが複雑なアイテムやModで追加されるレシピをアイテム毎に確認できる。
・MalutiPageChest
∟非常に大きなインベントリを持つマルチページチェストを追加する。
・Better Furneces
∟バニラのかまどの上位互換を多く追加する。最上位はバニラかまどの50倍の精錬速度。
・Rei’s Mini Map
∟右上に小さなマップを表示させる。場所の登録もできて非常に便利。
・SpawnChecker
∟モンスターが湧くブロックやスライムチャンクを表示する。
・IDchecker
∟ModのIDが競合した時に、どこに空きがあるか確認できる。
Redpower2は1.6.2に対応してないんですね…LED欲しかった…。
魔術系もほぼ全滅です。ミュータントクリーチャーもダメでした
1.6.2対応でForge前提のオススメのmodがあれば、紹介してもらえると嬉しいです。

基本的にニコニコ動画のゆっくり実況で見たものが多いです。工業modいれている人は1.5.2が多いですね。
五つの難題mod+は東方キャラの武器やスペルカードを追加します。結構低コストかつ強力な武器も多いです。
幽々子の扇子は黄昏の森のナーガをはめ殺しするのも可能です。(満腹度も0になります)
PCゲーム・スマホアプリ | コメント:1 | トラックバック:0 |

Minecraft PE ver0.7.0

MinecraftPE、6月中旬~下旬ぐらいに大型アップデート(現最新ver0.7.2)が来ていたみたいですね。

最近、PC版のMinecraftにも大型アップデート(1.6.1)が出たみたいで馬が追加されたみたいです。
PE版はまだAlpha版ですし、まだまだたくさんアプデが来ると信じています。
追加要素は以下の通り。
・トップ画面がPC版に近いものに
・ゲーム中でもオプションがいじれるように
・難易度を調整可能に(Peacefull/Easy/Nomal/Hard?)
・テクスチャの変更(砂利・水・溶岩がPC版と同じものに)
・クリエイティブで友好Mobのスポーンエッグが使用可能に
・バケツの追加(水、溶岩、牛乳を持ち運び可能に)
・鶏が卵を産むようになり、容易に繁殖できるように
・ケーキの追加(レシピ:牛乳/卵/砂糖/小麦粉)
・火打ち石でブロックに火がつけられるように(ネザーラック松明が可能に)

バケツの追加は大きいですね。これで自由にTTや畑を作れるようになりました。
レッドストーン及び赤石回路はまだですか?ブラマイの時に出てきた鉱脈とっているのに…。
回路が追加されるだけでも相当なものだと思うのですが…。隠し階段とか作れるようになるし。
話を戻してバケツの追加でできるようになったこと。
水没式TTや人型Mobエレベータ、畑の整備がどこでも作れるようになりました。
Mobエレベーターと水没式TTの断面図を、記号で載せておきます。
=丸石など個体ブロック =水源 =水流 =看板

人型Mobエレベーター




★★★★…
←←←←←
流流流流流…
★★★★★★…

水没式TT
★★★★★★★…湧き層
★★↓←←←←←…
流流流流流流水…
流流流★★★★…
★★…
★…
流流★…
★★★…
畑の整備は海の上で無くても何処でもできるようになったのが大きいですね。
さとうきびの段々畑を作ってみたり。この中入るとかなり重いんですよね。

作り方は水路を引いてその横のブロックにさとうきびを植えて、さらに水路の一段上にブロックを敷いてその横に水路を引く…この繰り返しです。
装飾用に本棚が欲しい人とか、竹林が欲しい方はどうぞ。竹林にしてはギュウギュウですが。
エレベーターは将来、エンチャント(武器や装備に付与できる特殊効果)がアプデで追加された場合に経験値TTで役に立つかも。今の所はあんまり意味はないかな…。
水没式TTは自動でアイテムをプレイヤーの所に運んでくれるので、回収の自動化が可能に。
TTの種類に溶岩ブレード式というのがあるようですが、溶岩なんか滅多に見かけないしな…。
この他にも卵の追加で自動養鶏場とかも可能に。卵の使い道はあまり無いですが。
また、PC版にはない機能で同種のバケツを64個までストック可能になりました!
ただ気をつけないといけないバグも…
インベントリが一杯の状態で水などをバケツで掬うとバケツが消滅します((((;゚Д゚)))))))
このバグに気づくまでに数十個のバケツを消滅させてしまいました…。
バグへの応急処置なのか、0.7.1時点では鉄5個だったバケツのレシピが、0.7.2では鉄3個に減っていて消滅しても痛くないようになっているみたいです。
まあ0.7.0ではケーキを作った際にミルクごとバケツが消滅していましたし、かまどバグ(かまどから精錬物が取り出せなくなる)もありましたしね…。
割と対応が早かったからいいけど、かまどバグは精錬が多いマイクラにとって死活問題でした。
それでは少し家を増設したので内部紹介。作ったのは書斎です。

これのためにさとうきび畑作ったのは内緒。本棚コスト高いよ…。
今の所、PE版の本棚は装飾にしか使えないので趣味の領域です。
PC版だとエンチャント部屋になりそうだけどなぁ…エンチャントはよ。
床はネザークォーツブロック。これもまた入手に手間がかかるという…。
ネザーリアクター(PE版のネザー)を起動させるには金ブロックが4つ(=インゴット36個)必要で、必死に回収しても1つは犠牲になりますし…。
しかも一回の起動でネザークォーツ自体は64個+ちょっとしか取れないのもかなりキツイ。
グロウストーンパウダーや植物やキノコはまだいいけど、ドアとか弓とか邪魔だよ…。
クォーツ4つでブロック1個なのでコストの高いこと高いこと(金ブロック的な意味で)
更新でコスト下がらないかな…。リアクター起動で金9個がただの黒曜石になるのはちょっと…。
PCゲーム・スマホアプリ | コメント:3 | トラックバック:0 |

DragonVale/MinecraftPE 近況報告

今回はしばらく報告していなかったDoragonValeとMinecraftPEについて近況報告します。
ちょっと逸れますが任天堂が『Wii mini』というWiiの兼価版を販売するらしいです。
GC互換なし・ネット無しなのでVCやWereも無理っぽいですね。WiiかWiiUあるならいらないです。
それよりもWiiU欲しい。二万五千円だと手が出しにくいので、抽選とかで当たったりしないですかね…。
それではまずDragonValeから。ずいぶんと限定ドラゴンが増えました。
ちなみにジェム交換はできませんが、島だけ見たい方は「WhiteMarth」で検索お願いします。

ジェムで生息地を大きくできるようになってからジェムが足りない。まだ交配島もアプデしてないのに。
氷と地面は3匹までしか置けなかったのが、ジェムアプデで5匹まで置けるようになりました。
他は4匹までだったのが5匹になるだけですので氷・地面より恩恵は薄いです。6匹にして下さい。
4月からかなり限定ラッシュが続いています。Spring・Sakura・Bloom・Celtic・Terrendium・Bouquet・LunarEcripse・SolerEcripse・Judeとかなり多いです。
CeliticとTerrendiumとか期間短かったから1匹しかゲットできなかったし…他は2匹ずついます。
新ジェムドラゴンのJudeは何故かなかなか組合せが解析されませんでして、英語Wikiでも試行錯誤が2日ほど続いていましたが、ようやく判明したようです。
Plazma+Salamander=Jadeみたいです。Plazma作るの大変なんだけど。
PlazmaはLightning+水ハイブリッドで低確率でできます。反属性なのでレアドラ並にキツい。
1匹しかPlazmaがいなかったので、島だけで交配してたら7回目でJadeキター!!

30時間26分15秒という何とも微妙な交配時間です。とりあえず31Gemsと表示されたら当たり。
ちなみにJadeはヒスイのことだそうな。だから大人は東洋龍みたいに髭が生えているのか。
でもジェムドラ島一杯ですね。お知らせによれば近日、容量を大きくするらしいです。
でも一応これで限定種は全種確保できました。残りはGoldとSilverOrimpusでフルコンプです。
とりあえずGold挑戦中。24時間のハズレがいるから少し面倒です。まだOrimpusよりマシですが。
次はMinecraftPEについてです。はよバケツと赤石回路きてくれ!!
トラップタワーを改良して水流式にしました。完全自動型の水没式です。
TTの作り方について→Minecraft PE Wiki
バケツが無いので海から水を直接引いてきました。それでも整備に5時間ぐらいかかりました。
元々は落下式だったのですが、アイテムを集めるのがめんどくさいという理由で改装しました。
とりあえずモンスターは上から落ちてきてここまで流されます。サボテンはおまけ。

その先は深いところがあって、そこでモンスターが溺れてダメージを受けて倒れます。
見えにくいですが、スケさんとゾンビが溺れています。匠も勿論溺れます。

そしてプレイヤーは回収地点で立っているだけでOK。アイテムも勝手に流れてきます。

周囲の沸き潰し(松明を立て暗くなる所を無くす事)をすれば、夜も効率を保てて放置もできます。
PE版には空洞がないのでPC版より沸き潰しが簡単です。それでも松明は2チェスト一杯使います。
今の所、海の近くでないと水没式は厳しいです。バケツはよ実装されてくれ。
沸き層増やしたら効率上がるかな?何匹まで同時に出現するんだろ?
PCゲーム・スマホアプリ | コメント:0 | トラックバック:0 |

アプリ紹介 「Minecraft PocketEdition」

Minecraft Pocket Editionを購入しました。
ニコニコの実況に誘発されて衝動買いです。PE版は日本円で600円で購入できます。本当はPC版が欲しかったのですが、2000円弱、さらに高スペックを要するようなので…ww
PE版はネザー/ジエンドないんだよね。エンダーさんに会いたかったです。
メインデータはサバイバルです。モンスターはいると死亡率が高くなるので基本ピースフル。掘るだけでも楽しいですね。でも期待していたよりマグマにぶつかりません。
とりあえず家と畑とTT(トラップタワー)を建設しました。
家は海の中。何せ地形が山岳バイオーム状態なので、地上には作りにくい…。

建設で約10回ぐらい溺れ死んでいます…3本ぐらいダイヤピッケルをロストしましたww
内装は↓アクアリウムっぽく。明かりはグロウストーンでとっています。

とはいえまだ一部屋できたばかりですので、他の部屋は未完成です。この家の周りに水流が発生していて、家の近くの水に飛び込むとよく動けなくなる…。
次は畑の紹介です。栽培しているのはスイカ・小麦・さとうきび・サボテンです。

木の半ブロックの下に水を通してあります。耕した土は水源から4ブロック以内じゃないと乾くと聞いていたので。さとうきびは水源・水流に隣り合っていないとダメらしいですね。
写真では見えにくいですが、サボテン畑の横に木を育てるための5×5個の土ブロックの足場があります。
そして最後にTT。落下式です。(それ以外今の所作れないけど)

TTでアイテムを集める時だけピースフル外しています。高さは25以上じゃないと生き残ってしまうので、かなり高めに作っています。
ちなみにTTの作り方はWikiで確認。沸き層を工夫してクモが出ないように調整しています。
このアプリについて気になったという方は体験版もあるのでぜひ遊んでみてはいかがでしょうか?

テーマ:携帯アプリ(ゲーム) - ジャンル:ゲーム

PCゲーム・スマホアプリ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |

Livly Island

『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、株式会社ゲームポットの商標です。リヴリーアイランドに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社ゲームポットに属します。このサイトは『リヴリーアイランド』および株式会社ゲームポットとは一切関係がありません。

ブログに降る雪