Nintentic Galaxy

ポケモンなどのさまざまなゲームの最新情報や攻略法、日常的な日記を載せています。ポケモン以外にもマリオやスマブラやリヴリーなどの最新情報やプレイ日記も載せたりします。任天堂のゲームが中心です。

スマブラSP キーラとダーズについての考察

本記事では、灯火の星およびキーラとダーズについての考察をまとめています。
発売2ヶ月目を迎えたのでネタバレしても大丈夫だと思い更新しました。
本考察は妄想が多分に含まれているものであり、公式設定とかけ離れている可能性もあります。また、考察は人それぞれ考え方が違うと思いますので押し付けるつもりもございません。
1. 彼ら?のプロフィール
キーラ(Kiila)

光の化身。名前の由来は綺羅星(ファミ通コラムより)。英語名Galeem。
4枚の翼のような構造の部分と丸いコアから構成されている。攻撃も炎や光がメインになっている。
灯火の星における黒幕。「最強、最悪の敵」というキャッチコピーがついていることから、スマブラのボスの中でも最上位に位置する強さ?
ビームでカービィ以外のファイターを消滅させ、他のゲームキャラも肉体を吹っ飛ばして概念体(スピリット)にしてしまうぐらい戦闘力がヤバい奴。ビームも明らかに各ファイターを対策して撃っていることから知能もそれなりにありそうな感じ。
ただしOPのビームは渾身の一撃だったらしく、実際に戦う時には使用してこない。戦闘中に撃ってきていたらoff波動並みに厄介だったかも。
光が敵というのは少し珍しいですが、光=正義ではないし、強すぎる光は生物にとって毒になることもあるし、光の化身が敵になるのもアリだと思います。

ダーズ(Darz)

混沌と闇の化身。灯火の星後半になると突然出てくる。英語名Dharkon。
無数(7本?)の触手と丸い瞳のようなコアから構成されている。攻撃は闇と電撃メイン。
見た目も肩書きもキーラと対になる存在。強さも互角だけど、封印されていたらしく出番は後半から。
最終決戦ではキーラとドンパチする。公式からの情報が少ないので謎が多い。
お目目がキラキラしていて可愛い。SAN値削られそうな見た目をしているため、外国のサイトではクトゥルフ神話に出てくる存在がモデルではないかと言われている…が個人的にカービィのラスボスに出てきそうなデザインだと思います。

お互いの中は良くないらしく、最終決戦ではお互いにドンパチしている中をファイターが両成敗しに奮闘します。
最終決戦で片方をダウンさせるとここぞとばかりに大技を出して攻撃する所や、スピリットになっても闇特攻・光特攻持ちだったりとお互いの存在が許せない感が凄いです。
ちなみに、スピリットの目の色はキーラ陣営だと赤、ダーズ陣営だと紫、スピリットボードだと普通のままです。地味に特徴が出ているポイントでもあります。
余談ですが、キーラの攻撃に目が出てくる攻撃があるのですが、そのデザインがだいぶダーズに似てます。

やっぱり兄弟なのかと、考えたりもします。
2. なんでお互いに攻撃しあっているの?
最終決戦だとファイターよりもお互いをメインに攻撃し合っている感じになっています。その理由についての考察です。

①お互いに相方の存在が許せないから
②ダーズがキーラを止めに来た


正直、①が可能性が高そうです。光と闇は共存できないし、それらの化身なら互いに潰しにかかると思います。
キーラの新世界を作る動機も「闇とかないわー存在すら出来ないようにしちゃる」とかだったりして。
ファイターを配下にしたのも、カービィ対策だけではなくダーズ対策も兼ねたものだったりするのかも。
キーラがマスターハンドを配下にしたのは、自分好みの世界を作らせるため?光の世界を作るのに創造欲の化身である右手の力が必要だったのかも。

②はダーズがダークヒーローだったというパターン。キーラが侵略してファイターにボコられて無かったら出番が無さそうだったし、封印されていたのもキーラを止めようとして封印されたとか…。
闇EDのキーラの殺し方エグいしファイターも機能停止するから結局ヒーローではないだろってそれ
封印する程度に留めるつもりだったけど、思っていたよりもキーラが弱っていて殺っちゃったぜ★みたいな感じだったりして…。
クレイジーハンドを配下にしているのも、ダーズはキーラを止めたい、左手は右手を支配から解放したいという、利害一致から手を組んでいる可能性が…?
3. コイツらどこから来たの?
64~forまでの間にはコイツらの存在の伏線もなくSPで急にでてきた上にフィギュアによる説明もないので謎が多いです。
ここでは、彼らがどこから来たのか考察します。

①概念が意思を持った説
②元々スマブラ世界にいたけど無害だった説
③マスターハンド産説
④外の世界からきた説


①では元々概念でしかなかったものが意思を持ってキャラクター性を構築した、という説です。
マスターハンドが「創造欲の化身」、クレイジーハンドが「破壊欲の化身」らしい(DXおよびXでフィギュアの説明から)ので、スマブラ世界では概念がキャラクター性を得ること自体は有り得るようです。
キーラは光、ダーズは闇という概念がキャラクター性を得た姿なのではないかと。一番有り得そうな仮説だと思います。

②は、ずっと前からいたものの灯火事件が起こるまでは無害だったという説。
少し気になるところが、ダーズが「"混沌"と闇の化身」であるにもかかわらず、キーラは「光の化身」であるという点です。
混沌と対になる物をキーラが持っていないのが気になります。元々、キーラは「秩序と光の化身」だったものが何かがキッカケで秩序がどっか行って、暴走した可能性があるのかも。
秩序があった頃のキーラはダーズよりも強くて完璧に押さえ込んでいられたけど、秩序が飛んでダーズと同じ強さになった上にファイターにボコられたから封印が弱ってダーズが出てきた、とか。

③はマスターハンドが作ったはいいものの、放置していたかポイ捨てしたかで野良になって反逆、という感じです。
元々はボス用キャラクターとして作られたけど、強すぎるし手に負えないのでポイしたとか…どうですかね(謎)
スピリットでの強さでは、キーラ=ダーズ>マスターハンドですし、個人的意見ですが右手のやっている事は「子供のごっこ遊びの拡大バージョン」(64OP参照)というイメージがあるので子供っぽいところもあるしポイ捨てとかもしそうかも…と思いました。

④はスマブラ世界では無いどこか出身というアレ。「亜空の使者」の亜空軍とかも外来種っぽいので、コイツらも外世界から来た可能性がありそう。
「灯火の星のOPの場所は亜空の使者のEDの場所と同じ」という考察が個人的に面白いと思ったのですが、その考察を広げていくと亜空軍の拠点(エインシャント島等)があった方向と同じ方向からキーラが来ている可能性がありそうです。もしそうならキーラと亜空間は関係あるかも?
スピリットにタブーやプリムなど亜空軍が含まれていることから、時系列は亜空の使者⇒灯火の星だと思われます。
4. ファイターたちについて
「なんでキーラビームで消えたファイターがダーズの所にいるの」「カービィは捕まっていないのになんで敵として出てくるの」とか、結構矛盾?している設定が多い(気がする)灯火の星。そこら辺を妄想交えて考察しました。

・なんでキーラビームで消えたファイターがダーズの所にいるの?
これについては、ダーズがキーラの元から奪ったのだと考えています。
闇の世界も元々は光の世界の一部を奪ったもので、その時奪った土地に配置されていたファイターやスピリットもついでに持っていったのかと。
最終決戦で解放できるファイターは彼らのお気に入り?

・カービィは捕まっていないのになんで敵として出てくるの?
これについては正直匙を投げたいです。もうゲームの都合としか…(爆)
無理繰り考えるなら、捕獲したファイターやスピリットから作り出しているのかも?例えば、カービィに関係するファイター(メタナイトとデデデ)から情報を読み取って作っているとか。
互いの配下にないファイターのコピーがスピリットとして存在しているのも、関係が近いファイターから情報を引き出して作っているかもしれません。単にコピーがストックされてただけかもしれませんが。

テーマ:大乱闘スマッシュブラザーズ - ジャンル:ゲーム

スマブラシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

スマブラSP 灯火の星100%クリアしました

ようやく、灯火の星のクリア率を100%にすることができました。

エンディングに辿り着くだけでも20時間程度かかりましたが、なんとか全クリです
思っていたよりもボリュームが多く、難易度も高めでしたが楽しめました。難易度ふつうでもしんどいステージがチラホラ。
スピリットが元ネタを知っているものだと尚更楽しい。ドンキーコングやストリートファイターなど、一部のゲームは専用の小ワールドも用意されています。
逆に言えば、知らないキャラで高難易度だと理不尽に感じるものも多かったですが…
クリア出来ない人は難易度を下げるか、ジャイアント化・巨塔持ち込みスピリットを使うと楽になるかも?
とにかく、アタッカーはおやつを惜しまず育てていくのをオススメします。特に★3で超化できるスピリットは最終的に★4まで育つ(しかも最初から★4の物より強いことが多い)のでオススメ。
どうしても無理そうなら一旦パスした方が精神衛生や時間の使い方的にも良いと思います。対策できるスピリットがあるのと無いのでは難易度が段違いなので、まずは別の道を進んでみるといいかもしれません。
ここから先、ネタバレがあるので注意。

最初は本当にカービィしか使えないのですが、相手も★1しかいないので使い込んでいない人でも余裕だと思います。マリオ⇒マルスorシークorむらびとを助けるところまで難なくクリア。
3人から選ぶところはマルスを選びました。他の2人、性能のクセが強過ぎない?(個人の感想です)
それなりにマルスは使い込んでいるので「後はすんなり行けるでしょ」と思っていたら、★3・★4のスピリットが出てくる度に苦戦するように…。
最初に苦戦したのは、ネットで悪名高きザ・ボスでした。毒床の上でゼロスーツサムスと体力制で戦うというルールなのですが、相手が普通に強くて15分ぐらい戦ってようやく勝ちました…。まだ毒対策もできないしで運良く相手がミスして自滅するまで戦い続けることになってしまいました。
その後も、★3や★4、場合によっては★2にすら悶絶しながら、とりあえずメインで使っているアイクを探して奔走することに。
ちなみにアイクは最初のマップでは出てこないので、この努力は徒労に終わりました

光の世界のボスはギガクッパ、リオレウス、ガレオムの3体。
この中でガレオムはマルスを選んだ場合なら1番早く戦えるボスだと思います。元々はXの亜空の使者に登場するボスキャラでした。
モーションがまんまXのそれで少し感動。殴ってくる前の動きからミサイルを飛ばしてくる動きもそのままで、戦っていて色んな意味で面白かったです。
二番目に戦ったギガクッパは…私がDXを遊んでいないのもあるのか戦っていてイライラしたボスでした。攻撃強いしスタンしないしで個人的に一番ニガテ。カウンターできない攻撃が多すぎるんだよっ
第一マップで最後に戦ったリオレウスは今作で1番好きなボスです。落とし穴のタネを落とし穴代わりに使えたり、デクの実を閃光玉代わりに使えたりと、モンハンネタ多めで楽しかったです。
部位破壊もできますが、さすがに尻尾は切れなかった…(切れる仕様だったらCEROが上がりそう…)。
この3体を倒すことでようやくストーリーの元凶であるキーラに挑むことができるようになります。
キーラの攻撃は全体的にド派手で綺麗で、個人的にリオレウスについで好きなボスです。浮いていることと全体ビームの避けるタイミングが難しい点を除けば…ですが。


キーラ倒してエンディングかと思いきや、裏ボスのダーズが登場し二番目のマップに行けるようになった時は唖然としました…ここまで12時間ほどかかったのにまだあるのか、と。
ここから全体的にレアリティの高いスピリットが増えてきます。倒さないと進めないのに★3とかが普通に立ち塞がってきます…。
とりあえずここでもアイク入手に奔走することに。結局、アイクは上の分岐を進んだ先の「謎の空間」なる場所で救い出せました。
アイク救出後は使用キャラをアイクに変更。FE組はマルス除いて全員が第二マップ以降での救出となりました…

第二マップ改め闇の世界は第一マップと比べると狭めですがギミック多め。
前途の「謎の空間」ではクイズが出題されてその答えとなるスピリットを倒さないと先に進めないという仕様でした。それなりにマニアックなものも多いのですが、ドラキュラ関連の問題以外は一発クリア。
ここのボスはカービィシリーズのマルク。基本的な動きはSDXやUSDXのものに近いですが、一部攻撃は見たことの無い攻撃も混じっていました。ちなみにブラックホールは健在。
入口に戻り、左側の分岐を進むとゼルダの世界を模したマップがあります。謎解き要素もあり、ゼルダファンには嬉しい要素。
ボスは魔獣ガノン。弱点の尻尾以外は攻撃が通らず、中々背後に回り込むのも難しく強い方のボスだと思います。それでもスタンできるのでギガクッパに比べるとまだ楽。
再び入口に戻り、右側の分岐を進むとドラキュラ城?を模したマップに行けます。ここも謎解き要素に近いパズルがあり面白かったです。
ボスはドラキュラ。第一形態と第二形態を持つボスで、第一形態の人間の姿の時は頭にしか判定がない代わりに攻撃は控えめ、第二形態の怪物の姿の時は全体に当たり判定がある代わりに攻撃が苛烈、と前半と後半で全く違う動きをするボスでした。まあアイクなら上弱攻撃で頭に届くんだけど
第二マップでも3体のボスを倒すことでダーズに挑戦できるようになります。個人的にはダーズの方がキーラよりも苦戦しませんでした。
というのも、全体的に攻撃が避けやすいです。唯一、斜め十字爆弾だけは難しいと思いましたが、壊せることがわかってからはさほど驚異にもならなくなりました。
ダーズを倒してエンディングかと思ったら第三マップのご登場。キーラ生きてたもんね知ってた。


第三マップこと最終決戦は闇の世界よりも狭いマップですが、難易度は最高潮に。
このマップでは中央から左寄りのスピリットを倒すと闇が優勢になり、右寄りのスピリットを倒すと光が優勢になっていきます。
優劣が偏ると、マップ上にマスターハンドもしくはクレイジーハンドと共に残りのファイターが出現します。
ここでようやくロイを救出…長い長い戦いだった。
最終だけあって、★3★4のスピリットが当然のごとく道を阻むという鬼畜難易度…こっちもそれなりに戦力が揃っては来ていたものの苦戦。
倒さなくても進めるスピリットにも★4が当然の如く登場。特にギガマックとガイルは灯火内で最も苦戦したスピリットでした。
ギガマックは巨大化+スーパーアーマー持ちのリトルマックと体力制で戦うというものですが、相手の方が体力が多くKO攻撃が痛いし怯まないしでキツかったです。結局、武器攻撃強化つけて天空のスーパーアーマーを利用してゴリ押せましたがもうやりたくない。
ガイルはアシストフィギュアのガイルを召喚してくるCファルコンと体力制で戦う、というもの。ガイルが強いし遠距離技まで持っているという反則級の強さで真面目に戦うのを諦めて巨塔を持ち込んでゴリ推しました…。

スピリットは全部回収しなくても光と闇のバランスが均衡になれば真エンドルートに行けるようです。
ちなみにキーラかダーズだけを倒すルートだとバットエンドになります。100%にするためにはバットエンド回収も必須。
真エンドへの道に進むと、なんとマスターハンドを操作して模造ファイターを蹴散らす(?)バトルが始まります。このマスハ操作がめちゃくちゃ楽しい。一度クリアするともう遊べないのが残念なぐらいに使っていて楽しい。
マスハモード終了後は、最終バトルへ挑めるように。最後だけあってキーラとダーズの両方を相手取り戦うことになります。
最終バトルは、アクションパートの第一段階、ボスラッシュの第二段階、キーラ・ダーズ戦の第三段階に大きく別れています。
この最終バトルのみ、ファイターを3人選ぶことができ先鋒がやられると次のファイターが使えるようになる仕様です。
この盛りだくさんのバトルをノーセーブでクリアしないといけないので、かなり時間がかかります。
マキシムトマトなどの回復アイテムが道中に配置されていますが、ノーミスクリアは難しいです(クリアゲッターに「最終決戦をノーミスでクリアする」というものがありますが…)。オススメスピリットはセレビィエリーゼ等の回復系スピリット。
なんだかんだでキーラとダーズをボコり、真エンドへ。真エンドのみがハッピーエンドとなっており、「はじめから+」が解禁されます。
はじめから+はファイターやスキル、施設の解放状況を引き継いだまま新しく始めることができる機能です。クリア後のデータは残したまま、空きファイルにはじめから+のデータを記録できるのでご安心を。
スキルは1周目だけでは埋まりませんでしたので、クリアゲッターの解放には2周目はほぼ必須です。

結構面白いモードだと思いますが、不満点をあげるとすれば、自分より敵の数が多い状態(特にアシストフィギュアを召喚してくる系のヤツ)で戦わなければいけないスピリットが多いことですね…。
ハメられて為す術なく倒された時は確かにストレスになりました。一部のステージは実力以上に運が必要だと思います。
それでも、対策用スピリットをつけて数回挑戦すればクリア出来る程度の難易度ではあると思います。むずかしいはどのぐらい難しいのか…。
他には、マップの障害物を退けるのに必要なスピリットがわかりにくいのもダメな点だと思います。せめて障害物を調べた時にヒントを出すだけではなく、スピリットを近くに配置してくれた方が良かったです。
後、マップの移動がめんどくさいと感じました。特に光の世界は広いのにマップに置いてある土管など以外でのワープができないのが不便。これだけは発売する前に直してほしかった点ですね…。

ちなみに闇の世界突入後?はファイル選択画面左側にダーズの絵が追加されるようです。

テーマ:大乱闘スマッシュブラザーズ - ジャンル:ゲーム

スマブラシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』 購入しました

『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』を購入しました!!

スイッチ発売時から楽しみにしていたゲームです。やっぱり任天堂の据え置き機と言ったらスマブラのイメージ。
今作では、今までのスマブラシリーズに参戦したキャラクターが全員参戦+新ファイター追加、とかなり豪華です。forでリストラされたスネークやアイスクライマー、Xでリストラされたこどもリンクやピチューも久しぶりに登場します。
新規参戦のファイターは、インクリング(スプラトゥーン)・リドリー(メトロイド)・デイジー(ピーチのダッシュファイター)・クロム(ロイのダッシュファイター)・ダークサムス(サムスのダッシュファイター)・シモン(悪魔城ドラキュラ)・リヒター(シモンのダッシュファイター)・しずえ(どうぶつの森)・キングクルール(ドンキーコング)・ガオガエン(ポケットモンスター)の11人。少なく感じますが、今までのキャラが全員いるので文句はないです。
今後配信される予定のDLCでもキャラクターの追加が予定されており、現時点ではパックンフラワー(マリオシリーズ)・ジョーカー(ペルソナ5)の参戦が決まっているようです。

そんなたくさんいるファイターですが、最初は64で最初からいる8ファイター(マリオ・ドンキーコング・ヨッシー・リンク・サムス・フォックス・ピカチュウ・カービィ)しか使用できず、他のファイターを解禁するにはある程度ゲームを遊ぶ必要があります。
ファイターの解禁方法には、「勝ち上がり乱闘」を特定のキャラクターでクリアする・「スピリッツモード」の「灯火の星」でファイターを仲間にする・ゲームを10分?遊ぶ毎に出現する挑戦者を倒す、の3つの手段があります。
かなりの数のファイターがいるので、全員解禁は中々大変。一応、裏技があるらしいので、特定のキャラクターを早く使いたい方は調べてみることをオススメします。
私はアイクとマルスの解禁を優先したので、その2人の解禁方法を載せておきます。
アイクは「勝ち上がり乱闘」(今までの「シンプル」にあたるモード)による解禁が早いと思います。マリオ⇒ソニック⇒ベヨネッタ⇒リトルマック⇒アイクとクリアしていくことで順次解禁できます。
マルスは「灯火の星」による解禁が早いかと。マリオを助けた後にマルス・シーク・むらびとの内1人だけ解禁できるのですが、そこでマルスを選べば解禁できるようになります。
残りのFE組は未だに解禁できていないので、情報が欲しいですね…早くクロムを使ってみたい…。
今はまだ灯火の星クリアを目指して奮闘中です。

今作では新アイテムや新ステージの追加はもちろん、ステージのギミックをオンオフできる「ギミックスイッチ」が追加されたりと、システム面でも改善された点が多いです。
ただ乱闘するのも楽しいですが、個人的に推したいのは新しく追加された「スピリッツ」モード及び「灯火の星」モード。
今作ではフィギュアの代わりに「スピリット」が存在します。収集要素という点ではフィギュアと同じですが、スピリットは武器にもなる、という点が異なります。
「灯火の星」はスピリッツモード内にあるモードで、Xにあった亜空の使者とイベント戦を足して2で割った感じのモードです。最初はカービィのみ使用可能で、ストーリーを進めることで使えるキャラを解禁できる仕様になっています。
ちなみに、灯火の星モードで解禁したキャラクターは他のモードでも使えるようになりますが、他のモードで解禁したキャラクターを灯火の星で使うことは出来ず灯火の星内で救助する必要があります。
難易度は結構あり、亜空の使者と比べてもかなり難しくなっていると思います。難易度をふつうにしても結構難しい所があるので、初心者の方はかんたんを選ぶことをオススメします。

スピリットについて。スピリットは様々なモードで集めることが出来ますが、主にスピリッツモードで集めることになるかと思います。
スピリットには各自のパラメータがあり、アタッカーとサポーターの二種類が存在します。
アタッカーはメイン装備となるスピリッツで、属性・サポーターのスロット数を変更します。
サポーターはアタッカーの持つスロットの数だけ編成に入れることができ、編成することで特定アイテムの持ち込みやステータスの強化をすることができます。強力なサポーターはスロットを複数個必要とするものもあるので注意。
レアリティも存在し、やはり高レアリティのスピリットの方が強くなります。その代わりに高レアほど入手難易度が高く設定されています。
アタッカースピリットは育成することもでき、レベルを上げることでより付与効果が強力になったり、中にはレベルを最大の99にすることで進化できるものもいます。
少し複雑なシステムになっていますが、Xにおける「シール」やforにおける「装備」に近いです。属性と育成要素はなかったですけどね。

スピリットや灯火についてしか語っていませんが、forからかなりの要素の追加や仕様変更がされており、今までプレイしてきた経験者の方も、初めてスマブラを触る初心者の方も楽しめるようになっていると思います。
まずは色んなファイターを解禁して適宜使ってみるのをオススメします。みんな違ってみんな良いのでランダムで使うのも楽しい。
残念なのが、for3DSであったフィールドスマッシュがなかったこと。装備の代わりにスピリットがあるので、こっちでもやってみたかった。
もう1つ残念な点は、ステージ全部が復刻している訳では無いという点です。贅沢かもしれませんが、ファイター全員参戦ならステージも全部入れてほしかったかも。
話は変わりますが、アイクの服装が蒼炎仕様と暁仕様の両方が選べるようになっているのが嬉しい。

テーマ:Nintendo Switch - ジャンル:ゲーム

スマブラシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |

スマブラfor 最終更新&『カムイ』『ベヨネッタ』配信開始!!

2月4日、遂にスマブラforに最終更新が来ました!!
スマブラforを作っていた開発チームが2月2日に解散したようで、これ以上の更新は無いかと思われます。キャラクターの調整とかももう無いかもしれません。
DLCは新ファイター2体+新ステージ、Miiコスチューム6種類が有料販売開始!!さらにDLC全部入りのパックも販売開始しました!
新ファイターは「ファイアーエムブレムif」から『カムイ』、「BAYONETTA」シリーズから『ベヨネッタ』が参戦!
これで追加ファイターも最後…もう追加が来ないのは少し残念ですが、早速購入。

まずはカムイから。FEで初めて竜に変身できる主人公です。竜というより鹿の方に近い気もします。
スマブラでは剣ほとんど使わないマイユニなので男女両方のモデルがあります。
HNI_0082_2016020416354010d.jpg
B:竜穿射(りゅうせんしゃ)
B→:跳槍突(ちょうそうとつ)
B↑:翔竜翼(しょうりゅうよく)
B↓:反竜穿(はんりゅうせん)
技名が凄く読みにくい。B↓は俗にいうカウンターです。なんか動きがポケモンぽく感じるのは私だけ?
B↑はリザードンB↑に似ていて威力高め。Bは遠距離攻撃可で当たった敵を麻痺させ、至近距離なら近距離攻撃も当てることができます。もっとも特徴的と言えるB→は1段階目で低空ジャンプ、2段階目で伸ばした手を相手にぶっ刺す(地面にも刺さります)というトンデモナイ技。
他スマッシュ技もリーチがかなり長いですが、体重がやや軽め。技を出す前に顔だけ竜になったり、手足が伸びたりで、全体的に人外ぽくて好みです。
完全竜形態の姿はB↓のカウンターが決まるか、最後の切り札で見ることができます。
HNI_0081_20160204163538c57.jpg
次はベヨネッタについて。美しいながらも強いアンブラの魔女の生き残りです。
2と1のモデルがあり、しゃべる言語も2は日本語で1は英語だったりします。細かい。
HNI_0083_20160204163540e26.jpg
B:バレットクライマックス
B→:ヒールスライド
B↑:ウィッチツイスト
B↓:ウィッチタイム
どの技もかなり特殊で、Bは長押しで溜めボタン連打で連射、B↑は1度出した後に↑でジャンプ後もう一度B↑で2度目が出せます。
B→はボタン長押しで銃連射+蹴り上げが追加されます。Aの弱攻撃も5段階あり、最後のAを長押しでさらに銃を乱射します。スマッシュ技は範囲も広く威力も高いですが隙がかなり大きい。
最大の特徴のB↓「ウィッチタイム」はカウンターに近いですが攻撃してきた相手の動きを1~2秒ほど止めるという技で、その間は攻撃し放題です。一応マスターコアにも効く。
HNI_0085_2016020416354215c.jpg
回避で発動する技やコンボ技が結構多いですが、慣れると中々スタイリッシュなバトルができます。復帰が慣れないと難しいですが、足も速く使っていて楽しいです。

また、ベヨネッタの購入でステージ『アンブラの時計塔』も追加されます!!
アンブラの時計塔はベヨネッタとのセット購入でのみ購入できます。朱雀城やミッドガル同様、ステージパックの購入では付いてこないのでご注意を。
WVW69i21HLgw0AZlE2.jpg
足場が不定期にかつ大きさもランダムに現れるので、それをうまく使って復帰したい所。
背景の天使達は攻撃してこないので基本的に無害。なんかピット君がいるとシュールな光景に。
価格はカムイが550円(3DS/Wiiuセット買いで650円)、ベヨネッタ+アンブラの時計塔が650円(3DS/Wiiuセットで750円)です。両方持っているならセットがお得。
今回が最後のDLCということで、第1弾~第6弾全てが入ったパックも配信開始されました。
・【パック】あらゆるものを全部入り!パック:8270円(3DS/Wiiuセットで10930円)
・【パック】ファイター全部入りパック:3850円(3DS/Wiiuセットで4550円)
・【パック】ステージ全5種パック:1300円(3DS/Wiiuセットで1700円)
全部入りパックの値段がおかしい。まあMiiコスチュームも入っているからというのもあるけど、任天堂ゲームのDLCとしては高い方に入るかと。
ちなみに以前にどれかコンテンツを単体で購入していると、そのコンテンツが含まれるパックは購入することができません。そのため、DLC未購入者がセット価格で買うかどうかというところ。
個人的には、ステージはもう少し新作を増やしてほしかったところです。

テーマ:大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U - ジャンル:ゲーム

スマブラシリーズ | コメント:4 | トラックバック:0 |

スマブラfor 『カムイ』『ベヨネッタ』参戦決定!&『クラウド』配信開始!!

16日の「スマブラ最後の特別番組」にて「ファイアーエムブレムif」から『カムイ』、「BAYONETTA」シリーズから『ベヨネッタ』が参戦決定!!
DLCに既に同じFEシリーズからロイが参戦していたので、FE枠はないよな…と最初からカムイは諦めていたのですが、参戦が決まって正直嬉しい

ちゃんと差別化有り&竜化有り&ポーズやモーションが原作通りで、早く使ってみたい。頭だけ竜化する竜穿も再現されていて、既に期待度MAXです。
ですが、やはりというかネット上では「FE枠多すぎ」という意見が多いです。たまに過激にカムイやFEそのものを叩いているような発言もあって、嬉しいような悲しいような微妙な気分。
確かに、ポケモンやゼルダよりも参戦枠が多いので文句は言いたくなるかもしれませんが、遊んでもいないのにFEシリーズをクソゲーというのは止めていただきたいものです。

ベヨネッタは投稿拳で1位を取ったということで参戦決定!!天使をボコるゲームと聞いて以前から気になってはいたのですが、CERO区分がD(17歳以上対象)だったので敬遠していたんですよね…。

なにせベヨネッタさん、原作では必殺技使う時に産まれたままの姿になっちゃうし…家族に見られるのは流石にキツイかな。
ですが、世界観とかデザインとか凄く好きです。ベヨネッタの武器は銃から拷問器具(!?)まで様々な物があるのですが、どこまで使えるか期待
BAYONETTA2の公式ブログで、ディレクターの方が「ベヨネッタがamiiboを化されるのが夢」って書いてあって、まさかの実現で少しビックリ。いつ発売されるかはわからないけどね

ちなみに、私はスプラトゥーンのインクリングに投票していたのですが参戦ならず。
インクリングは残念でしたが、今回参戦が決まった2人は購入予定です。
カムイとベヨネッタの配信は2016年2月に開始予定。値段はカムイが550円(3DS版とWiiu版の同時購入で650円)、ベヨネッタはステージが付いて650円(同時購入で750円)だそうです。
公式発表では、この2人を最後にこれ以上DLCキャラは出さないらしいです。キャラだけ買っても4850円(全て両Ver.同時購入した場合)なので、安くはないですね…。
最後の特別番組終了後に、スマブラforに更新が来ました!!
内容は新ファイター1体+新ステージ、Miiコスチューム2種類が有料販売開始!!
新ファイターは「FAINAL FANTASY Xll」から参戦、『クラウド・ストライフ』!
まさかのスクエニ枠解禁!!FF7ってPSだった気がするのですが、よく任天堂はOK出したな
ファイターは基本全部買う事を決めていたので早速購入。
ファイナルファンタジーをプレイしたことがなくても、聞いた事ある人が多いと思います。
元ソルジャーだったと自負している男で、親友の形見の剣「バスターソード」を担いでいます。
B:破晄撃
B→:凶切り
B↑:クライムハザード
B↓:リミットチャージ/画竜点睛
バスターソードがデカイ分、一撃が大振りです。足が早くてカウンターできないアイク的な感じ。
最大の特徴は「リミットブレイク」。時間経過や攻撃等の他、B↓でチャージすることでリミットゲージが溜まり、完全に溜まることでクラウドが青いオーラを放つ状態になり、強力な一撃を打てるようになるというものです。
復帰技は2段階あり、アイクの天空やカービィのファイナルカッターに近いですが、剣を降り下ろす動作に移行するにはボタンを2回押す必要があり、さらに降り下ろし状態に入ると崖捕まりできないという特徴があります。ジャンプ力もやや低めで、復帰は苦手な感じ。

また、クラウドの購入でステージ『ミッドガル』も追加されます!!
ミッドガルはクラウドとのセット購入でのみ購入できます。

基本的には戦場と同じ構造ですが、しばらくすると召喚マテリア(赤い玉の様なもの)が奥から飛んできます。
それに触れると、「召喚獣」というモンスターが現れて、ステージの構造を変化させたり、攻撃を繰り出してきます。
・イフリート:巨大な赤い獣人の様な見た目。火柱でステージを傾けたり移動させる。
・ラムウ:髭を蓄えた威厳のある老人の様な見た目。すり抜け床の配置を変え、その中の1枚をダメージ床に変える。
・リヴァイアサン:青い海竜のような見た目。洪水を起こし、ステージ下に激流を発生させる。激流に当たると凄い勢いで流される。
・オーディン:馬に乗った騎士の様な見た目。斬撃でステージを真っ二つに切断する。
・バハムート零式:6枚の翼をもつ竜の様な見た目。強大なビームで攻撃してくる。
召喚したプレイヤーにはギミックや攻撃でダメージを食らうことはないのでご安心を。
ただし、リヴァイアサンの攻撃で激流が発生している状態でステージにぶつかったり、オーディンの斬撃で切られたステージが元に戻る時に間に挟まれた場合は、召喚した本人でもバーストしたりダメージを食らいます。
価格は650円(3DS/Wiiuセット買いで750円)です。両方持っているならセットがお得。

テーマ:大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U - ジャンル:ゲーム

スマブラシリーズ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>

Livly Island

『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、株式会社ゲームポットの商標です。リヴリーアイランドに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社ゲームポットに属します。このサイトは『リヴリーアイランド』および株式会社ゲームポットとは一切関係がありません。

ブログに降る雪