Nintentic Galaxy

ポケモンなどのさまざまなゲームの最新情報や攻略法、日常的な日記を載せています。ポケモン以外にもマリオやスマブラやリヴリーなどの最新情報やプレイ日記も載せたりします。任天堂のゲームが中心です。

駅メモ! コラボでんこまとめ その2

今回は駅メモ!のでんこのうち、コラボイベントで入手できた(できる)でんこについてまとめました。
コラボでんこだけでもかなりいるのでページを2つに分けました。2017年8月以前に追加されたでんこについてはその1をご覧ください。

コラボでんこは期間限定のイベントかコラボガチャでしか入手できないので、ここに載っている多くのでんこが入手できません。一応、ハッカドールとミクのコラボは2回開催されたので、他のコラボも復刻に期待。
大体はイベント報酬で1人もらえるのですが、アップグレードするには限定ガチャで引く必要があることが多く、ラッピングもほとんど追加されないという欠点があります。また、属性を持たず、誕生日の設定もありません。
ガチャの仕様もコラボでんこが当たりやすいとは言えない(だいたい10%程度なので十連引いて当たるかどうか)ので、最大までグレードアップするには運とお金が必要になってきます。
期間限定だからといってステータスやスキルが極端に強いということはなく、通常のでんこよりも使いにくいスキルも結構多いです。
スキル効果の詳しい値は【駅メモ!】ステーションメモリーズ!情報wiki様を参考にさせていただいています。
前提としてスキルレベルはLv5=SLv1、Lv15=SLv2、Lv30=SLv3、Lv50=SLv4、Lv60=SLv5、Lv70=SLv6、Lv80=SLv7と上がっていきます。
『鉄道むすめ』コラボ
立石あやめ
・タイプ:トリックスター
・スキル:つなげて!全国鉄道むすめ巡り
一定時間の間レーダーでアクセスできる駅数を増やす(+12駅)。
クールタイムは3時間。スキルレベルが上がると効果時間が延びていく。
(SLv1時…15分、SLv4時…60分、SLv7時…1時間45分)
・オススメ・オススメ度:★★★☆☆
2017年2月10日~2018年5月31日まで開催中の「つなげて!全国"鉄道むすめ"巡り」イベントで入手可能。現在入手可能なコラボでんこ。
なつめのスキルと似たスキルであるが、こちらはなんと+12駅である上に他のでんこにも効果があるためより汎用性が高い。なつめと併用した場合は+14駅となる。
こちらもレベルが上がると効果時間が延びていくスキルなので、SLv1でも十分使える。
ガチャなしでもイベント報酬のみで最大までアップグレード可能だが、指定場所が全国各地にばらけているのですべて集めるのは難しいかもしれない。
『レキシトコネクト』コラボ
織田あずみ
・タイプ:アタッカー
・スキル:我流三段撃ち
スキルアクションボタンを押すと発動、30分間アクセス時に確率で3回攻撃する。
クールタイムは3時間。スキルレベルが上がると発動率が上がり、クールタイムが減っていく。
・オススメ度:★★☆✩☆
2017年10月31日~2017年11月30日に開催された「レキシトコネクト」コラボガチャで入手できた。
似たスキルを持つみろくと比べた時は効果時間が存在する点、スティレットと比べた時は強制リブートがなく発動率が低い点が異なる。
案の定、発動率が低いためスキルには期待できない。アタッカーなのでしぐれのスキルの対象となるのは強い点かも。

蘆名うみ
・タイプ:サポーター
・スキル:完全無欠ソリューション
スキルアクションボタンを押すと発動、一定時間の間編成内にいるでんこのタイプ数に応じてアクセス時のAPを上昇させ、被アクセス時のダメージを軽減する。
クールタイムは3時間。スキルレベルが上がると効果量が増え、継続時間が延びていく。
・オススメ度::★★★★☆
2017年10月31日~2017年11月30日に開催された「レキシトコネクト」コラボガチャで入手できた。
ノアのスキルに似ているが、こちらは編成内のでんこ全員に影響が及ぶ。継続時間・効果共に優秀だが、サポーターを同時に複数入れる編成に向かないのと、もみじのスキルが怖くなるデメリットがある。
ノアやプラズマジカとの相性がとてもいいので、これらのでんこと組み合わせると強いかも。

松前きらり
・タイプ:ディフェンダー
・スキル:雪将倒れず
スキルアクションボタンを押すと発動、一定時間の間自身のHPが50%以下になった時に自動で全回復する。
クールタイムは3時間。スキルレベルが上がると発動率が上がり、継続時間が延びていく。
・オススメ度::★★★☆☆
2017年10月31日~2017年11月30日に開催された「レキシトコネクト」コラボガチャで入手できた。
シアンのスキルと似ているが、こちらはHPが50%以下にならないと発動しない代わりに全快まで回復できるのが強み。その代わり、中途半端に残されるような攻撃を受けた後に一気に0になるようなダメージを受けた場合はスキルが発動しないという弱点がある。
また、シアンのような他のでんこに効果があるスキルではないのでその点も注意。

マーティア・ペルリ
・タイプ:トリックスター
・スキル:恐怖に勝る説得は無し
スキルアクションボタンを押すと発動、30分間アクセス時に相手がトリックスターだった場合、確率で相手が持つスキルを無効化し、ペルリ自身のAPを上げる。
クールタイムは4時間。スキルレベルが上がると発動率とAP上昇量が上がっていく。
・オススメ度::★★★✩☆
2017年10月31日~2017年11月30日に開催された「レキシトコネクト」コラボガチャで入手できた。
マテリア姉妹のトリックスター版ともいえるスキル。ただし、こちらは継続時間が短く確率発動である。とはいえ、SLv7まで上げれば発動率は100%になるため強力。
トリックスターキラーという点ではハッカドール0号とも似ているが、ペルリの場合こちらがアクセスした時のみ発動かつダメージ軽減の効果はない。攻撃用に特化したスキルといえる。
『ぷよぷよ』コラボ
アルル
・タイプ:トリックスター
・スキル:(レベルで変動)
スキルアクションボタンを押すと発動、30分間アルル自身の属性をcoolに変化させ、編成内のcool属性のでんこが与えるダメージを上昇させ受けるダメージを減らす。
効果は自分の編成内にいるcool属性が多いほど上がり、相手の編成内にいるeco属性が多いほど下がる。
また、相手のeco属性の数がこちらのcool属性の数よりも多い場合、与えるダメージは減り受けるダメージは増えてしまうというマイナスの効果も持つ。
クールタイムは2時間。スキルレベルが上がると効果が上がっていく。
・オススメ度:★★★☆☆
2017年12月19日~2018年1月19日に開催された「いずなのえきぷよ大作戦!!」イベント、2017年12月19日~2018年1月19日に開催された「ぷよぷよ」コラボガチャで入手できた。
自身の属性を変化させることができると同時に、cool属性のみが対象ではあるがサポーター的役割も可能なスキル。ただし、相手のeco属性が自分のcool属性よりも多いとデメリット効果が発動する点は注意。
ふぶ、ミオ、しぐれ、カノンといった優秀なサポーターに多くcool属性がいるため、これらのでんことcool属性のアタッカー・ディフェンダー・トリックスターと併用することができる点で優秀である。

アミティ
・タイプ:トリックスター
・スキル:(レベルで変動)
スキルアクションボタンを押すと発動、15分間アミティ自身の属性をheatに変化させ、編成内のheat属性のでんこが与えるダメージを上昇させ受けるダメージを減らす。
効果は自分の編成内にいるheat属性が多いほど上がり、相手の編成内にいるcool属性が多いほど下がる。
また、相手のcool属性の数がこちらのheat属性の数よりも多い場合、与えるダメージは減り受けるダメージは増えてしまうというマイナスの効果も持つ。
クールタイムは1時間30分。スキルレベルが上がると効果が上がっていく。
・オススメ度:★★★☆☆
2017年12月19日~2018年1月19日に開催された「いずなのえきぷよ大作戦!!」イベント、2017年12月19日~2018年1月19日に開催された「ぷよぷよ」コラボガチャで入手できた。
自身の属性を変化させることができると同時に、heat属性のみが対象ではあるがサポーター的役割も可能なスキル。ただし、相手のcool属性が自分のheat属性よりも多いとデメリット効果が発動する点は注意。
サポーターにはカノン、スピカ、ひいる、ヒメギとそれなりにheat属性がいるため、これらのでんことheat属性のアタッカー・ディフェンダー・トリックスターと併用するのが最も使いやすい。効果時間が短いのが若干ネック。

りんご
・タイプ:トリックスター
・スキル:(レベルで変動)
スキルアクションボタンを押すと発動、1時間半の間りんご自身の属性をecoに変化させ、編成内のeco属性のでんこが与えるダメージを上昇させ受けるダメージを減らす。
効果は自分の編成内にいるeco属性が多いほど上がり、相手の編成内にいるheat属性が多いほど下がる。
また、相手のheat属性の数がこちらのeco属性の数よりも多い場合、与えるダメージは減り受けるダメージは増えてしまうというマイナスの効果も持つ。
クールタイムは3時間。スキルレベルが上がると効果が上がっていく。
・オススメ度:★★★☆☆
2017年12月19日~2018年1月19日に開催された「いずなのえきぷよ大作戦!!」イベント、2017年12月19日~2018年1月19日に開催された「ぷよぷよ」コラボガチャで入手できた。
自身の属性を変化させることができると同時に、eco属性のみが対象ではあるがサポーター的役割も可能なスキル。ただし、相手のheat属性が自分のeco属性よりも多いとデメリット効果が発動する点は注意。
サポーターにはセリア、つむぎ、みづほ、みことがおり、これらのでんことeco属性のアタッカー・ディフェンダー・トリックスターを組み合わせるのが最も効率的。継続時間が長めな分、効果は控えめ?

テーマ:スマートフォンゲーム - ジャンル:ゲーム

PCゲーム・スマホアプリ | コメント:0 | トラックバック:0 |

Miitomoが2018年5月9日にサービス終了

2018年5月9日にMiitomo(ミートモ)の全サービスが終了するようです。

サービス終了のお知らせ

平素は『Miitomo』をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

このたび、誠に勝手ながら『Miitomo』のサービスを2018年5月9日(水)をもって終了させていただくこととなりました。
2016年3月17日のサービス開始から多くのお客様にご愛顧を賜り、心よりお礼申し上げます。

『Miitomo』サービス終了日時
2018年5月9日(水) 16:00(日本時間)


ご愛顧いただいておりましたお客様には誠に申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

なお、サービス終了に伴い、Miitomoコインの販売は2018年1月25日をもって終了いたしました。
今後、サービス終了までの期間にショップや、「おとしてMii」などの有償サービスをご利用いただけるよう、ログインボーナスにて毎日Miitomoコインやゲームチケットを配布させていただきます。
詳細はこちらをご確認ください。

■サービス終了後の本アプリについて
・サービス終了後は『Miitomo』を起動しましても、サービスが終了した旨を通知する画面が表示され、アプリの機能をご利用できなくなります。
・アプリ内でご回答いただいたアンサーや伝言などは閲覧できなくなります。
・取得された服などのアイテムや壁紙、ポスターもご利用できなくなります。
・ご自分のMiiは、ニンテンドーアカウントとMiitomoを連携することでMiiの外見を移行できます。(性格などの情報は引き継がれません)
・コレクションMiiは削除されます。コレクションMiiを残されたい場合は、2018/5/9 16:00(日本時間)のサービス終了までにQRコードに書き出し、ニンテンドー3DS / Wii UのMiiスタジオで読み取ることで3DS / Wii UにMiiをコピーすることが可能です。
・Miiフォトもご利用できなくなります。また、『Miitomo』内からFacebookにシェアしたMiiフォトも閲覧できなくなります。作成したMiiフォトを残されたい場合は、2018/5/9 16:00(日本時間)のサービス終了までに端末への保存をお願いいたします。
・ニンテンドーアカウントのアイコンや『Super Mario Run』に『Miitomo』の服を着たMiiが表示されておりましたが、『Miitomo』サービス終了後、『Miitomo』の服は表示されなくなります。

■払い戻しについて
・資金決済法に基づきサービス終了後、日本円で購入いただいた有償の未使用分のMiitomoコインにつきまして、払い戻し対応を行います。
・払い戻しの対象はサービス終了時に所持されているご購入いただいた有償分のみです。
・払い戻しの受付、手順の詳細は、サービス終了後にMiitomo公式ページにてご案内いたしますので、ご了承ください。
・払い戻しについては、ご本人の確認のため、Miitomo内のフォームから申請を行っていただく必要がございます。払い戻しが完了するまでは、アプリの削除はお控えくださいますようお願いいたします。
・未使用の有償入手分のMiitomoコイン残高につきましては、「メニュー」>「その他」>「カスタマーサポート」>「Miitomoコイン未使用残高内訳」よりご確認いただけます。
※有償入手分が無く、無償分のコインしかお持ちで無いお客様には「無償入手分」しか表示されません。
・Miitomoコインは入手順に消費されます。そのため無償入手分のコインがある場合でも、有償消費分が先に消費されることがあります。
任天堂初のスマホアプリとして注目されましたが、2年ちょっとで幕を閉じることに
サービス終了に伴い、1月25日から課金機能停止と払い戻し+ログインボーナスとして1日2000コイン+ゲームチケット5枚が配布されています。
マリオランやFEH、ポケ森といった後続のアプリに埋もれてしまった感はありましたが、私は結構好きでした。
…ほとんどMiiのきせかえツールとして使っていましたがね。メインのソーシャル要素に関してはめんどくさくなって触っていませんでした。
ただ、トモコレやMiitopiaとかやり込んでいてMiiに思い入れがあったので、Miiメインのゲームが減るのは少し寂しいです。代わりにトモコレ新作が欲しいぐらいには悲しい
少しだけMiitomoについて、今さらながらですが語っていきたいと思います。


Miiや部屋のカスタムについて
トモコレには無かったトップス・ボトムス・ソックス・シューズ・アクセサリーを別々に着せ替えられる仕様のおかげで、組み合わせを考えるのが楽しかったです。
トモコレにあった服の他にもオリジナル服も多く、なんだかんだで更新が待ち遠しかったです。
アップデートでいつの間にか髪や目のカラーバリエーションが増えていて、MiitopiaのMiiをほぼそのまま使えるようになったのもGood。
服や壁紙、床の入手手段である「おとしてMii」はガチャに近い感じではありましたが、チケットだけではなくコインでも遊ぶことができ、なおかつ自分で落とすタイミングや位置を調節できて良かったと思います。ただ、全然ゲット出来ないようなアイテムもありましたが…。
要望をあげるとすれば、頭のアクセサリーや帽子はかつらとは別の部位にして欲しかったです。飾りはいいのに髪型を代えたくないので諦めた、というのもよくありました。

ソーシャル要素について
あんまり使っていませんでした。
というのも、見ず知らずの他人に話して面白いことを考えるのが大変だと感じたからです。
コインの為にある程度は答えていましたが、質問もランダムなので周りに言いたくないことを聞かれると無視せざるを得なかったし。
別に面白いと思われるような答えじゃなくてもいいとは思うのですが、やっぱり少し気を使ってしまいます。
自分で質問を設定できたらまた違ったのかも。ただ、それだと今度は特定の人にしかわからない質問ばかりになりそうですが…。
そもそもリア友同士とかある程度面識のある人同士でやっていないと相手の答えに興味を持ちにくいと思いました。有名人ならともかく、知らない一般人の話だと…。
他人の服装を見れる機能だけはバリバリ使っていました。主に服の組み合わせを考えるのに参考にしていたからです


個人的には服の新規追加とかはなくていいので、いつでも着せ替えられる+写真を弄れるアプリとして残って欲しかったです。
終了は残念ですが、配布されるコインとチケットを使ってファッションをできる限り楽しみたいと思います。

テーマ:スマートフォンゲーム - ジャンル:ゲーム

PCゲーム・スマホアプリ | コメント:0 | トラックバック:0 |

DragonValeに復帰+ツムツムランド始めました

年の瀬になりましたが、最近始めたスマホゲームについてでも。
2年ぶりにDragonValeに復帰しました!!いつの間にかiOS⇔Android間でのデータ共有が可能になっていて、Facebookのアカウントさえあれば簡単に引き継げるようになっていたようです。

2年もブランクがあると知らないドラゴンがいっぱい…オーナメント属性とかオーラ属性とか新しい属性も追加されていて、コンプリートが大変そうです。
かつては限定ドラゴン含めた全種をコンプリートしていたのですが、ドラゴニウムで確認してみると2倍近くにまで増えていました…。
現在、年末年始恒例のBring em' backイベント中なのでがんばってブリードしています。ただ、実装が最近?の限定ドラゴンは入手できないのが残念。セラフとかボグベリーとかも欲しかった
コープブリードやリフト空間などブリードできる機会も増えているのはありがたいです。
リフト空間でのブリードの仕様は把握しきれてないのですが、空間自体の属性もブリードに関係するのかどうか。

追加されていたドラゴンの中ではギャラクシー属性全般の見た目が神秘的で好き。しかし、コンプリートするにはコープブリードが必須?のようでフレンドを探さないといけないようです。
特にシングラリティとコメットが欲しいのでFacebookで協力してくれる人を探しているのですが、日本人でやっている人が少ないのか外国のコミュニティばかりで英語力のない私には敷居が高い…ぐぬぬ。
昔のフレンドもやめてしまっていたようなので、新しくジェムフレやコープブリードできる人を募集します。Facebookでも純白のマルスという名前で登録しているのでよろしくお願いします

追加されていたドラゴンの中でもスミドラゴンがかわいくて好きです。子供も大人も丸っこくてかわいいし、時々空中に絵をかくのも面白い。


話は変わりますが、別アプリとしてDragonVale Worldというものも配信されています。
ドラゴンを3Dで見れるのは魅力的ですが、重たくなりそうだし一からやり直さないといけないことを考えると始めにくい
ツムツムランドも始めました。この丸っこいデフォルメはかわいくて好きです。

オリジナルのツムツムはLINEと連携しないとフレンドが集められないし、連携するとリセマラもできないしでめんどくさくてやってないです。
LINEはサブ垢も作りにくくオンとオフの使い分けもできないので、フレンド募集するとリアルの名前がネットフレにばれるか、ネットでの名前がリアルフレにばれるかの二択を迫られるのもマイナス点。今作ではLINE連携なしでフレンドを集められるのが地味に嬉しい。

ツムツムランドとツムツムではシステムが全く異なり、ランドの方は俗にいうバブル系パズルとなっています。
ツムの性能は最高性能のSツムとそれ以外のツムでは大きく差があるので、できることならSツムが出るまでリセットマラソンした方がいいです。
Sツムが出る確率は虹色のカプセルでも渋めな分、ステージクリアでも入手できる可能性があるので完全無課金でも遊びやすいと思います。
私はマジシャンミッキーをマイツムとして使っています。やっぱりディズニーの顔ともいえるミッキーが一番好き


ちなみにプレミアムツムチャンスよりも普通のツムチャンスにダイヤを使った方がSレアを引きやすいらしい?です。プレミアムでも銀カプセルがあるせいであまり期待できないのもあると思いますが、これはちょっと意外。
フレンドも募集中です!ブログと同じく「純白のマルス」という名前でやっているのでよろしくお願いします。

テーマ:携帯アプリ(ゲーム) - ジャンル:ゲーム

PCゲーム・スマホアプリ | コメント:0 | トラックバック:0 |

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」配信開始!!

11月21日より「どうぶつの森 ポケットキャンプ」が配信開始しました!

結構前から告知されていましたが、ようやくの配信です。
amiiboカードのこともあったので住民ガチャはあるだろうなーと思って期待していなかったのですが、課金要素は家具の購入や時間短縮に使えるリーフチケットだけみたいです。
ゲーム内容としては、プレイヤーがキャンプ場のオーナーになり、多くのどうぶつを招待することがメインになっています。
ゲーム性はとび森よりもハッピーホームデザイナーの方に近いかも?交流に関してはどうぶつ達と仲良くなれる要素もあるのでHHD程あっさりしていないと思います。

チュートリアルでどのようなキャンプ場にしたいか聞かれますが、他のジャンルの家具も後ほど入手可能になるので、特に取り戻しのつかない要素というのはないようです。

ジャンルにはナチュラルファンシークールスポーティの4種類があり、どうぶつごとに好きなジャンルが決まっています。
どうぶつのお願いを叶えたり、仲良し度をあげることで素材アイテムが入手できます。それぞれ好きな家具のジャンルが異なり、キャンプ場に呼ぶ時も特定の家具がないと来てくれません

素材には「ふわふわのもと」「キーのもと」「カチカチのもと」「ペラペラのもと」「モグモグのもと」「ナチュラルのもと」「ファンシーのもと」「クールのもと」「スポーティのもと」があり、家具の種類によって必要な素材が違います。
家具はカイゾーに作ってもらいますが、出来上がりまでに若干時間がかかります。待機時間はリーフチケットでの短縮が可能ですが、待てば終わるものに使うのは少しもったいなく感じます
模様替えのメインはキャンプ場になるのですが、自分のキャンピングカーの内部もレイアウト可能です。
キャンピングカーは「OKモータース」で拡張可能で、ローン支払いができるので、車が家の代わり?かも。
そのうちマイデザインとかも作れるようになると嬉しいですが、さすがに高望みですね
ちなみに、どうぶつはキャンパーレベル(プレイヤーのレベルみたいなもの)をあげることで新しく来るようになるみたいです。

もちろん、スローライフならではのフルーツ狩りや魚つりや虫取りといった要素もあります。

虫取りについてはタップすれば勝手に近づいてくれてタイミングよくタップするだけなので、本編よりずっと簡単になっています。
今はまだあまりレアなものは出現しない?ようですが、そのうち釣り大会や虫取り大会も開催されるかも?

個人的にはとび森のようにプレイヤーが一人の住民として暮らすのがよかったのですが、基本無料だし手軽にやれるのはこのタイプの方が向いていますし妥当だとは思います。
ニンテンドーアカウントと連携することで、データのバックアップができるのでしておくと便利です。リーフチケットも貰えるので、時短もできますし。
PCゲーム・スマホアプリ | コメント:0 | トラックバック:0 |

「Papers, Please」購入しました

SteamでPapers, Pleaseというゲームを購入しました。
PapersPlease_1.png
値段は1000円。言語は日本語にも対応されています。
どんなゲームかと言うと、入国審査官になって、入国希望者の書類に不備がないかをチェックするゲームです。
もっと簡単に言うと間違い探しゲーム。作業ゲーではありますが、イベントやエンド分岐も多く内容も考えさせられるようなものになっています。

主人公はアルストツカという共産主義国の人間で、労働抽選で選ばれ1ヶ月の間入国審査官をすることになったという設定です。
アルストツカは戦争が終わったばかりの不安定な状態の国であり、入国希望者の中には密輸目的の人やテロリスト、国家転覆を狙う怪しい団体も紛れこんでいます。
日によって起こるイベントが異なるのですが、緊張感と現実味が強く感じられるイベントが多く、このブログで紹介したゲームの中でもかなり重たい設定となっています。
入国希望者の中には理由があって入国したいものの書類が揃っていない人もおり、良心に任せて通しても良し(ミスの数が少なければ特にペナルティもないですし…)、厳格に判断して拒否するのも良し。
入国を許可することで実績が解除できますし、ペナルティよりもメリットの方が大きいことが多いので、通してしまった方がいいです。
一見、超シリアスなゲームに見えますが実はネタ要素もあります。雰囲気に似合わないほど陽気なおじさん(jorjiという名前です)は複数回検閲所にやってきますが、いちいち会話が面白いです。

次にゲームシステムについて。基本的には書類に載っているスタンプや名前に不自然な点がないか探していき、問題なければ入国ビザにAPPROVED(許可)というスタンプを押して検閲所を通し、間違いがあればビザにDENIED(拒否)というスタンプを押して引き帰させる、という内容になっています。
最初のうちは見る書類の数も少なく割と楽なのですが、日が経つにつれて新しい条件が課されたり見る書類の数も多くなるので大変です。
PapersPlease_2.png
最初はパスポートと入国許可証orIDカード(働く人は+労働許可証)ぐらいです。

日が進むと、上記の書類+身分証明補足書や亡命認可証、ワクチン証明書まで調べないといけなくなるので時間がかかってしまいます。
PapersPlease_3.png
給料はチェックした人数に比例するので、調べるものが多くなる=時間がかかることになり給料も少なくなってしまいがちなので、日が経つことにジリ貧になりやすくなります。
給料は地味に重要な要素でエンディング分岐にも関わってきます。場合によっては給料以外の収入を得ることがありますが、受け取ってしまうとバッドエンド分岐に行くという罠のようなものもあるので注意。
スクショの右下にある赤いビックリマークを押すと自動で検閲してくれるモードにすることができます。特に名前やパスポート番号などは目で見るより検閲モードで調べた方が早いしミスも少ないです。
地味に発行地やスタンプもわかりにくいポイントなので検閲モードを通した方がいいです。特に発行地は目視では合っているように見えても通した後に「不正な発行地」と警告が来たことがあります。実況動画で「ー」(伸ばし棒)が「―」(ただの横棒)になっていてアウトというパターンがあったので、それにひっかかったのかも。

実はこのゲーム、なんと映画化されるようです。日本で公開されるかどうかはわかりませんが、どんな内容か気になります。

テーマ:steam - ジャンル:ゲーム

PCゲーム・スマホアプリ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>

Livly Island

『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、株式会社ゲームポットの商標です。リヴリーアイランドに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社ゲームポットに属します。このサイトは『リヴリーアイランド』および株式会社ゲームポットとは一切関係がありません。

ブログに降る雪