Nintentic Galaxy

ポケモンなどのさまざまなゲームの最新情報や攻略法、日常的な日記を載せています。ポケモン以外にもマリオやスマブラやリヴリーなどの最新情報やプレイ日記も載せたりします。任天堂のゲームが中心です。

Miiverseが11月8日にサービス終了

記事名通りなのですが、11月8日15時にMiiverse(ミーバース)の全サービスが終了しました。
miiverse_sarvisout.png
現在、パソコンやスマホでMiiverseにアクセスすると上の画面が表示されます。3DSやWiiuからのアクセスだとエラーコードが出るようになっています。
マリオデやPapersPleaseにはまっていたり、リアルで忙しかったりでWiiuや3DSを触っておらず、すっかり忘れていました…。
私はあんまりSNSとかしないタイプなのでMiiverseも投稿はほとんどしていませんでしたが、ブログにあげているスクリーンショットはMiiverse内のアルバム機能を使って取り込んでいたので地味に痛手
とはいえ、やっぱりサービス終了というのは寂しいものです。スマブラのMiiverseステージの絵も表示されなくなり、すごく殺風景になってしまいました。
サービス終了により影響が出るゲームについてはこちらにまとめてられています↓結構多いですね…。
https://www.nintendo.co.jp/support/information/2017/0829_miiverse.html

終了の理由には他のSNSに人が流れて利用者が減っただけではなく、ゲームソフトのコミュに関係ない投稿をする人が多くなったこと、いかがわしい目的で利用する人がいたことも背景になっているのかも?
後はフレンドコードを交換していた人が多かったというのもありそう。私もブログに堂々とフレコを載せていますが、本来は「顔を知っている人同士で通信するためのモノ」であるようで、後にMiiverse内でのフレコ交換は規約違反になっていました。
ゲーム機という媒体上、どうしても利用者の年齢層が低くなりがちなので色んな問題もあったようです。他のSNSとかはある程度の年齢制限がかけられていますし、やっぱり子どもも大人も自由に投稿できるSNSは難しかったのかもしれません。
「いつの間にか交換日記」でも利用者にモラルがない人がいたせいでサービスを終了した前例もありますし、規約を守れない人が大勢いたことがMiiverseの終了にも関わっていそうです。
実際、オープンしてから時間が経つにつれて、連投できなくなったり、1日に投稿できる数が30個までになったりと機能制限が厳しくなっていましたし。

真面目に考察してみましたが、スイッチに搭載していない時点でいつか切り捨てるつもりだとは思っていました。でもこんなに早いとは…。
せめてWiiuや3DS単体でもスクショ撮れる機能は今からでも欲しいです。というかゼル伝DLCのスクショ取れないじゃん

テーマ:ゲーム - ジャンル:携帯電話・PHS

任天堂総合 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Splatoon2 サーモンランまとめ

Splatoon2から追加されたモード「サーモンラン」について走り書きしておきます。
サーモンランはクマサン商会という謎の組織が募集をかけるバイトのことです。合法なのか自体が怪しいらしく、一部ではブラックバイトと呼ばれてたりも…。
内容はシャケを倒してイクラを集めるというルールですが、真の目的はオオモノシャケが持つ金イクラ。これを一定数集めることでノルマクリアになります。
一応、研修という名のチュートリアルがあるのでいきなりオンに放り出されるということはありません。
・サーモンランはバイトが募集中(クマサン商会の建物に入れる状態)でないと遊べない。募集している時間帯は日によって変わるが12時間。いつ遊べるかは不定期?(Nintendo Switch Onlineでも確認不可)
・3ウェーブまでありそれぞれ入手しなくてはいけない金イクラのノルマがある。時間切れか全滅で失敗となる。
・ブキは4種類の中からウェーブごとにランダムに選ばれる。選ばれるブキも毎日変わる(場合によっては全部シューターなどもある)。
・倒されたプレイヤーは浮き輪状態になり、仲間にインクをかけてもらわないと復帰できない。そのため、複数人がやられてしまうと立て直すのが難しくなる。
・サーモンランにもランクが存在し、成功すると上がるが、失敗すると下がる。失敗してもたまに「評価キープ!」とでて下がらないことがあるが理由は不明。
・評価が高いほどノルマの金イクラの量が多くなり、シャケの量も増えるため難易度が上がっていく。その分貰えるポイントは多くなる。
一応、オオモノシャケについてまとめておきます。個人的に厄介だと思うのはカタパットです。ボム以外効かない+遠距離持ちは辛い。

・バクダン
処理優先度:★★

頭の上についているボムを撃つことで倒せる。
撃ってくるボムは飛距離は短いものの範囲が広く威力も強いので、できればチャージャーなどのインクの飛距離が長い武器を持っている人が対処したい。

・テッパン
処理優先度:★★

前からの攻撃は効かないが後ろはノーガードなので二人で挟み撃ちすると楽。
攻撃は突進してくるぐらいしかないが、複数体出てこられると意外と厄介。ただ、前から撃っても動きを止められるので逃げ切りやすい。

・モグラ
処理優先度:★★★

普通に撃っても倒せるが、ボムを食べさせることで一撃で倒せる。
イカの真下に移動して食らいつこうとしてくるので、ボムを置いてダッシュで逃げる。ただし、周りが相手のインクばかりで塗られていると筆でも持っていないと逃げられないので注意。

・ヘビ
処理優先度:★★★★

最後尾にいる本体を撃つことで倒せる。でかいので動き回られると面倒。
ロックオンされているときは囲まれて逃げられなくなることがあるので無理に後ろに回ろうとせず他の仲間に任せたほうがいい。
逆に仲間が追いかけられているときは倒してあげること。

・カタパット
処理優先度:★★★★★

本体の左右についているゴミ箱にボムを入れることで倒せる。
使用インク量の多いボムでしか倒せない上に、遠くまで届くマルチミサイル持ちなので非常に厄介。
ほっとくとミサイルが飛んできてやられてしまう確率が上がるため、できれば二人以上で対処してさっさと倒してしまいたい。

・タワー
処理優先度:★★★★★

乗っている鍋をすべてインクで吹っ飛ばすと、本体に攻撃できるようになる。
プレッサー持ちなのでほっとくと死角から飛んでくることもあり厄介。早めに対処すべし。
なお、上の本体を狙っても鍋に乗っているうちは効かないので注意。

・コウモリ
処理優先度:★★★★

傘の部分には攻撃が効かない。飛んでいるときは下から攻撃できる。
広い範囲を塗ってくるアメフラシを撃ってくるので意外と厄介。倒す優先度は高め。
ちなみにアメフラシ弾は弾ける前ならチャージャーなどで撃ち落とすことができる。
イベントについて
時折、周囲が暗くなり何らかのイベントが発生することがあります。
基本的にイベントはかなりクリアが難しくなる要素で、特に霧が出てくるイベントやドスコイの大群などは高ランクだと割と諦めたくなるレベルにはキツイです。

・霧発生
視界が悪くなるうえにシャケの数も尋常じゃないほど出てくる。
カモンやナイスなどの挨拶は見えるものの、結局シャケは見えないままなので対策にはほとんどならない。
特に高難易度で発生した場合、仲間の腕にもよるがクリアが非常に難しい。

・ヒカリバエ
金色の虫の群れが発生するようになり、その虫にまとわりつかれているプレイヤーは大群のシャケに襲われる。このイベント中はオオモノシャケは出現せず、代わりにキンシャケが現れるので、キンシャケから金イクラを奪い取ることになる。
虫にまとわりつかれている場合はむやみに移動せず、自分と仲間と協力して迎え撃ったほうがいい。特にローラーなら轢くだけでも無双できるので、まとわりつかれているプレイヤーの前に立ってシャケがこちらから向かってくるのを構えたまま待っていると楽。

・グリル出現
このイベントが発生するとグリルという大型の敵が出現するようになる。イベント中はグリルとコジャケしか出現しない。
グリルは狙われたプレイヤーがやられるまでロックオンし続けるので、狙われたプレイヤーは逃げつつ仲間が弱点を打ちやすくするように移動し、それ以外のプレイヤーは動きを読みつつ弱点の赤い尾を攻撃するのがベスト。
赤い尾を攻撃し続けると、一定時間スタン状態になり弱点部位も増えるので一気に畳みかけよう。金イクラはグリルから入手可能。

・キンジャケ出現
間欠泉がステージのいたるところに現れる。当たりの間欠泉が一つあり、そこから金イクラを落とすキンジャケが出現する。
一応、間欠泉の光は当たりものが一番強いらしいが、正直見分けがつかないので手分けして打ちまわったほうが楽。キンジャケが出現したらカモンを押してみんなで攻撃しよう。

・ドスコイ大量発生
大型の雑魚(ドスコイ)が大量に発生する。もちろんオオモノシャケも出現するので難易度がかなり高い。
一応、固定砲台(ZLで撃つことができる)が出現するので、誰か一人は砲台役がいると楽になる。ただし一定場所にとどまることになるのでカタパットのマルチミサイルとタワーのプレッサーが厄介。これらの敵は優先的に倒してしまいたいところ。

実はハコビヤイベントというのがあるらしいのですが、今のところ確認が出来ていません。確認次第更新します。

テーマ:スプラトゥーン2 - ジャンル:ゲーム

任天堂総合 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「Splatoon2」 購入しました!!

「Splatoon2」を購入しました!!

前作はあらかじめダウンロードで購入しましたが、今作はパッケージ版を購入しました。
近くのエンターキングで購入したのですが、パッケージ版単体は残っていたのに本体同梱版は既に売り切れていました。本体が購入できない人の方が多いらしいのですが、7~9月の間は出荷数増やすらしいので行き渡るといいのですが。
とりあえず転売屋はさっさと消えて欲しいです。私も前作のスプラamiiboの時に転売屋のせいで買えなかったことがあるので本当にキライ

2で使える武器はシューター・ローラー・チャージャー・ブラシ・スロッシャー・バレル・マニューバー(新ブキ)・パラシェルター(新ブキ)の8種類です。
前作からある武器もスペシャルワザが一新されていたり、ギアパワーにも追加されたものやオミットされたものがあるようです。
オミットされたギアパワーには攻撃アップ・防御アップも含まれているらしく、ナワバリでよく使っていたフル火力カーボン使えなくなっていてショック。
操作も若干変更されていて、Xボタンがジャンプからマップ表示に変更され、代わりにBボタンがジャンプになりました。このせいでジャンプしたい時にマップが誤爆する…。
舞台も変更されていてハイカラシティからハイカラスクエアに移動しており、施設もいくつか追加されています。

遊べるゲームモードはナワバリバトルガチマッチヒーローモードサーモンランの大きく4つ
ナワバリバトルは新マップになった以外にルールに変更はありません。いくつかヒーローモードに出てくるギミックがあるのが違い?
ガチマッチはランク10以上から参加可能かつガチエリア・ガチヤグラ・ガチホコの3つのルールがあるという点では変更がありませんが、ランクについてはそれぞれのルールで個別に集計されるようになったため苦手なルールがバレやすくなったかも…。
ヒーローモードは前作同様、オクタリアンからデンチナマズを取り戻すモードです。ただ、今作ではシューター以外に他の武器種も使えるようになります。
サーモンランは完全新規のルールです。オンラインに繋いでいる人同士でチームを作り、シャケを倒してイクラを集めるというルールです。報酬もあり、月毎に限定ギアも入手できるようです。

今はヒーローモード・サーモンランをメインにやっています。
サーモンランが凄く楽しくてヒーローモードはまだ2ステージ目です。ただ、ある程度進めると難易度が高くなり、クリア率が下がります。特に複数のオオモノシャケが出た時はかなり厳しい。
今作もamiiboが販売されていますが、これも転売屋に買い占めされそうな予感がします…本当に勘弁して…。
個人的にはテンタクルズのamiiboがすごく欲しいのですが、シオカラーズも後から出たので期待しておきます。ちなみに私はイイダ派です。
後、オンライン有料化が今年秋から来年に延期されたようです。財布が寂しい私には朗報。

テーマ:Nintendo Switch - ジャンル:ゲーム

任天堂総合 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ARMS グランプリのエンディングイラストまとめ

グランプリのレベル4をすべてのキャラクターでクリアしたので、エンディングイラストをまとめました。
レベル4以降が極端にキツイのはやっぱり最後のヘッドロックのせい…腕が6本あるせいでスキがないし、マックスブラスの体力を減らした時の常時チャージ状態になる特性がえげつない
おかげで腕はそれなりに上がったと思います。ただ、未だに投げに対して咄嗟にガードしてしまう…。
グランプリはレベル1~7までありますが、レベル4以上でないとエンディングと1枚絵が見れない仕様です。ただレベル5以上をクリアしても追加特典はないらしいです。
一応、キャラの使用感もまとめました。すごく適当なので当てにしないでください。
・スプリングマン:体力が少ない時の常時チャージ状態になる仕様が強かった。
・リボンガール:2段ジャンプからの投げとパンチが強かった。避けやすいので楽な方かも。
・ニンジャラ:瞬間移動+カウンターは強い。ただ、相手のラッシュをガードすると瞬間移動直後のスキを狩られて辛い。
・マスターマミー:怯みにくい上ガードで回復する仕様のおかげでゴリ押しが効く。クリアが楽な方かも。
・ミェンミェン:龍になった状態の火力がスゴイ。回し蹴りで相手の攻撃を防ぐのはコツがいる。
・メカニッカ:アームの出が遅いものが多くカウンターされやすくて苦労。ホバーはほとんど使わず。
・ツインテーラ:ダッシュチャージのオーラが便利すぎて捗る。お尻が素晴らしい
・バイト&バーク:バークが盾になってくれるのでカウンターしやすくて楽だった。
・キッドコブラ:ダッシュが素早く避けやすいので使いやすかった。地味に動きがカッコイイ。
・DNAマン:ジャンプできない、アームが独特で一番キツかった。結局最後は両手レイドラに落ち着く。
それではイラストのまとめです。ネタバレなので自力で見たいという方はブラウザバック。
スプリングマン

優勝ベルトを手にして喜ぶ姿のイラスト。

リボンガール

アイドルらしくライブのイラスト。

ニンジャラ

修行している姿のイラスト?


マスターマミー

彼の家族らしき人たちがインタビューを受けているイラスト。

ミェンミェン

ラーメンを持っているイラスト。

メカニッカ

研究者たちにパワーアーマーの説明をしているイラスト。

ツインテーラ

彼女が出演している映画が上映されているイラスト。

バイト&バーク

ビーチでバカンスを楽しんでいるイラスト。

キッドコブラ

ファンと一緒に写真撮影しているイラスト。

DNAマン

培養室?で嬉しそうにただずんでいるイラスト。

テーマ:Nintendo Switch - ジャンル:ゲーム

任天堂総合 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「ARMS」購入しました!!

「ARMS」を購入しました!!

Switchのゲームで初めて購入したゲームです(VOEZは一応スマホの調整版なので除外)。
購入動機はキャラのデザインが好きだからです。スプラもだけどトゥーンなデザインが好き。
キャラの腕が伸びるという聞くだけだと変な世界観ですが、公式ツイッターで語られる裏設定がなかなか面白いので気になった方はチェック。
各キャラクターにモチーフがあって設定もしっかりしているので、考察するだけでも面白い世界観です。
個人的にリボンガールが好みでよく使っていますが、どのキャラクターも秀逸なデザインだと思います。

格ゲーというと難易度が高いイメージがありますが、ARMSはこの手のゲームとしては操作がシンプルです。
殴ることと投げとジャンプとダッシュとガードしかないので自然とそうなるのですが、殴り・投げ・ガードが三竦みの関係になっているのも特徴的です。
いいね持ちは移動が難しくて慣れなかったため私は早々プロコンに変えましたが、人によってはいいね持ちの方が戦績が安定するらしいです
ただ、任天堂のゲームとしては比較的難易度が高いです。というのも、ランクマッチ(スプラでいうガチマッチ)に参加するために必要な条件であるグランプリレベル4クリアがかな~り難しい
グランプリの難易度はレベル1~7までありますが、正直4で既に相手の動きが洗練されています。
しかも4以上になるとヘッドロック戦も追加されています。一戦ごとにコンティニューできる仕様で助かりました
ただ、エンディングとご褒美の1枚絵は4以上をクリアしないと見られないので、全キャラでレベル4をクリアするつもりです。
スプリングマン、リボンガール、ニンジャラまでクリアし、今はマスターマミーで頑張っています。

オンラインではパーティモードとランクマッチがありますが、ランクマッチはグランプリレベル4クリアが参加するための条件です。
パーティモードは体拳会の様に1対1のタイマンや4人の乱闘、バレーやバスケといった変則的なルールもあり中々飽きないです。
ランクマッチはレベル4クリアがきついせいか強い人しかいない気がします。ランク表記が「プロペラ級」とか少し変わっていて面白いですが全部見れる気がしない…。
パーティモードもランクマッチもある程度戦績が近い人とマッチするようになっているので、パーティモードだからといって自分以外が極端に強い人とか弱い人ばかりにはならないようです。

ゲームバランスもある程度取れているので極端に強いキャラやアームというのはないと思います(強いていえばオンでは両手バーチカルのキッドコブラをよく見るらしいですが)。
ビーム系やファランクスなど少し特殊なアームは使いにくいとともに敵に回ると対処が難しいイメージがありますが、基本的には長所と短所がそれぞれあるイメージです。
個人的に残念と思う点は、世界を冒険できるストーリーモードがなかったことと、ファイトマネーが全体的にしょっぱいので中々アームが集まらないことです。
ファイトマネーについてなんですが、グランプリを一回クリアしてやっと一番短いやつしかできないぐらいです。このアームもキャラごとに入手しないといけないのも厳しい。
キャラクターやアームなどはスプラ形式のアプデで少しずつ増えていくようですが、ファイトマネーはもう少し貰えるようにして欲しいかも。

このゲームもどちらかというとオンラインがメインのゲームですが、スイッチのオンラインは8月中に有料になるので、無料でオンに潜れるのは今のうちだけ。
オンが近いうちに有料になってしまうのが残念なところかも…。値段は年3000円ぐらいなので、できることなら月払いもできるようにして欲しい。

テーマ:Nintendo Switch - ジャンル:ゲーム

任天堂総合 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>

Livly Island

『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、株式会社ゲームポットの商標です。リヴリーアイランドに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社ゲームポットに属します。このサイトは『リヴリーアイランド』および株式会社ゲームポットとは一切関係がありません。

BLUE☆STAR