Nintentic Galaxy

ポケモンなどのさまざまなゲームの最新情報や攻略法、日常的な日記を載せています。ポケモン以外にもマリオやスマブラやリヴリーなどの最新情報やプレイ日記も載せたりします。任天堂のゲームが中心です。

Androidエミュレーター「BlueStacks3」紹介

今回はパソコン上でAndroidアプリを起動できる「BlueStacks3」というソフトの紹介です。
bluestacks3.png
俗にいうエミュレータソフトであり、ゲームも一部を除いて遊ぶことができる優れものです。導入のきっかけはスマホを修理に出した代わりに繋ぎとして入れたというものです。
前バージョンとなる1と2もありますが、そちらは勝手にアプリをDLしたり広告が多かったりで3に比べると使いにくいです。目的のアプリが3では動かないけど1や2でなら動く、といった事情がない限りは3を使うことをオススメします。
ダウンロードはこちら⇒https://www.bluestacks.com/ja/index.html
導入方法
1.まずは上記のサイトからインストーラーをダウンロードする
2.ダウンロードしたら.exeファイルを起動、インストールする
3.インストール後、自動的にBlueStacks3が起動し、初期設定を行う
4.利用するGoogleアカウントの設定を行う
5.Google Playから目的のアプリをDLする
6.アプリを起動し、問題なく動作すればOK

大抵のアプリはうまく起動できますが、エミュレータ対策やルート化対策がされているアプリだと動かせないようです。
(Ex. パズドラ、ポケモンGO、FateGOなど)
ルート化対策だけだったらSuperSUとかを使った回避方法で起動できるようになるかも。エミュ対策は他の対策されていないエミュレータを探して起動させるしかなさそうです。日本産の有名どころのアプリは結構対策されている感あります。
当然ですがGPSを使うゲームも一部の機能が制限されたり、そもそも遊ぶことができないものもあります。
(Ex. モンスト、駅メモ!など)
駅メモは起動時に「擬似ロケーションを無効にしてください」と表示されすぐに落とされてしまいます。設定からでは擬似ロケを無効にできないのですが「Developer Option」というアプリをインストールしてそこから開発者向けオプションをOFFにした直後に駅メモを起動すればログインすることだけはできるので、連続ログイン日数を途切れさせたくない場合には使えると思います(チェックインはできたとしても位置偽装扱いになりそうですが)。

私がやっているアプリの中ではDragonVale、ディスティニーチャイルドは問題なく起動しました。征戦エクスカリバーは起動はしますが環境が合わないのか画面がチラつきまくってまともに遊べず。FEHはインストールすらできませんでした。
動かしているパソコンのスペックによっても起動できるアプリが変わってくるようです。それなりにスペックがないと処理が重たいアプリはフリーズしますし、複数の個所を同時にタップさせるようなゲームだとタッチパネル付きのPCでない限り操作が制限されるという短所もあります。
ちなみにアプリ内課金も可能です(DragonValeで確認)。Google Playカードによる入金もできます。
今回紹介したBlueStacks3以外にも「Nox App Player」など多くのAndroidエミュレータがあるので、目的のアプリがBS3で起動しなかった場合はそちらを試してみるといいかも。一方、iOSのエミュレータにはゲームを起動できるようなソフトはなさそうな感じでした。
関連記事

テーマ:フリーソフト - ジャンル:コンピュータ

PCゲーム・スマホアプリ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Minecraft MOD紹介「Applied Energistics2」「Extra Cells2」「Thaumic Energistics」 | ホーム | FE無双 有料DLC第二弾まとめ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |

Livly Island

『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、株式会社ゲームポットの商標です。リヴリーアイランドに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社ゲームポットに属します。このサイトは『リヴリーアイランド』および株式会社ゲームポットとは一切関係がありません。

ブログに降る雪