Nintentic Galaxy

ポケモンなどのさまざまなゲームの最新情報や攻略法、日常的な日記を載せています。ポケモン以外にもマリオやスマブラやリヴリーなどの最新情報やプレイ日記も載せたりします。任天堂のゲームが中心です。

レキシトコネクトが2018年9月19日にサービス終了

2018年9月19日にレキシトコネクトのサービスが終了しました。
サービス提供終了のお知らせ

平素よりレキシトコネクトをご利用頂き、誠にありがとうございます。

この度検討を重ねました結果、「レキシトコネクト」は2018年9月19日(水)12:00をもちまして、サービスの提供を終了させていただくこととなりました。
今まで⻑らくサービスをご愛顧いただきましたお客様には深く御礼申し上げます。
「有料コバン」未使用残高の払い戻しに関しましては、【払戻しについて確認する】よりご確認ください。
払い戻しについて

資金決済法に基づき、サービス終了時点の「有料コバン」の未使用残高を払戻しいたします。
払戻しのお申し込みは、以下「払戻し受付フォーム」より受け付けております。

※お申し込みは、2018年11月28日(水)12:00にて締め切りとなります。
申請した内容に不備がある場合、個別にご連絡をさせて頂く場合がございますので、ご登録メールアドレスの誤りがございませんよう、ご注意ください。 
なお、「有料コバン」の未使用残高の有無、残高のお振込み結果に関しては、個別のご案内は行っておりませんので、何卒ご了承ください。 
該当の方には、お申し込み締め切り後、2018年12月28日(金)までのお振込みをもってかえさせて頂きます。
駅メモとコラボしたのをキッカケに、ほぼ無課金ながらちょくちょく裏で遊んでいたゲームでした。なんだかんだサービス終了は寂しいです。
サービス終了に先駆けて、姉妹アプリの駅メモではレキコネのキャラクターが出るガチャの復刻・駅メモとレキコネのアカウントを同じTwitterアカウントに紐付けることで「イジンスカウトチケット」と「ひょうたん」が貰えるキャンペーンもやっていました。

駅メモに移植されたイジンはあずみ、きらり、うみ、ペルリ、かほ、みなゆき、みやの7人。初ガチャで入手して思い入れがあったゆきながいないのが残念。
スカウトチケットはガチャで来てくれなかったうみにしました。第1弾は全員揃えられたけど第2弾の子が誰一人入手できなかったのが悔しい。
一応、ブロックチェーン上でイジンやコスチュームを資産として残せる?サービスが始まるらしいですが、よくわからなかったので申請せず終わりました。
ここから先は、レキコネがサービス終了してしまった原因を考察したいと思います。
とは言っても既に結論は出ていて、一番の原因はやはりプレイヤーの数が少なかったことだと思います。
そのため、ここではレキコネが充分数のプレイヤーを獲得できなかった理由を勝手に考え勝手に綴っています。

第一の問題点が「チェックインできる場所があまりにも多すぎた」という点。
駅メモではチェックインできる箇所が駅のみ(正確には9100+α箇所)と限られているのに対し、レキコネでは地図が1辺500mの正六角形のマスに隔てられており各々がチェックインできるポイントになっている、という仕様でした。
他の位置ゲーで例えると、IngressのポータルやポケモンGOのジムが一定間隔毎にびっしり置いてある感じです。
レキコネのゲームシステムはいわゆる「陣取りゲーム」なので、チェックインできる場所の数が多ければ多いほどキャラが育っていない初心者でもリンクしやすい反面、他のプレイヤーとぶつかることが少なくなるのでPvPゲームとしての魅力には欠けてしまいます。
一応、ワームというAIの敵がマップにいて戦うことは可能でしたが、その数も少し物足りないという感じでした。
駅メモはチェックインできるポイントが少ない分相手とぶつかりやすく、PvP要素が強めになっています。その分荒れやすい環境ではありますが、相手のパーティを対策する楽しみもあります。
また、コレクト要素として歴史遺産(城とか神社とか)のあるマスにアクセスすることで記録できる機能がありましたが、駅に比べると日常生活で立ち寄ることが少なく訪れるにも交通の便が悪い場所が多かったのも難点でした。

第二に「無料で快適に遊ぶのが難しかった」という点。これは駅メモにも当てはまる問題点だと思います。
チェックインできるポイントが多いにも関わらず、無課金では1日15回しかアクセス出来ない仕様で、この制限を外すには日200円か月500円の「ライセンス」を買う必要がありました。駅メモもライセンス無しだと1日12回しかアクセス出来ない制限があります。
駅メモもレキコネも本腰を入れてプレイしようとすると、安くても月500円はかかるアプリです。もしこの2つを並行してプレイしたい場合、1000円という決して安いとは言えない金額を毎月払う必要がありました。
ライセンス以外にも、キャラクターを手に入れるためにガチャを回す必要があり、無料では回す機会が非常に少ないためそちらにも課金しないといけない、さらに実際に移動するための交通費も必要、となると非常にお金がかかるアプリになってしまいます。
その結果、試しに遊んでみようと思った駅メモユーザーは金銭面での負担からそのまま駅メモのみに残り、レキコネには課金しなくなる人が多かったのだと思います。
せめて、駅メモ・レキコネ・駅奪取のどれか1つでライセンスを買っていた場合に、他の2つにもボーナスとして適用される仕様だったら良かったのかもしれません。

最後に「駅メモに比べると明らかに広告数が少なかった」という点を挙げておきます。
少なくとも、私はレキコネの広告を駅メモ関連のサイト以外で見たことがありません。他のアプリや地元の企業とのコラボレーションも駅メモコラボ以外にはなく、ゲーム外の人がアプリを知るきっかけが少なかったと思います。
レキコネ側で殴ったプレイヤーが駅メモで殴ったプレイヤーと同じ名前だった、という事がかなりの頻度であったので、城主を兼任している駅メモマスターが多かったのだと思います。

もちろん、良かった点も結構あります。特に「初心者でもリンクしやすい」「地域格差が少ない」という点は駅メモが見習ってほしい点だと思います。
昔に比べると属性の追加、プラットフォームの数の増加、対策できるキャラクターの追加などでリンクを取りやすくはなったのですが、カンストディフェンダーandサポーター増し増しの地主がいる+単線の駅では初心者が全くリンクできないのが現状です。
一応、フットバースという救済処置がありますが、文句を言う輩が多すぎて「使うのは悪」という暗黙の了解が蔓延しているのも残念な点。
地域格差については、駅メモが鉄道を主題にしているゲームである以上田舎と都会の環境の差が激しいのは仕方ないし改善が難しい点ですが、レキコネは田舎でもチェックイン箇所の数が都会と変わらないという点で平等であったと思います。
歴史遺産の数は地域によって差はあったかもしれませんが、必ずしも歴史遺産のあるエリアにチェックインする必要はありませんでしたし。

個人的には、でんこになっていない他のイジンも駅メモに移植して欲しいです。いっそ移植するついでにレキコネガチャを恒常スペガチャとして置けばいいのに。
もっとわがままをいえば、男性のイジンも特例として出して欲しいです…。
関連記事

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

PCゲーム・スマホアプリ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<DragonVale ハロウィンイベント「WHITBEE'S CANDY BUSH V」開催中 | ホーム | 長野県へ旅行に行ってきました>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |

Livly Island

『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、株式会社ゲームポットの商標です。リヴリーアイランドに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社ゲームポットに属します。このサイトは『リヴリーアイランド』および株式会社ゲームポットとは一切関係がありません。

ブログに降る雪