Nintentic Galaxy

ポケモンなどのさまざまなゲームの最新情報や攻略法、日常的な日記を載せています。ポケモン以外にもマリオやスマブラやリヴリーなどの最新情報やプレイ日記も載せたりします。任天堂のゲームが中心です。

スマブラ城のファイター達 第十話「スマブランドの雪遊び!! 前編」

いやまた前週は更新できずにすみませんでした・・・。更新する週としない週があるもんですからややこしいですよね・・・。
今回は冬ということで行きをテーマにしたお話です。
別に2月当たりでも更新できる話ですが、2月はバレンタインの話とか載せたいので1月にしました。


スマブラ城の中の剣士ルーム(仮)でアイク・マルス・ピット・リンクが雑談中。

マルス「うわ~外は雪が降っているよ」

アイク「今日は寒いな・・・。部屋の中でマリオスポーツミックスでもするか」

ピット「え~マリオカートWiiをしようヨ~」

リンク「ここはスマブラXだろ。普通に」

するとロイが体中に雪をつけながら部屋の中に入ってきた。

ロイ「外は雪が積もっているよ!!皆で遊びに行こうよ!!」

マルス「でも寒いよ・・・。今日だけは勘弁して欲しいな」

アイク「マルスの言うとおりだ。寒くて風邪を引いてしまうぞ・・・」

ロイ「でも雪が積もっているのは今日だけしかないかもしれないよ!!どうしても行かないっていうんだったら夕食でアイクのだけ肉なしにしてもらうよ!!」

アイク「いや、それだけは・・・仕方がない、行ってやるか・・・」

ピット(お肉のことだけでつられるなんて・・・)

しぶしぶ雪の降り積もる外へ出たアイク・マルス・リンク・ピット。

リンク「寒い!!ロイ、こんなに寒い中でよくテンション高いよな・・・」

ピット「雪なんて始めてみたヨ。エンジェランドは雲の上にあるから雪は降らないんだよね」

寒そうなアイク・マルス・リンクをそっちのけにして、ピット・ロイは仲良く遊んでいましたww

マリオ「えいっ!!」

いきなりマリオはマルスの顔面に向かって雪玉を投げ付けた。もちろんマルスの顔にクリティカルヒットww

マルス「イタッ!!マリオ、僕は君の事を許さないよ・・・。お前はこれでも食らってろォォォォ!!!!!!」

マリオ「ひえぇぇぇぇ!!!ごめ・・・じゃなくてすみませんでしt・・・」

ドガッ!!ヒューン・・・ベキッ!!

マルスがものすごいパワーで投げた雪玉が当たったマリオは向こうの木にまで飛ばされていた・・・。

マルス「さあ、僕たちだけで遊ぼうか♪」

アイク(腹黒マルス怖えええええぇぇぇぇ!!!)

一方コチラは変わってちびっ子グループ。

トゥーンリンク「もうすぐかまくらの完成だよ!!」

ピカチュウ「やっとできたね。苦労したかいがあったよ」

カービィ「かまくらの中でかき氷を食べるのが夢だったんだ♪」

ピカチュウ「それはやめといたほうがいいと思うよ・・・」

仲良くちびっ子グループが話しているとなんとピットがスキージャンプをしていた。

トゥーンリンク「すごい!!ピット君がスキージャンプをしているよ!!」

しかしピットはちびっ子たちが作ったかまくらの真上に着地してしまい、かまくらをコワシチャッタww

ピカチュウ「ああっ!せっかく僕たちが作ったかまくらが・・・」

カービィ「まだかき氷食べてないのに~!!!」

ピット「ごめんね・・・僕が無茶なジャンプをしたせいで壊しちゃって・・・。一緒に作り直そう」

トゥーンリンク「また作ればいいじゃないか!!ピット君だって手伝ってくれるみたいだし!!」

こうして1時間後、またまたかまくらが完成。

カービィ「できた~!!じゃあカキ氷の準備しなきゃ!!」

ピカチュウ「だからお腹壊すからやめときなって・・・」

マリオ「みんな~!!雪合戦をしようよ!!!」

マリオの呼び声に気づいたファイターたちがマリオの周りに集まってきた。

アイク「雪合戦って何だよ」

マリオ「雪を相手にぶつけて当たった人はアウトなんだ♪簡単に言うと外野なしの雪のドッジボールかな?」

ロイ「これってチーム戦?」

マリオ「まあ人数が多いからチーム戦かな。それではチームを決めるための会議をするね」

作者「今回はここまでで終わりです。雪合戦編はまた来週・・・」

ピット「中途半端なところで終わらせないでヨ・・・」

   第十話 END

マリオやられキャラすみません・・・。最近マリオ=トラブルメーカーになってきていますね・・・。
腹黒マルスも最近多くて・・・。これも公式の設定ではないのでなるべく載せないようにはしたいのですが・・・。
カービィはいつも食べることしか考えていません。それでよくピカチュウにツッコまれます。
ちなみにピット君の「~だヨ」みたいに最後によが付くとカタカナになる仕様はディスクシステムのパルテナの鏡の説明書に載ってあったはずなので一応公式設定です。
関連記事

スマブラ小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<クロマ落書き&クロマ妄想設定【妄想注意!!】 | ホーム | 明日から学校だorz>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |

Livly Island

『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、株式会社ゲームポットの商標です。リヴリーアイランドに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社ゲームポットに属します。このサイトは『リヴリーアイランド』および株式会社ゲームポットとは一切関係がありません。

BLUE☆STAR