Nintentic Galaxy

ポケモンなどのさまざまなゲームの最新情報や攻略法、日常的な日記を載せています。ポケモン以外にもマリオやスマブラやリヴリーなどの最新情報やプレイ日記も載せたりします。任天堂のゲームが中心です。

劇場版ポケットモンスター『神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』感想

ポケモン映画『神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』見てきました!
もちろん劇場配布の赤いゲノセクトも受け取ってきましたよ。

非常にレアな色違いのゲノセクトです♪XYの互換情報まだですか?連れて行きたいです。
実は…まだ前売り券のミュウツーを受け取っていないので、いい加減受け取りに行きたいです。
詳しい情報も載せます。交換時の改造判定などにどうぞ。
・レベル:100Lv.
・図鑑No.649(全国図鑑版。イッシュ図鑑(BW)ではNo.155)
・名前:ゲノセクト
・性別:性別不明
・親:えいがかん(色ランダム)
・IDNo.:07133
・ボール:プレシャスボール
・もちもの:こだわりスカーフ
・性格・個性:ランダム
・出会った場所:○年○月○日ポケモン映画13でLv.100のときに運命的な出会いをしたようだ。
・覚えている技:しんそく・テクノバスター・ブレイズキック・ギアチェンジ
・持っているリボン:ウィッシュリボン(プレゼントリボン01)。
ゲーム内のイベント(BW・B2W2)でゲノセクトに関係するアイテムを貰えます。
ゲノセクトを連れてP2ラボに行き、研究員に勝つと貰えます。話も聞けるので行ってみてください。
色違いはどの種類も非常に出現しにくく、見つけたら必ずゲットしたい貴重な個体です。
出てくる確率は約8000/1だとか。タマゴで片方の親が外国ポケだと約2000/1まで上がります。
幻の色違いは非常に貴重。今年を逃したらもう色違いゲノセクトはないと思ってください。
幻自体、配布のみですからね。シェイミとダークライはゲーム内イベントでゲットできたから色違いもいるっぽいですが。
まあゲーム内で自主入手できる幻でも色違いビクティニはいないんですけどね。
BWにはポケセンで配布された以外に通常色のゲノセクト配布されてないですよね?Wi-Fi配布はよ。
追記より映画感想です。結末なども書いているためネタバレ注意!!
ネタバレがOKな方のみ「続きを見る」で閲覧お願いします。

では感想にまいりたいと思います。今年も短編→長編の順でしたね。
XYが発売されることもあるからか、どちらも遺伝子に関係するポケモンが主役ですね。
「イーブイのわくわくフレンズ」は割とハプニングもなく、ほのぼのとした日常ものでした。
ブイズ好きにはたまらないですね。個人的に一番可愛かったのは恥ずかしがり屋のブースター
甘えん坊サンダースも可愛かった脳内ではツンツンしているイメージだったので意外でした。
ニンフィアのリボンは延びるのか…。手代わりにできて便利そう。動きは新体操のリボンみたいな感じで可愛かったです。
一応、ブイズはイーブイ含めて全種100Lvにしているので、ニンフィアもXYで育てたいです。
しかしやはりミジュマルが女たらしにしか見えない…そしてピカチュウが呆れるパターン。
そしてブイズに迷惑をかけるミジュマル…グレイシアとリーフィアに迷惑かけすぎ。
ブラッキーは最初悪役?かと思ってしまうような行動をしていましたが、まさかサプライズだとは…。
ゴチルゼルによる天体ショー、とても綺麗でした。ゴチルゼルが天体ポケモンだと覚えている人は何人ぐらいいたのでしょうか?
ブイズの可愛らしさを再確認できる短編でした。イーブイ自体のシーンは少なかったけど…。
あと、出番が少なかったエーフィとシャワーズェ…もう少し活躍してもいいのよ。
次は「神速のゲノセクト ミュウツー覚醒」の感想。
ミュウのコピーであるミュウツー、古生代から復活させられ遺伝子改造をされたゲノセクト、どちらも人によって作られました。
ミュウツーは一作目のミュウツーとは別固体と聞いたのですが、これはロケット団(とは限らないですが)が別固体を作り出していたということでしょうか?
一作目のがMark.1なら今作のはMark.2?Mark.1には無かったフォルムチェンジを追加して強化したMark.2を作り出していた可能性も。
今作のミュウツーは厳しいながらも優しい女性に感じました。ゲノとのバトルもカコイイ!
フォルムチェンジ後もなかなか可愛いですね。XとYの違いが分からなかったけど。
ロリセクト(小さいゲノセクト)が可愛かった。首を傾ける所とか。家に帰りたいの、分かるよ(爆)
赤いゲノセクトは司令官みたいな感じ。「排除セヨ」のセリフはどう考えても悪役だろ…。
ただ、少しポケモンや人間に迷惑かけすぎ。巣のせいで街のエネルギーが暴走しそうになったり、無理矢理公園のポケモンを追い出したり…。ビル壊したしな。
確かに住処は欲しいけど、ポケモン達と共存することは考えられなかったのだろうか…。まあ「指図をするな」だし、無理か…。
しかも赤いゲノセクトの命令に逆らえないロリセクトがサトシ達やポケモンを攻撃するシーンが悲しかったです。最終的には命令を無視できるようになってたけど。
ロリセクト、死んじゃうんじゃないかと正直ヒヤヒヤしていました。もう死ぬ展開は勘弁。
他のポケモンや人間の活躍にも注目。ゲノセクトに立ち向かうオーダイルマジ勇者。
サトシのピカチュウ強いなぁ…ゲノセクトの攻撃を打ち消せるとか100Lv超えてるだろww
人間達も命がけでゲノセクトを説得するサトシ、電力暴走を防ごうとするエリックがカッコいい。
感動のシーンはミュウツーが赤いゲノセクトを宇宙まで連れて行き、地球を見せて「ここが貴方達の住処です」というシーン。
そして力尽き落ちるミュウツーを助けるゲノセクト…ああ、ここで和解したのだと思いました。
今作は完全なハッピーエンドで終わっていました。ゲノセクト達も故郷に帰れたし。
ちなみにロリセクトが好きといっていた蓮の仲間は、実際に種の化石が見つかるほど古代から存在していたみたいです。しかもその種の化石から芽が出たという…。
ちなみにゲノセクトのモデルってゲンゴロウかタガメ?畳んだ姿+EDで水の中に家作ってたし。
来年はもうXYですか。ゼルネアスとイベルタルが出てきそうな予感。
関連記事

テーマ:ポケットモンスター - ジャンル:アニメ・コミック

ポケットモンスター | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<改造ポケモン製作アプリ「PokeCreator」について | ホーム | 『グルーヴコースター ゼロ』遊んでみた>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |

Livly Island

『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、株式会社ゲームポットの商標です。リヴリーアイランドに関わる著作権その他一切の知的財産権は、株式会社ゲームポットに属します。このサイトは『リヴリーアイランド』および株式会社ゲームポットとは一切関係がありません。

BLUE☆STAR